詐欺の心配がないFAXもあるeラーニング研究所

時代遅れと思われているFAX

FAXは、フォルスクラブなどのインターネットの登場前からある通信手段です。
電話とは違い文字を送れますし、相手がいつでも対応できる自由度があります。
そのため昔から連絡手段の一つとして重宝されてきましたが、同じような仕組みの通信手段として現在ではインターネットのメールがあります。
メールなら同じことができて、紙やインクを大量に消費する必要がありません。
メールに置き換えればオフィスのペーパーレス化を進められるので、行政改革大臣は省庁のFAXを全廃する方針を打ち出しました。
しかし結局は全廃することができず、これまで通りFAXが使われることになります。

省庁がFAXを全廃できない理由

FAXを省庁が全廃できない理由は、メールに比べてセキュリティレベルが高いからです。
たとえばメールでは詐欺を騙るメールがよく届きますが、FAXはインターネットに接続されていないのでこの心配がありません。
他にもメールを受信するためにはインターネットにパソコンを接続させておく必要がありますが、そうするとウイルスなどのリスクが高まります。クラッキングなどもあります。
しかしFAXはインターネットに接続する必要がないため、詐欺のリスクもなければウイルスの心配もありません。不正アクセスもないのです。
重要な機密情報を詐欺の不安なく安全にやり取りができる通信手段なので、FAXはこれからも使われるでしょう。

FAXも使っているeラーニング研究所

eラーニング研究所は、インターネットを使い学習システムを提供しています。
eラーニング研究所は先進的な企業ですから、時代遅れと思われがちなFAXは使っていないと思われるでしょう。
しかしeラーニング研究所でも、電話番号とともにFAX番号も持っています。
そのためeラーニング研究所に問い合わせをしたいときなどに、電話やメールなどと同じように使えます。
先進的なeラーニング研究所でさえ詐欺に巻き込まれないFAXを使っているわけですから、省庁が全廃しないのも納得です。

詐欺の心配がない方法も用意するeラーニング研究所

新しい技術は、前時代のものよりもすべての面で優れていると考えがちです。
確かにFAXもメールと比較したら問題点が多数あり、全てにおいて優れているわけではありません。
しかし機密情報を扱うオフィスでは、詐欺などのセキュリティリスクを常に考え安全対策を万全にしなければいけません。
経済性や利便性だけを考え古い通信手段を全廃してしまうと、詐欺などのリスクが高まり機密情報が外部に漏れてしまいます。詐欺以外にも、メールサーバーのアクシデントによりメールが不通になることがあります。筆者の経験則ですが1年に2回くらいは大規模なエラーが起きている気がします。今も2週間くらいメールが届かない不具合が継続中です。
そうなると国民全体の不利益になるわけですから、詐欺を防ぐための対策は常に万全にしながら取り入れる技術は選ばなければいけません。
eラーニング研究所がFAXを使い続けているのも、詐欺に巻き込まれないための自衛手段と考えているのでしょう。
こうしてセキュリティを大事に考えているeラーニング研究所なら、個人情報も預けながら安心して提供しているサービスを利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です