イーラーニング研究所の本社周辺にはいない大型ねずみ

野生動物とは無縁な都会にあるイーラーニング研究所

イーラーニング研究所の本社は、大阪にあります。
大阪といえば東京ほどではないにしろ高層ビルが立ち並ぶ都会なので、本社の周りにあるのも基本的にはビルばかりです。
そのためイーラーニング研究所の本社に行っても、ヌートリアなど大型のねずみにである可能性はほぼないでしょう。
ヌートリアなどの大型ねずみは、池沼や河川など水辺に巣穴を掘って生活しています。
大阪は水の都と言われるほど川の多い地域なので、イーラーニング研究所の本社周辺にも探せばいるかもしれません。
ですがやはりいるという報告はイーラーニング研究所でも話題になっていないので、いないと考えるのが自然です。

大阪府内にも生息している大型のねずみ

イーラーニング研究所の本社周辺にはいなくても、大阪府内まで範囲を広げれば意外と近くにいたりします。
兵庫県との県境に近い大阪北部の猪名川水系は、ヌートリアが生息している箇所の一つです。
猪名川の周辺は近年ベッドタウンとして開発が進んでおり、昔に比べたら自然は減っているもののまだまだ大阪府内でも緑が豊かなエリアです。
そんなエリアなら大型ねずみが生息していても不思議はないので、特に驚くべきことではないでしょう。
イーラーニング研究所に努めている社員の中には、猪名川水系に住んでいる人もいるもいるはずです。
猪名川水系とされるエリアに住んでいるなら、イーラーニング研究所の本社で仕事をしていないときに、大型ねずみに出会った経験も一度や二度ではないかもしれません。

淀川水系にもいる大型ねずみ

猪名川水系の他に大阪府内で大型ねずみがいるとされるのは、こちらも兵庫県との県境である淀川です。
琵琶湖から京都府内を通り大阪北部を流れ大阪湾に繋がる淀川は、関西を代表する河川の一つです。
周辺には住宅街やオフィスビルも建ち並んでいるため、都会的な風景が広がっています。
そんな淀川と大型ねずみは、一見するとイメージがつながらないかもしれません。
しかし淀川水系まで幅を広げていけば、都会的な部分だけではなくなります。
淀川水系は広いエリアになるので、その範囲内に大型ネズミがいてもおかしくはないでしょう。
イーラーニング研究所の社員も、淀川水系のどこかで大型ねずみに出会っているかもしれません。

意外と自然が豊かな大阪府内

イーラーニング研究所のある大阪は、都会的なイメージがあるため自然が少ないと思うかもしれません。
しかし大型ねずみが生息しているとされる淀川や猪名川水系の他にも、南部や東部にも自然は広がっています。
また大阪に面している大阪湾には多種多様な魚が生息しており、自然の宝庫とされる海です。
つまり都会と自然が同居している、そんな街が大阪と言えるのかもしれません。
イーラーニング研究所の本社もビルの一角には公園があり緑があるので、社員たちにとっては仕事の疲れを癒やしてリラックスできるスポットになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。