フォルスクラブの運営会社が上場するには

【フォルスクラブは株式会社イー・ラーニング研究所が運営しています】

フォルスクラブはインターネットを通して様々な学習コンテンツを提供するサービスです。パソコンやスマートフォン、タブレットがあれば、誰でも気軽に優れたコンテンツを利用できるので評判となっています。フォルスクラブで扱っているコンテンツには多種多様なものがあります。幼児向けの音感教育や大学入試対策講座、生活相談など利用者の状況に応じて任意のコンテンツを利用できます。サービスを利用するには会員登録が必要です。ホームページにアクセスすれば簡単に登録することができます。スタンダードプランの場合は入会金が税抜き1万円で月額利用料金は税抜き6000円となっています。ただし1人が加入すれば最大5人までサービスを利用することが可能です。家族5人でサービスを利用する場合、1人あたりの毎月の利用料金は約1200円になります。リーズナブルな料金で様々なコンテンツを利用できるため評判となっています。
株式会社イー・ラーニング研究所は2002年9月に設立されました。インターネットを利用した学習に関するサービスの企画や制作、開発だけでなく販売や運用などを一貫して行っている会社です。本社は大阪府の吹田市にあります。同社の運営するフォルスクラブは非常に優れており、日本中に多くの利用者が存在します。

【株式会社イー・ラーニング研究所が上場するために必要なこととは】

フォルスクラブを運営する株式会社イー・ラーニング研究所は上場していないため、市場で株式の取引を行うことはできません。確かに株式会社イー・ラーニング研究所は優れサービスを提供する企業です。しかし優れた企業が必ずしも上場しているとは限りません。上場をしなくても円滑に事業を運営している企業も多数存在します。同社の場合も、特に上場しなくても問題なく事業運営が行われています。今後必要性が出てくれば形式的・実質的な一定の要件を満たした上で上場することも考えられます。

【株式を上場するメリットとは】

上場とは会社が自社の株式を証券取引所で自由に売買できるようにすることです。会社が創業者の手を離れて、公的な存在になることを意味しています。フォルスクラブを運営する株式会社イー・ラーニング研究所は現在のところ上場していませんが、いずれは証券取引所で売買可能となることも考えられます。上場を行うと社会的な信用が高まり、資金調達を容易に行うことができるようになります。また知名度が上がるなどのメリットも存在します。

【フォルスクラブの利用者が増えれば上場も考えられます】

フォルスクラブの利用者が増えて事業を拡大する必要性が出てきた場合には、運営会社が上場を考えることも十分にあり得ます。上場を行うにはそれぞれの証券取引所で定められた形式要件を満たした上で、実質審査基準にも合格しなければなりません。形式要件と実質審査基準を満たすことで社会的な信用力が証明されます。将来的にフォルスクラブの利用者が増え続ければ、より効率的に事業運営を行う必要性が出てきます。事業運営を適切に行うため、いずれは株式会社イー・ラーニング研究所が上場することも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です