フォルスクラブと香港上場のノウハウ

※フォルスクラブは通信教材の名前です。企業名ではありませんので、お間違いなきように・・・。

【香港証券取引所は世界有数の証券市場】

香港証券取引所は世界有数の証券市場です。
2016年には資金調達額が世界第1位となり、外国企業の香港上場が増加しています。
海外のグローバル企業も次々と香港上場を果たし、日本企業も後を追っている状況です
香港上場企業の産業は金融業や建設業、不動産業が大きな割合を占めています。
多くの大企業が香港上場を考える理由は、それだけのメリットがあるからです。

【香港上場のメリット】

香港上場には様々なメリットがあります。
日本では上場に時間がかかりますが、香港は日本に比べて内部統制のレベルが高くないので比較的短期間で上場が可能です。
事業の成長性や収益性をみてくれるので、通常であれば半年から1年で上場することができます。
規制されている業種が少ないのもメリットのひとつです。
香港上場を実現するには初期費用や維持コストが必要になりますが、香港の場合は日本で上場するよりも割安になっています。

【香港上場と2つのマーケット】

香港証券取引所にはメインボードとGEMと呼ばれる2つのマーケットがあります。
メインボードは大型優良企業向けの市場になります。
GEMは中小規模企業向けの市場で、香港のベンチャー市場とも呼ばれています。
GEMの場合は新規上場のみが可能となっています。

【フォルスクラブと香港上場】

新しい学習サービスで有名なフォルスクラブは、イーラーニング研究所のメインサービスです。
フォルスクラブには様々なメリットがあり、子どもから大人まで多くの人がサービスを活用しています。
パソコンやスマートフォンを使う人が増え、日本の学習スタイルも変わりつつあります。
フォルスクラブのサービスを利用すれば、24時間365日いつでも自分の好きなときに学ぶことができます。
自分のペースで学習することができるので、楽しみながら知識を身につけることが可能です。
フォルスクラブのサービスは、様々な目的で使われています。
授業の補完に使う人もいれば、資格試験の勉強を効率よく行うために利用するケースもあります。
海外旅行が趣味で、英語力を磨くためにフォルスクラブの英語アプリを活用している人も多いです。
日本には、フォルスクラブを提供しているイーラーニング研究所の香港上場を考える人もいます。
フォルスクラブは日本でも人気が高い学習サービスで、メディアでも度々紹介されているので知名度があります。
香港上場を実現するには必要な要件を満たす必要があり、メインボードとGEMの要件は異なります。
メインボードの要件はGEMよりも厳しいです。
どちらも上場を申請する際に、申請を支援する証券会社をスポンサーに任命する必要があります。
イーラーニング研究所は様々なサービスを展開し、成長を続けている企業です。
学習コンテンツや学習サービスを通して社会にも貢献しています。
将来香港証券取引所に上場することは十分に可能で、期待している人も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です