イーラーニング研究所はねずみ講ではありません

【ねずみ講とマルチビジネスの違いについて】

ねずみ講とマルチビジネスは他の会員を勧誘することでバックマージンを得られるという点では共通しています。しかしねずみ講とマルチビジネスには大きな違いがあります。まずねずみ講は商品などのやり取りをすることがありません。たんに会員になる権利とバックマージンだけが目的となります。一方マルチビジネスは商品を効率的に販売するための方法の1つです。会員が他の会員を勧誘することで、効果的な販売網の構築を目指します。バックマージンは主な目的ではありません。優れた商品を効率的に販売することを目的としてマルチビジネスの手法が生まれました。ねずみ講は一部の人たちだけが得をして残りの大多数が損をする仕組みです。そのため日本国内では法律で禁止されています。マルチビジネスは商品を販売する方法の1つに過ぎないため違法ではありません。両者は他の会員を勧誘することでバックマージンをもらえるという点で共通しているので、混同されやすい傾向があります。実際のねずみ講とマルチビジネスは全く異なるものです。商品を販売するためにマルチビジネスの手法を取り入れたとしてもねずみ講のように違法とされることはありません。合法の範囲内で活動が認められています。

 

 

【イーラーニング研究所はねずみ講ではありません】

イーラーニング研究所は会員を勧誘する方法としてマルチビジネスの手法を取り入れていますが、ねずみ講とは異なります。インターネットを通して優れた情報コンテンツを提供することがイーラーニング研究所の活動目的です。商品であるコンテンツを効率的に販売するためにマルチビジネスの手法を採用しています。イーラーニング研究所の活動はねずみ講と異なり確かな商品が存在します。あくまで合法と認められるマルチビジネスの手法を利用しているに過ぎません。会員も情報コンテンツを利用して様々な分野の学習を行うことを主な目的としています。他の会員を勧誘してバックマージンを得ることは主な目的ではありません。マルチビジネスの手法はねずみ講と似ている部分があるため勘違いされやすい傾向があります。しかしイーラーニング研究所は合法の範囲内で活動する優れた組織です。

 

 

【新たな情報技術を活用した教育】

インターネットなどの情報技術は教育のあり方を大きく変えようとしています。イーラーニング研究所は最新の情報技術を駆使して様々な教育コンテンツを提供する組織です。インターネットを活用するため時間や場所に拘束されることがありません。日本中のどの地域に居住していても、高度な教育を受けることができる点にイーラーニング研究所の魅力があります。

 

 

【社会に貢献するイーラーニング研究所】

東京や大阪、名古屋のような大都市には恵まれた教育環境が整っています。国内では一流とされる大学も東京などの大都市にあります。イーラーニング研究所のサービスを利用すれば、地方都市に住んでいる人も高度な教育を受けることができます。会員はインターネットを通して時間や場所を問わず様々な教育コンテンツを利用可能です。イーラーニング研究所は教育の地域間格差を解消して社会に貢献しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です