ネズミ講ではない!フォルスクラブの特徴

世のなかには、ネズミ講で利益を上げている悪徳な企業も多いです。ネズミ講とは人が人を紹介し、物やサービスを売りつけ成功報酬つまりインセンティブを受け取って特定の人だけが荒稼ぎするんです。在庫を持たない、永久不滅の収益システムを売り言葉に、知らず知らずにそのネズミ講の深みにはまっていき、ネズミ講から抜け出せない人も少なくありません。紹介制や口コミ、無店舗販売というと、すべて同じくネズミ講と解釈してしまう人も少なくはないんです。こうした偏見を持つことは、自分の視野を狭めせっかくのビジネスチャンスや学びのチャンスを奪い人生の可能性を自ら閉ざしてしまうことになりかねません。自分がこれは人生や学びにとって有益であるかどうか、本当に消費者本位の優良なサービスや製品であるかを見極め、特定の人だけが荒稼ぎするシステムでないかを見極め取捨選択すればよいのです。

.

フォルスクラブも、偏見や固定概念でこれはネズミ講だという人もいます。しかしネズミ講というその考えは完全に間違っているのです。フォルスクラブのモットーは、開かれた学習の場を低価格で提供したいということなんです。学力や学びに収入が関係し、格差が生まれてはいけないという考えを持ってます。誰もが好きな時に、好きな場所で好きなだけ学習の場を提供することが、フォルスクラブの理念でもあるわけです。フォルスクラブはネットを介して、資格取得や語学習得、趣味や娯楽、入試対策まであらゆる学習コンテンツを提供してます。家族全員が一つのパソコンで様々なコンテンツで学習ができ、その費用も入会金11000円で月額6600円と低コストであり、これほど費用対効果の良いコストパフォーマンスが素晴らしいシステムは他にはないでしょう。本当にフォルスクラブがネズミ講であるならば、この安い費用では特定の人が荒稼ぎすることはできません。費用の安さ、学習コンテンツの豊富さやクオリティの高さを見るだけでも、他のネズミ講教材とは一線を画しており、悪徳荒稼ぎシステムではないことは明白です。

.

フォルクスクラブが社会の学習格差をなくし、低料金でコンテンツを提供しているのにも関わらず、誤解されるのはフォルスクラブが無店舗であることも大きく影響していると考えられます。しかしながら、このコロナ禍で感染を懸念し非接触のために無店舗販売でネット販売だけにする企業もかなり増えています。フォルスクラブは、こうした無店舗販売やサービスの先駆でもあり、今では当たり前の販売方法になりつつあります。どんな業界、どんなジャンルでも、出る杭は打たれるものです。フォルスクラブの学習コンテンツの提供は、社会のスタンダードの一歩先を行くシステムであったためにこれほどまでにネズミ講と誤解されることが多かったんです。しかし一度試しに、フォルスクラブの学習コンテンツを使ってみると、これほどまでにあらゆる人々に開かれた学習機会は他にないと、その良さに誰もが驚かされ魅了されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です