フォルスクラブはねずみ講と言われますが誤解です!

【日本の教育格差について】

日本は長い間、デフレ経済でありそこからなかなか脱却できずにいます。フォルスクラブのように物価が先進国の中でも安く良いことだと思われるかもしれません。ですがデフレであると、企業が厳しい価格競争で収益を上げるのは難しく、一向に社員の給与やボーナスに還元されなくなっているんです。これが日本のサラリーマンの年収が上がらない根本的な原因なのです。 サラリーマンの平均年収は350万円と言われ、これは先進国の中でも最低ランクともいわれます。年収350万円というと生活だけで精いっぱいで、子供に教育費を十分にねん出できるだけのお金もありません。富裕層の子供たちは、学校教育の他塾や家庭教師、予備校に通って大学入試対策をする人が多いです。一方年収が低いとこうした補足学習をさせてあげられるだけのお金がなく、ますます教育格差も広がっていくわけです。貧しい家庭の子どもたちが十分な入試対策が出来ず。希望する大学に進学できないのは悲しむべき事実です。

【フォルスクラブが教育格差に光を差す!】

教育格差をなくし、どんな家庭の子供にも高度な教育を受けさせることが出来る学習システムがあるんです。それがフォルスクラブという教育プログラムです。フォルスクラブは、家にパソコン一台あればまるで予備校や塾に行くような高度な教育を受けることが可能となるんです。フォルスクラブはパソコンで大学入試対策講座を受けられます。予備校の一流講師陣による授業であり、いつでも好きな時間にパソコンで授業を閲覧できるのです。録画なので、重要なポイントを何度も見たり反復学習にも最適です。高校生向けeラーニングもあります。こちらは教科書モード、単語帳モードに問題集モードの3つの学習モードを自由に切り替えて学習ができる教材です。通学の電車の中で、待ち合わせの空き時間にスマートフォンやタブレットを開いていつでもどこからでも学習できる便利なアイテムです。入会金11000円、月会費6600円で非常にコストパフォーマンスが良いんです。兄弟二人なら月3300円で予備校レベルの授業が受けられるわけなのです。

【ねずみ講なの?フォルスクラブがねずみ講と疑われる訳】

フォルスクラブはねずみ講とする噂が流れています。2chや口コミでフォルスクラブはねずみ講と頻繁に投稿されたりもします。しかしこれは真っ赤な嘘で、誤解です。なぜフォルスクラブがねずみ講と疑われるのか、そのわけを知りたい人も多いでしょう。フォルスクラブがねずみ講と疑われてしまうのは、その販路が特殊であるからです。フォルスクラブは店舗を持たず、人の紹介で教材を販売していくのです。それがほかの企業と違って特殊に見えてしまうので、ねずみ講とか詐欺まがいといったうわさが広がっていくんです。フォルスクラブはねずみ講ではありません。人の紹介で成り立っているMLM企業とは全く関係なく、フォルスクラブは非常に安心で安全な教材であることは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。