イーラーニング研究所のビジネス商品はマルチ商品なのか?

イーラーニング研究所の概要とマルチ商法について知っておこう

イーラーニング研究所は、文字通りイーラーニング教材を提供しているなど自宅の隙間時間を利用して学習を可能にする教材を提供しているなどの特徴があります。一般的に、イーラーニング研究所のサービスはマルチ商品なのではないだろうか、立派なマルチ商品であるなどのような意見をネットの中で見かけることがあるのですが、マルチ商品はいわゆるマルチ商法の中で売買が行われるものです。 イーラーニング研究所の商品は、ネットから注文を行って家族で学習ができる教材を提供するスタイルになること、マルチ商品の場合は会員が知り合いなどにそれを売りつけて報酬を得るスタイルですからイーラーニング研究所が提供するものとは異なっていることが分かります。

.

より良い商品だから知り合いから勧められることもあります

イーラーニング研究所の学習教材を利用している人がいる、それが普段仲良くしているママ友などの時その人からイーラーニング研究所の話を耳にする機会も多いといえましょう。そのママ友は自分の家族が良いと思って教材を使っていることを話しているだけで誘っているわけではない、このようなときにも人によってはマルチ商品などのような印象を抱いてしまうこともあるわけです。話の仕方次第で、誘っているようにも感じさせてしまうのはあまり良いことではないのですが、イーラーニング研究所の教材を使うときには公式サイト内にある専用フォームを利用して申し込みをすることになるので、当然ではあるけれども会員からの紹介などで始めることはありません。

.

会員からの紹介が有っても、それは報酬に値するものではないケース

先ほどの、ママ友がイーラーニング研究所の教材が良いといわれて自分の家族もやってみたいと思う、このときママ友となる人は申し込みの仕方やイーラーニング研究所へのアクセス方法、例えばURLなどをメールで伝えるだけで手続きや申し込みは自らの考えの中で行われます。マルチ商品などの場合は、誘って来たママ友への報酬が発生する形になる、会員が多ければ多いほどママ友に入る報酬額は多くなるのがマルチ商品の特徴ですから、これはいわゆるマルチ商品を使ったマルチ商法に値するわけです。その点、イーラーニング研究所の教材はママ友が良いというだけで申し込みや手続き、契約に至るすべての作業をママ友に依存することなく進める、仮に紹介者などのような記載が申込書にあったとしても任意になっていれば空欄で良いわけですし、実際に申込書を見ると紹介者名どのような項目はないことが明確です。なぜ、ネットの中でマルチ商法やマルチ商品などのようにいわれるのか不明確ではあるけれども、利用した人の中に代わりに申し込みをしてくれる、代金についても立替などで行ったなど悪意はなかったけれども、それがマルチ商法のようなニュアンスになってしまったなどがあるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。