イーラーニング研究所のトレードカラーをねずみ色にしたら?

「元々のトレードカラーはオレンジ」
イーラーニング研究所のホームページを見ると、全体的に明るい感じがします。最も多く使われている色はオレンジであることも大きく関係しており、オレンジの色が人の心を明るい気持ちにさせる色と言われているからです。イーラーニング研究所では勉強を楽しくやってもらい、社会人も学ぶことに対する貪欲な姿勢を持ってもらいたいという思惑もあって、オレンジを用いています。また、オレンジは目立たせる際に用いられ、イーラーニング研究所のホームページを見ると、バックが白になっている分、オレンジが目に飛び込んできます。それに加えて明るいイメージを加えることになるので、トレードカラーとしてオレンジを用いることは自然であることが分かります。

 

「ねずみ色がもたらす効果にはこんなものが」
ねずみ色は灰色と称されることもありますが、広告などでねずみ色を用いた場合に考えられる影響としては、控えめで穏当な印象を与えることです。オレンジとは対照的に落ち着いた印象を与えてしまうことから、これまでイーラーニング研究所が築き上げてきたイメージを壊しかねない状況になる可能性があります。落ち着きがあることはプラスのイメージですが、反対のイメージでは地味とか無気力といったものがあります。イーラーニング研究所は情熱を持って利用者の方に接しており、地味であることや無気力であることは明らかに違います。ねずみ色にするだけでそれだけ影響を与えることからもねずみ色にしてしまうと多くの人に影響を与えてしまいます。

 

「ねずみ色はどんな色にも馴染む色である」
ただ、ねずみ色は悪いものではありません。むしろ調和がとれやすい色とされています。黒のようにはっきりとした色は調和を考えると色々難しいものがありますが、ねずみ色となると調和が結構とれやすく、スタイリッシュで大人な印象を与えます。イーラーニング研究所は社会人をターゲットにしたサービスを行っており、オレンジで子供たちにも受け入れやすいような明るい色で押し通す必要もありません。ある部分ではオレンジを打ち出し、別のところではねずみ色でコーディネートするのも悪くないです。イーラーニング研究所はそれだけバランス感覚があると分かってくれれば、それはそれでプラスになります。

 

「何事も勝手に変えずみんなの意見を大切に」
イーラーニング研究所では、誰かが勝手にトレードカラーを変えてしまうようなことは絶対にしません。コンセプトに沿って最適な形にすることを心掛けています。ねずみ色は確かにいい色ですが、今のイーラーニング研究所のイメージとはやはり離れている部分です。でも、ところどころでねずみ色を用いることにより上品な感じにすることはいいかもしれません。その際にはイーラーニング研究所の中で話し合いをすることになりそうです。オレンジが与える温かみを大事にし、明るく頑張ってくれれば最高です。

 

イーラーニング研究所はねずみ講ではありません

【ねずみ講とマルチビジネスの違いについて】

ねずみ講とマルチビジネスは他の会員を勧誘することでバックマージンを得られるという点では共通しています。しかしねずみ講とマルチビジネスには大きな違いがあります。まずねずみ講は商品などのやり取りをすることがありません。たんに会員になる権利とバックマージンだけが目的となります。一方マルチビジネスは商品を効率的に販売するための方法の1つです。会員が他の会員を勧誘することで、効果的な販売網の構築を目指します。バックマージンは主な目的ではありません。優れた商品を効率的に販売することを目的としてマルチビジネスの手法が生まれました。ねずみ講は一部の人たちだけが得をして残りの大多数が損をする仕組みです。そのため日本国内では法律で禁止されています。マルチビジネスは商品を販売する方法の1つに過ぎないため違法ではありません。両者は他の会員を勧誘することでバックマージンをもらえるという点で共通しているので、混同されやすい傾向があります。実際のねずみ講とマルチビジネスは全く異なるものです。商品を販売するためにマルチビジネスの手法を取り入れたとしてもねずみ講のように違法とされることはありません。合法の範囲内で活動が認められています。

 

 

【イーラーニング研究所はねずみ講ではありません】

イーラーニング研究所は会員を勧誘する方法としてマルチビジネスの手法を取り入れていますが、ねずみ講とは異なります。インターネットを通して優れた情報コンテンツを提供することがイーラーニング研究所の活動目的です。商品であるコンテンツを効率的に販売するためにマルチビジネスの手法を採用しています。イーラーニング研究所の活動はねずみ講と異なり確かな商品が存在します。あくまで合法と認められるマルチビジネスの手法を利用しているに過ぎません。会員も情報コンテンツを利用して様々な分野の学習を行うことを主な目的としています。他の会員を勧誘してバックマージンを得ることは主な目的ではありません。マルチビジネスの手法はねずみ講と似ている部分があるため勘違いされやすい傾向があります。しかしイーラーニング研究所は合法の範囲内で活動する優れた組織です。

 

 

【新たな情報技術を活用した教育】

インターネットなどの情報技術は教育のあり方を大きく変えようとしています。イーラーニング研究所は最新の情報技術を駆使して様々な教育コンテンツを提供する組織です。インターネットを活用するため時間や場所に拘束されることがありません。日本中のどの地域に居住していても、高度な教育を受けることができる点にイーラーニング研究所の魅力があります。

 

 

【社会に貢献するイーラーニング研究所】

東京や大阪、名古屋のような大都市には恵まれた教育環境が整っています。国内では一流とされる大学も東京などの大都市にあります。イーラーニング研究所のサービスを利用すれば、地方都市に住んでいる人も高度な教育を受けることができます。会員はインターネットを通して時間や場所を問わず様々な教育コンテンツを利用可能です。イーラーニング研究所は教育の地域間格差を解消して社会に貢献しています。

イーラーニング研究所はねずみ退治の事業はやっていない

「ねずみ退治の事業と誤解をされている理由は?」
イーラーニング研究所はねずみ退治の事業と誤解をされている方もいらっしゃるようです。その理由は、掲示板やサイトで「ねずみ」というキーワードが使われることもあるからです。たとえば、「イーラーニング研究所はねずみである」といった書き込みがあったとします。すると、事情を知らない人はイーラーニング研究所はねずみ退治の事業をやっている会社であると誤解をしてしまうこともあるようです。イーラーニング研究所は主に通信教育DVDを販売している会社です。子供向けの教材がメインでしたが、現在では社会人向けの資格取得講座のDVDなども販売しています。

 

 

 

「イーラーニング研究所はねずみ講ではない」
掲示板やサイトでイーラーニング研究所がねずみ講であると書かれていることがありますが、これは間違いです。そもそもねずみ講というのはなにもないところからお金を生み出そうという仕組みです。法律でも禁止されているので、犯罪となります。たとえば、内容がなにもないような会員グループがあったとします。入会のために5万円が必要、友達を紹介したら紹介料として1万円をもらうことができる。このような仕組みでは紹介料がほしいために入会をして友達を紹介する人が増えていくでしょう。そうやってなにもないところからお金を作り出しますが、最終的にはこのような仕組みは破綻してしまいます。最後のほうに入会をした人が損をするという仕組みです。

 

 

「イーラーニング研究所はマルチでもない?」
イーラーニング研究所はマルチであるという噂もありました。ねずみ講は犯罪ですが、マルチ商法は違法ではありません。ねずみ講とマルチ商法の大きな違いは、商品があるかどうかです。マルチ商法では商品が存在しており、その商品を売るために紹介システムを導入しています。違法ではないものの、グレーゾーンという意見もあるようです。イーラーニング研究所は一時期紹介料という仕組みを導入していたという噂がありますが、あくまで噂です。イーラーニング研究所はマルチ商法でもありません。

 

 

「通信教育の教材が欲しい方にはおすすめ」
イーラーニング研究所はそれなりに歴史がある会社です。最初は子供向けの教材の販売からはじめたようです。その後社会人向けの資格取得のための教材なども販売するようになりました。独学で勉強をしていると、ビデオや動画で解説をしてほしいと感じる場面があります。そのようなときに、イーラーニング研究所のビデオ教材が役に立つかもしれません。現在ではオンラインの授業も比較的簡単に受けられるようになっています。ライバルの企業も多いので、この先イーラーニング研究所が生き残っていくためにはオリジナリティを出すことが必要になってくると考えます。最近ではインターネット配信「テレビレッスン」というサービスも開始したようです。無料でレッスンを受けられるので、まずはお試しにレッスンを受けてみましょう。

 

ねずみ男も感銘を受ける、フォルスクラブの教育

ねずみ男も注目している、フォルスクラブの魅力
ねずみ男が教育サービスで最も注目しているといっても過言ではないのが、フォルスクラブです。フォルスクラブといえば有名俳優をイメージキャラクターに起用したことでも注目を集めていますが、ねずみ男が注目したのはそれだけではありません。フォルスクラブは地域や収入の格差で出やすい教育の格差を埋めるべく、低コストで様々なコンテンツを学ぶことができるサービスを提供しています。インターネット環境とデバイスさえあれば幼児から大人まで様々な知識を学ぶことができる点は、ねずみ男も感銘を受けています。

 

 

高校の勉強にも最適なフォルスクラブ
高校生の勉強というと、一般的には学習塾や予備校などがありますが、フォルスクラブや幼児教育や大人の資格取得だけでなく高校生向けのコンテンツも非常に優れたものを提供しています。高校生向けのコンテンツは東大出身者が開発していることもあり、わかりやすく実用性の高い知識を得ることができると評判ですが、ねずみ男も東大生が開発しているのに月額家族で使って6000円という低価格には驚いています。

 

 

ねずみ男も利用している、フォルスクラブのコンテンツ
家族5人まで月額6000円で利用することができるフォルスクラブのサービスは、インターネット環境とデバイスがあれば家族全員で様々なコンテンツの学習が可能です。子供から大人まで必要な知識を楽しく吸収することが出来ますので、ねずみ男もその教育費の安さに驚きの声をあげているほどです。特に高校生の学習は費用が高くなりがちですが、1人6000円なのではなく、家族5人でその値段ですので教育費がかさみがちな10代の子供にも最適な学習環境と言えるでしょう。

 

 

塾の代わりにもなる、フォルスクラブ
塾に通うとなると1か月あたり3万円程度はかかってしまうのが高校生の相場ですし、大手予備校に通うとなると更に費用がかさみます。ねずみ男の心配材料でもあったその教育費用を一気に下げてくれたのが、フォルスクラブです。ネット環境があれば365日好きな時に勉強することが出来て費用は非常にリーズなブルです。高校生ともなると、学費もばかになりませんし定期やお小遣いなどもかさむ時期ですが、東大生が開発した内容で学習できるので、実質東大生の家庭教師がついているようなものです。そんなに優秀な家庭教師や予備校講師に実際に教わることを考えると自宅や外出先で好きな時にコンテンツを利用することが出来て費用は家族で使うので一人当たりにかかるのが1000円台ですので、これは使わないのはもったいないですし知らない人がいたら教えてあげたいほど便利で安心のサービスです。大手予備校などは夏期講習などと称して追加で何十万円もかかるのが普通ですが、フォルスクラブは一年中月額料金だけで質の良い教育を受けることが出来ます。大学受験に特化したコンテンツもありあますので高校生に最適です。