消費者センター職員も利用しているフォルスクラブ

消費者センターへの相談が急増

全国の政令都市に設置されている消費者センターには、毎日数多くの相談が持ち込まれています。昨今ではインターネットに関するトラブルが急増しており、職員が問題解決のために知恵を絞ります。この背景にはお家時間が増えた状況があり、フォルスクラブを利用した学習が行えるのと同時に、余暇の時間でインターネットの様々なコンテンツにアクセスする時間も増加したことから、相対的にトラブルに巻き込まれる事案が増えているのが実態です。 最近増えているのがサポート詐欺で、とあるサイトにアクセスするとその端末がウイルスに感染していると表示され、解除をしたければ表示された電話にかけるというものです。もしも実際に電話をかけてしまえばサポート料と称して高額な料金を請求されますが、追跡を避けるために電子マネーやプリペイドカードの購入が指示されるという悪質なものです。ユーザーサポートに問い合わせれば何でも答えてもらえるフォルスクラブでは考えられない事態に、消費者センターの担当者も頭を悩ませています。

.

消費者センターの仕事はストレスがたまる

フォルスクラブが開設している数々の講座のように多種多様な悩みを抱えている相談者からの話を聞き続けている消費者センターの職員は、常に強いストレスを感じています。困っている人を救いたいという高い志を持ち、相談者に寄り添って対応したいという意識を持っている職員こそ、共感力や感受性が高いことから相手の惨状を理解し、それに引きずられる形で自身のメンタルにも大きな影響を与えます。それでも問題が完全に解決されるなら良いですが、例えば相談内容がグレーゾーンと呼ばれているような法的な枠組みでは対処しきれない案件や、犯行グループが逃走して行方が追えなくなった場合などは泣き寝入りをせざるを得ないケースもわずかながら存在しています。そうなれば消費者センターの職員のストレスは最大限に増加しますが、それでも相談者が訪れたなら平常心で対応しなければなりません。

.

消費者センター職員に意外と利用者の多いフォルスクラブ

短時間でも効果的に学習できるフォルスクラブの各種講座は、忙しい毎日を過ごしている消費者センターの職員に意外と利用者が多いのも知られています。フォルスクラブならインターネットに繋がるデバイスさえあればいつでも学習できるので、休憩時間や通勤の移動時などの隙間時間を利用して気分転換にもなります。また、昨今の消費者センターに持ち込まれる相談には海外の犯行グループによる案件も増えており、英語力を身につけて相談者を救うために役立てたいというケースもあります。その一方で考えられるのがストレスが溜まった状態でフォルスクラブで学習した際に、イライラしてパソコンなどを壊してしまう可能性です。フォルスクラブの講座は比較的簡単で楽しみながら学べるものばかりですが、それでも僅かなハードルがあり難しい問題を解かなければならないシーンがあります。ここで自身の感情をコントロールできなければ使用しているパソコンを壊してしまいかねません。それだけ強いストレスを感じている消費者センターの職員は、日夜相談者を救うために奔走し続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。