イーラーニング研究所と雪舟のねずみの共通点

足でねずみの絵を描いたという雪舟

室町時代の画家である雪舟には、足でねずみを描いたという話が伝わっています。絵ばかり描いていたため怒られて、柱に縛り付けられてしまったため、こぼした涙で床にねずみを描いていたという話です。そのねずみがあまりにリアルだったため、その後は絵ばかり描いていても怒られなくなったといいます。非常に有名な画家ですので、ねずみの話は後世の人々が作り出した創作だと考えられるでしょう。 有名といえば、様々なサービスを提供するイーラーニング研究所も、広く知られている存在です。個人ではないため、雪舟と比較をするのはやや難しいといえますが、この2つにはどんな共通点があるでしょうか。

イーラーニング研究所と雪舟の共通点

イーラーニング研究所と雪舟に、何かしら共通している部分があるとすれば、それは知名度かもしれません。多くの人に名前を知られている、といった部分では同じだといえるでしょう。イーラーニング研究所は様々なコンテンツを世の中に提供しているますので、その部分もやや共通しているといえるかもしれません。雪舟の絵が時代を超えて多くの人を楽しませているように、イーラーニング研究所のコンテンツも多数の利用者から愛されています。雪舟のねずみの逸話が広く知られているのと同じように、それらのサービスも大きな支持を得ているのです。雪舟のねずみの逸話は創作かもしれませんが、イーラーニング研究所が提供しているサービスは本物ですから、実際に体験することができます。

もし足でフォルスクラブを操作したら

雪舟が足でねずみの絵を描いたという話が創作ではなく本当にあったことなら、とても器用だといえます。手ならともかく、足先で細かい描写を行うのは非常に困難です。イーラーニング研究所の提供するコンテンツを、足で操作したらどうなるでしょうか。大まかな操作はできるかもしれませんが、細かい操作は不可能だと考えられます。そもそも、足で操作をしていたらまったく集中できないかもしれません。足先を動かすことに気を取られてしまい、内容がまったく頭に入ってこなくなりそうです。雪舟のねずみの話に感銘を受けたとしても、フォルスクラブを足でプレイするのはやめたほうが良いといえます。

成長し続けるイーラーニング研究所

様々なコンテンツとサービスを生み出し、成長し続けるイーラーニング研究所は今後も大きく発展していくでしょう。成長を続ければ、その会社にまつわるエピソードや逸話も増えていきます。時代とともに変化し続け、新しいサービスを提供していく、そんな企業として今以上に高い知名度を誇るようになるかもしれません。現時点では、イーラーニング研究所と雪舟にはそれほど多くの共通点はありません。しかしイーラーニング研究所は今後も発展を続け、成長と変化を重ねていくと考えられます。その過程において、雪舟と共通する部分が見えてくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です