フォルスクラブで発音を身に付けよう

日本人でしたら、雨と飴の違いは聞き分けられるでしょう。
ただしご高齢の方だと、方言の影響で発音が少しおかしくなります。
筆者の祖母も、成田山を人間に対するような発音をするため、
最初は成田という人のところに行ったと勘違いしたことがあります。
このように発音というものは非常に大事で、
ちょっと間違うだけで相手に全く伝わらないことがあるのです。
RightとLightは共にライトですが、
RとLをしっかりと区別して使わないと、相手に通じませんよ。

フォルスクラブは英語の勉強に最適なツールで、
当然のように発音を学ぶのに適したコンテンツも用意されています。
フォルスクラブは、すべての教材はフルボイスではありませんが、
中にはフルボイスのものもあるのです。
フォルスクラブの恋の英会話でしたら、セリフの横に音声マークがありますので、
そこをクリックすれば実際にセリフを発してくれますよ。
発音を学ぶのでしたら、やはり実際に英語を聴くに限ります。
また、フォルスクラブのLEARNING EYESは英語のホームドラマとして話が進みますので、
全編に渡ってフルボイスです。
ちょっと難しいですが、頑張って拡大すれば口の動きも確認できますよ。
読唇術ではありませんが、発音を学ぶならそうした口の動きも重要なのです。
さらに、フォルスクラブのイグモンでも発音を学ぶことが可能です。
こちらは単語ひとつひとつですが、初等教育には良いかもしれませんよ。

大人がやるには遅すぎですが、
実はフォルスクラブには幼児用のコンテンツにも英語学習アプリが用意されています。
このフォルスクラブのコンテンツを使って、
幼児のうちから英語を学ばせるのも良いかもしれませんね。
胎教感覚でやらせるのも良いですよ。
幼児だとまだ単語の意味を覚えられませんが、英語のリズムを覚えるだけでも有用です。
正しい発音を使うなら、そうしたリズムも重要なのです。

発音に必要なのは、アルファベット(文字)、アクセント、
イントネーション、リズムと言われています。
さらに細分化することも可能ですが、上記4つを身に付けておけば、
とりあえず相手に通じる発音を使いこなすことが出来ます。
フォルスクラブを使って、しっかりと発音を学びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です