フォルスクラブの株主優待を考える

【はじめに】
フォルスクラブは非上場会社になりますので現在、
株主優待は発行していません。
ではもしもフォルスクラブが株主優待を出すとしたら、
それはどんなものになるでしょうか?

 

【フォルスクラブとはなにか?】
フォルスクラブは通信教育のサービス名です。
有料制のオンラインゲームのように、
毎月一定の額を支払ってプレイします。
ただしよくあるソーシャルゲームのように
途中で課金する要素は一切ありません。
別に強い武器や強いキャラは手に入りませんので、
月額料以外気にすることはありません。

フォルスクラブの中身は非常に充実しています。
幼児向け音感育脳システムや資格対策シリーズアプリ、
小学生向け英語アプリ、大学入試対策講座など
多種多様なコンテンツが用意されています。
1日中フォルスクラブをしていても飽きることはないでしょう。
それどころか毎日ログインしてプレイするものもあり、
フォルスクラブの勉強に追われる方も多いと思います。
コツコツ積み重ね式の勉強が多いので、
是非とも毎日フォルスクラブにログインして勉強しましょう。

 

【株主優待とはなにか?】
株主優待とは、その企業の株を一定枚数持つことで、
毎年定期的に副賞を貰えるシステムになります。
基本的にはその企業の自社製品や
その企業の割引券を配ることが多いですが時々、
他社が関わるものを配っている企業もあります。
どこでも使えるクオカードを配る企業も少なくありません。

株主優待を配る時期は企業によって異なります。
3月9月の2回のところがあれば、11月1回だけの企業もあります。
年4回なんて企業もあるとのこと。
時期は企業によって本当にバラバラなので、
いつ株主優待を配るか調べてからその企業の株を買うようにしましょう。
タイミングを間違えると初めての株主優待を貰えるまでに
1年間待たされることもあります。

所有する株の枚数によって
プレゼントのグレードがアップすることが多いです。
100~200枚だとクオカード2000円分で、
201枚から8000円にアップする株主優待があります。
鉄道系の株主優待も株をたくさん所持することで、
たくさんの鉄道利用券を貰えるみたいですよ。
ただし201枚持とうと、
20000枚持とうとも貰える株主優待が同じ場合も多いです。
賢くやりくりするなら、ギリギリを見極めて保有しましょう。
株の売買はタイミングがズレるので儲けるのが難しいですが、
株券は必ず決まった枚数分買えますよ。

 

【フォルスクラブの株主優待を考える】
ではフォルスクラブは
どんな株主優待を発行するでしょうか。
普通に考えるならばフォルスクラブに関する
商品をプレゼントしますが、
フォルスクラブが関わる商品は非常に少ないです。

①フォルスクラブそのもの
②フォルスクラブタブレット

の2つしかありません。
フォルスクラブは月額6480円ですが、
株主優待としてこの利用料金を割り引くのも手かもしれませんね。
もしくはフォルスクラブタブレットをドドーンとプレゼントするのはいかがでしょうか。
タブレットは1個5万円相当なので、かなり大量の株券が必須ですが、
こういった株主優待もありと言えるかもしれません。

フォルスクラブの事業と全く関係ない株主優待も考えてみましょう。
他の企業がやっているようにクオカードを配るのも選択肢のひとつ。
しかしそれでは面白みに欠けてしまうのも事実。
もっとフォルスクラブだから出来る何かがあると面白いのではないでしょうか。
例えばフォルスクラブはLEARNING EYESにて
英語のホームドラマを流していますが、
大株主はこれに出演する権利を得るのは如何でしょうか。
クラウドファンディングあたりでは
こういったサービスをしているところがあると思います。
大株主は会社の経営に関わることが出来る人物になりますので、
製品の中身に口出すことが可能。
小学生向け英語アプリに、大株主の要望を付け足すことも可能かもしれません。
ただしフォルスクラブはあくまで勉強が目的になりますので、
その勉強を邪魔するようなアップデートは出来ません。
株主を登場させるにしても、かなりの端役なのは確実。
それこそ通行人Cくらいの役割だと思います。

 

【おわりに】
今の世の中、色々な株主優待があります。
中には上場はしていても株主優待を出していない企業もあります。
このあたりは企業の自由でしょう。
株主優待を出さずともしっかりと株を
買ってもらえる自信があると言えるのだと思います。
でもフォルスクラブの株を多くの方にたくさん買ってもらうなら、
株主優待はやはり必須と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です