イーラーニング研究所の仮想通貨に関する教育システム

私たちが色々な物を買う際に必要なもので、まず初めに出てくるのがお金です。お金は私たちの価値の中心といっても過言ではありませんが、お金にも様々な種類のものがあります。太平洋に浮かぶヤップ島では、大きな石がお金の価値を持っていたという事が言われています。 大きな石はそれ自体で壮大なものがありますので、それが価値をもっていたという風に思われます。日本の昔話を見ていきますと、縄文時代あたりには貝殻や綺麗な石を通貨扱いしていたと考えられています。時代が進んでくると、様々な農産物などがお金としての価値を持つようになってきます。それは食べ物というものが人の命をつなぐという大切なものだからです。食べ物を物々交換するシステムは貨幣が登場するようになるまで続いていたと思われます。そしてイーラーニング研究所では、このようなお金の最も現代的なものである仮想通貨に関する教育を行うことを目指しています。

.

色々な産業や科学技術が進んでくると、お金には普遍性というものが必要であるということが分かってきます。通常お金は一つの経済圏の中で使うというのが行われるわけですが、その経済圏が広がっていく中でお金の普遍性というものが要求されるようになってくるわけです。イーラーニング研究所では、このようなことに注目しています。このような意味合いを持つというような教育というのが、特に日本ではきちんと行われていません。当然のことですが、最近出てきた仮想通貨に関してもしかりです。西洋なのでは、昔からお金に関する教育というものを多く行ってきています。子供達は、小さい頃からお金に関することに対する知識を持っています。そのようなことが西洋諸国における経済力という風になっているわけです。

.

一昔前までは、金が価値の中心であり基準でした。全てのものが、金を通じて価値を共有するというのが普通のことでした。しかし経済発展に伴い、希少な金でその価値を裏打ちするというのは難しくなってきていました。そのような事から、金の裏打ちのない貨幣というものが作り出され経済が爆発的に発展することになります。このような流れは、現代の仮想通貨でも見られることです。イーラーニング研究所ではここに注目したわけです。このようなことに対する教育が非常に重要だからです。イーラーニング研究所では、このような背景から仮想通貨に関する教育を行うということ積極的に行って来ています。現在はまだそこまでは進んでいませんが、そのうちに仮想通貨が色々な物の価値が中心になっていくというのがイーラーニング研究所の予想です。

.

仮想通貨の価値の基準というものは、その使用の独特の様子によるものです。すべての仮想通貨というものは、どのくらいの量を誰が持っているとかいうことがきちんと刻み込まれるようなシステムになってます。またそのシステムは複雑な暗号化技術を利用するということで、セキュリティが保たれるようになっています。そのために仮想通貨についての勉強を行うのであれば、暗号化技術などきちんと勉強する必要があります。これは数学的にも大変複雑なもので簡単に学ぶことができません。イーラーニング研究所では、それが事情生活の中で自然に勉強ができるようなシステムの構築を行ってきています。このようなイーラーニング研究所の教育システムを利用することによって、仮想通貨に関する知識が自然と身につくようになるわけです。もう数年もすれば、イーラーニング研究所が想定するような仮想通貨中心の社会に変わっていると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です