フォルスクラブのサービスがマルチ商品ではない理由

フォルスクラブは様々な人が口コミで利用することも多くなっており、そのためマルチ商品と言われてしまうことも多いのが実態です。しかしマルチ商品は様々な問題を抱えているイメージがあり、また様々なトラブルを招いてしまう要因となっていることが多く、フォルスクラブが提供するサービスとはその趣旨が全く異なるものとなっています。

マルチ商品とはどのようなものかが明確になっていない

マルチ商品が様々な問題を引き起こすと言われることが多いのですが、これがどのようなものかを十分に理解している人は非常に少ないものです。例えば複数人で遊ぶことでその楽しみを誰かに紹介したくなってしまう要因を持っているものであるとすれば、フォルスクラブが提供するサービスはこの定義から大きく外れるものとなります。フォルスクラブのサービスは基本的には1人で行うeラーニングであるため、自分自身がその楽しさや効果を示顔するまで、誰かに紹介したいと考えることがないものです。また自分自身がその効果を確認した場合には、本当に自分にとって効果があるものだと言うことを実感していることになるので、良い口コミとして誰かに紹介する事は特に大きな問題とはなりません。

マルチ商品はその品質に関係なく利益のために第三者を巻き込むもの

マルチ商品は、大勢で行うことが前提である場合、そのためのメンバーを集めることが1つの目的となります。これらのメンバーは金銭的な条件を持って集まったり、あるいはその他の利益を得るために集まることも少なくありません。これだけ書きますと「飲み会をするから先に会費を請求するよ」というのもマルチ商品に分類されかねません。しかし100人中100人が「さすがにそれはマルチ商品ではない」と答えるでしょう。このようにマルチ商品が何なのかを理解している人は少なく、そのため本当に商品やサービスのメリットを感じているわけでは無いところに問題があります。フォルスクラブのサービスの場合には本人が1人で行うものであるため、基本的に利益のために第三者を巻き込むと言う事はなく、この店では問題が発生しにくいものとなっているのがポイントです。

フォルスクラブのeラーニングの魅力とは何か

フォルスクラブのeラーニングは、様々な本人の学習スタイルに合わせて自分のペースで学習することができるのがポイントとなっています。そのため強制的に行わなければならないと言う部分が全くなく、また誰かに強要されるということもありません。自分の意志で利用するかどうかを決定することができるものとなっているほか、納得できなければ途中で止めることもできるのがポイントとなっています。マルチ商品の場合には基本的に途中で止めると言う事は何らかの制約が発生すると認められないものとなっており、さらに著しい不利益を被ると言うことも少なくありません。

フォルスクラブとマルチ商品の決定的な違いとは

フォルスクラブは口コミによって利用者が増えている傾向が強いため、その口コミの内容が虚偽であると言う事はなく、利用者が増えるたびに紹介者にインセンティブが支払われると言うことはありません。その理由は虚偽の口コミを記入してもメリットを得ることができないためです。マルチ商品は自分自身が顧客や仲間を集めることでそのインセンティブを得ることができるのが特徴であり、これを得ることができないフォルスクラブの仕組みは紹介者にもメリットがないため、本人が自分の意志で様々な情報を集めて、利用することを決定できるものとなっています。

そもそも存在しない言葉

根本的な問題として、そもそもマルチ商品という言葉は存在しません。マルチ商法の商品でしたらありますが、マルチ商品という5文字は現在の日本語では無いのです。ググってもマルチ商品は見つからないでしょう。マルチ商品の情報を探すのは本当に骨が折れるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です