フォルスクラブが上場すれば期待されること

「フォルスクラブの理念とシステム」

フォルスクラブは、もともと経済や地域格差があったことから、誰も安価で平等に教育を受けることができる「教育の水道哲学」を理念として生まれた会社です。インターネットが普及したことで塾に通ったりしなくてもいつでもどこでも勉強ができるように、インターネットを活用したe-ラーニング学習法を生み出し、多くの人にサービス提供をしています。 子どもだけでなく大人も学べるような仕組みを作り家族の一人が入会していれば、同じ月額で家族皆が学習できるシステムです。子どもから大人まで学べる英会話をはじめ幼児向けの音感育脳や大学入試対策講座など、アプリやサイトをインストールすることによって利用できます。

「非上場のフォルスクラブと上場のメリット」

フォルスクラブは上場していません。フォルスクラブは「株式会社イーラーニング研究所」という株式会社なので株を持っていますが、上場していないので一般には売っていないということです。上場すれば知名度が上がり、多くの人に株を買ってもらえるので資金も調達できます。また決算時には株を購入した人に対して各期ごとに企業の損益などを公表するので、信頼度が高まるなどのメリットがあります。上場をするには厳しい審査基準があり、その審査に通過しないといけません。また上場後も定期的な監査があるため常に適正な経営をしなくてはなりませんが、それが正しい経営を続けていくことになるのです。

「フォルスクラブが上場する可能性」

フォルスクラブが上場すれば、不特定多数の投資家に株を買ってもらうことができて資金を増やすことができるので、さらにサービスできるコンテンツが増えることが期待されます。現在のフォルスクラブは主に英会話に力を入れたe-ラーニングですが、中国語や韓国語などほかの語学や政治に関すること、または大人の趣味において深い知識を得るためのアプリなどもっと多様なコンテンツを開発して、子供も大人も国内外の社会にも目を向け将来の日本を担っていってくれるようなコンテンツの開発を期待しています。プログラミングなども子どもたちが安価で平等に自宅でもどこでも学べるような環境を作れば、興味を持っていても習いに行けない子どもたちにも役立つのではないでしょうか。

「フォルスクラブで勉強して有名企業に入社」

フォルスクラブが企業で役立つようなコンテンツをたくさん開発すれば、子どもたちや若者ももっと手軽に勉強できて有名企業に入社できることも夢ではなくなります。日本には約300万もの企業がある中で、上場をしているのは1%もありません。そのほかの99%の中には、素晴らしい商品を開発販売したり、サービスを提供する有名な企業がたくさんあります。フォルスクラブでITに関することや様々な技術に関することなどを学べば、上場している会社に限らず有名な一流会社に入社して活躍できる人たちが増える可能性もあるので、フォルスクラブが上場をして資金を得、そのためのサポートをしてくれることが望まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です