eラーニング研究所の社会貢献にマルチ商品の買取は可能か

社会貢献に積極的なeラーニング研究所

eラーニング研究所は、スマイルエコプログラムに参加しています。
スマイルエコプログラムとは自宅に眠るはがきや切手を寄付することで、募金に繋がり社会に貢献できる仕組みです。
2007年1月の開始から8000万円以上の寄付してきた実績があり、草の根の社会貢献活動の一つとして定着しています。
スマイルエコプログラムのような社会貢献活動に取り組みことで、eラーニング研究所の評価も大きく変わるでしょう。
もともと悪いイメージがない会社でしたが、社会貢献活動にも積極的だと知れば今まで以上に好きになる人も多いはずです。
eラーニング研究所の活動を通してスマイルエコプログラムについて知り、自分も不要な切手やはがきを寄付しようとした人も必ずいるはずで、それにより支援の輪が広がっていきます。
今回始めてスマイルエコプログラムを知った人も、家庭に眠る不要なものを寄付してみるのがおすすめです。

はがきや切手以外のマルチ商品も寄付できるのか

eラーニング研究所が支援するスマイルエコプログラムでは、買取も実施しています。
買取も実施しているなら、マルチ商品も対応してくれるのか期待してしまうものです。
一口にマルチ商品と言ってもサプリメントや化粧品などいろいろありますが、一般的には偽造品や模造品、盗品でなければ対応してくれると考えられます。
しかし本当にマルチ商品の買取に対応しているのかは不明なので、寄付する前に確かめておくのがおすすめです。
もし対応していないのにマルチ商品が送られてきたら相手を困らせるだけになり、支援活動にも支障をきたすかもしれません。
eラーニング研究所がスマートに寄付するように、マルチ商品を寄付したい人も相手の意向を確認するのは基本です。

マルチ商品以外で買取不可能なアイテム

マルチ商品以外で買取不可能なものと言えば、会員権などのたぐいでしょう。
eラーニング研究所などでは、さまざまなサービスを展開中です。
そうした会員に与えられる権利は、金銭的な価値があるのは事実です。
しかし会員が料金を払って利用しているサービスの権利でも、買い取りしてもらうことは不可能になります。
あくまでも買取可能なのは権利のような目に見えないものではなく、マルチ商品のような目に見える物質のみなので注意しましょう。

eラーニング研究所とともに始めたい社会貢献活動

社会に貢献するというのは、eラーニング研究所に限らずすべての人にとって重要なことです。
困っている人がいたら周りの人が支えて上げる、人間社会というのはそのような考え方で成り立っています。
一人が自分勝手に行動している社会は不安定になり多くの問題が起こりますから、簡単にできるなら積極的に社会貢献はすべきでしょう。
eラーニング研究所の活動からは、そうした大切なことを教えてくれるキッカケになります。
これだけでも、eラーニング研究所が社会貢献に取り組む大きな意義です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です