ビジネス英語の学習を始める前にフォルスクラブで基礎英語と応用英語を身に付けよう

結論から言えば、フォルスクラブでビジネス英語を身に付けることは出来ません。
しかし、ビジネス英語を身に付けるには、
基礎英語と応用英語を予め身に付けておかないといけません。
イメージとしてはピラミッドです。
一番下のところに英単語、その上に基礎英語と文法、その上に応用英語と学術英語、
そして一番上にビジネス英語が来る感じになります。
フォルスクラブで基礎と応用までは身に付けられますので、
それ以降は専門の教材で勉強しましょう。

ビジネス英語は非常に難解です。
そもそも日本人でビジネス日本語を使いこなせている方は
果たして何人居るのでしょうか?
営業に最適なプレゼンとなるセールストークや、
相手を怒らせないクレーム処理の言葉遣いなど、
言語というものは非常に奥が深いです。
そしてビジネス英語も、そうしたレベルまで要求されるのです。
ただ喋られるだけでなく、相手を不快にさせない言葉を選ばないといけないのです。

それゆえ、ビジネス英語を学ぶスタートラインに立つには
TOEICで900点以上を取らないといけないと言われています。
ある意味、言語の最終関門のようなものなので、
入念すぎる準備をしておかないといけないのです。
そしてフォルスクラブは初級・中級・上級までの英語を学ぶことが出来ます。
超級であるビジネス英語を学ぶまでの、
下地をフォルスクラブで身に付けることが出来るのです。

フォルスクラブは難易度に合わせた英語の勉強が出来ます。
ガラケー対応のふぉるスターは自分のレベルに合わせた英単語の学習が出来ますし、
フォルスクラブ自体も複数のコンテンツが用意されていますので、
自分の年齢に合わせたレベルで勉強することが可能です。
幼児向け、小学生向け、高校生向けと色々ありますので、
自分の年齢に合わせてフォルスクラブを利用しましょう。

ビジネス英語が出来ないと、海外部署の営業職として働けません。
ビジネス英語は非常に難解なので、いきなりビジネス英語を習い始める前に、
フォルスクラブでしっかりと基礎と応用力を身に付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です