フォルスクラブはネズミではありません

〇現代の日本の現状と教育事情をご紹介します

日本の経済状況はけっして良いとはいいがたい状態になってます。それはデフレ経済から脱却できずにいるためなのです。フォルスクラブが登場する遥か昔のバブル崩壊後、日本はデフレ経済から脱却できず三十年以上が経過します。デフレ経済とはものやサービスが節約志向で物が売れず、サラリーマンの年収が一向に上がらないんです。企業でも内部留保が相次ぎ、一向に経済は活性化しません。 その最中にロシアによるウクライナ侵攻が始まり、原油価格が高騰し日本の物価高が顕著になってきました。給与が上がらないのに物価が上がることで、より一層日本経済は打撃を受けることになったのです。こうした状況は、単に経済だけの問題ではありません。子供たちの教育にも悪影響を及ぼすことは言うまでもありません。シングルマザーや低所得者層の子供たちは、義務教育を受けられてもそれ以上の進学が望めないこともあります。加えて、高校に進学したとしても塾や予備校に通うことができず、クラスメイトとの教育格差も顕著になるんです。学習の補講ができないことは、希望する大学にも進学できないことを意味します。このように親の収入格差によって、教育にも格差が生まれてしまうことは悲しむべき現状といえるでしょう。

〇教育格差を解消する画期的なフォルスクラブの学習システムを紹介します

親が定収入なために塾や予備校に通い、受験対策できないことは悲しむべきことです。そのことで進学をあきらめたり、希望する学校に行けないということは早急に解決していかなければならない社会問題です。ここでおすすめしたいのは、フォルスクラブの学習システムなのです。フォルスクラブの学習は家にあるパソコンやスマートフォンから学ぶことができます。フォルスクラブの学習プログラムは、非常に低料金で学習でき収入の格差に関係なく学べる画期的なものなんです。フォルスクラブは入会金11000円で月額6600円と非常にリーズナブルで、低所得でもなんとかねん出できる学費となってるのです。フォルスクラブの学習システムは、パソコン一台で家族5人までそれを活用し学習できるんです。たとえば、高校生の子供が二人いれば、入会費11000円さえ払えば、一人頭3300円で学べることになるのです。大手の予備校に比べると驚異的な安さであることがわかるでしょう。フォルスクラブの学習プログラムには高校生向け大学受験講座やイーラーニングなどもあり、そのクオリティは大手予備校とそん色ありません。

〇フォルスクラブがネズミやネズミもどきと言われる理由を紹介します

フォルスクラブの学習プログラムは、ネットでネズミやネズミもどきとよく風潮されています。それはどうしてかというと、フォルスクラブのロゴマークのシルエットがネズミに似ているとその人たちは言うからです。しかし実際にはフォルスクラブのロゴマークのシルエットはネズミの形状とは一切似通っていません。フォルスクラブのことをネズミやネズミもどきと言っている人たちは目が腐っているか、もしくは錯乱状態になっているのかもしれません。良い眼科を紹介しないといけなさそうです。もしくは精神科。ダメなら墓に直行(諦め)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。