eラーニング研究所はマルチ商品を扱っているのか

eラーニング研究所は、インターネット上で学習する教材を配布しているところになります。eラーニング研究所で役割は、単に学校のように勉強を教えるのではなく空き時間などを利用して本格的な教材を用い勉強してもらいより高い能力を身につける人間を育てようとしていることです。例えば、eラーニング研究所には資格試験などのコースがありますが、予備校に通ったりする暇がない人にとってはなかなか資格を取得するのは難しいところです。そこで、eラーニング研究所は資格を取得するべく本格的な内容の教材をそろえました。

 
このように、非常に魅力のある社会的活動している会社がeラーニング研究所になりますがインターネットなどでみるとマルチ商品なども販売しているのではないかといわれています。これに関しては、真実ではありませんのでその点をよく見極めるようにしましょう。そもそもマルチ商品とは何かといえばマルチ商法などで扱っている商品のことをいいます。マルチ商法では、マルチ商品を購入することでビジネス会員や愛用者になることができます。そして儲かりたい人は、自分の下に愛用者やビジネス会員をたくさんつけなければいけません。人数が多ければ多いほど、つまり自分の下の人達のマルチ商品の流通が多ければたくさんの収入を得ることができるようになります。マルチ商品自体は、消費できるものが増えている傾向にあります。例えば、化粧品やサプリメントなどはこれにあたるでしょう。
このようなマルチ商品は、少し割高に販売されていることが多くなぜわざわざマルチ商品をマルチ商法で販売するのか疑問に思っている人も少なくないでしょう。マルチ商品は、普通に販売するとなかなか売ることができないため、マルチ商法といった形式を採用することで多くの人に商品を使ってもらい売り上げを伸ばそうとしているわけです。

 
では、ひるがえって考えてみるとeラーニング研究所自体はマルチ商品を扱っているかといえばそのようなことはありません。eラーニング研究所はあくまで学習教材を扱っているところになります。しかも、eラーニング研究所には組織などが存在していません。会社としての組織はあるかもしれませんが、ネットワークビジネスのような組織があるわけではありませんのでそのように考えれば一切マルチとは関係ないことが理解できるでしょう。

 
実際にその商品を誰かに紹介することがあっても、報酬をもらえるわけではありません。それをビジネスにする人などはまずいないです。このような実態にもかかわらず、マルチ商品を扱っているといったようなうわさが飛び交うのはしっかりと認識していない人が憶測で話しをしているからです。よく根拠が分からないような話しのもとになっていることが多く、なぜか間違えた事実が拡散されてしまい結果的によくわからないまま事実無根の口コミなどが広がるわけです。つまり、通信教育の教材を利用したからといっても強制的に購入しなければならないようなノルマは一切ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です