一時的な退会でもフォルスクラブ

フォルスクラブの退会とぷららの解約

インターネットプロバイダを変更したいときには、まずは現在利用しているプロバイダを退会しなければいけません。そうしませんと二重で料金を支払うことになります。
退会をすることで契約していたインターネットプロバイダから抜けられ、サービスも一切利用できなくなる代わりに、料金の支払い義務も一切発生しなくなります。
つまり現在のプロバイダをやめて新しく乗り換えたいときには、退会をしなければいけません。
こう考えると非常にシンプルなのでわかりやすいですが、インターネットプロバイダのぷららには退会の他に、解約という手段も用意されています。
そのためフォルスクラブの退会をしたときと同じ考えでよいと思い、解約をして満足していたら余計なトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。

注意したいぷららの解約とフォルスクラブの退会の違い

フォルスクラブの退会は一つしかなく、解約という手続きはありません。
そのため万が一やめたくなったときは、所定の方法でフォルスクラブを退会すれば完全にやめられます。
これは一般的なインターネットプロバイダと同じ考えでよいので、常識的で非常にわかりやすいでしょう。
しかしぷららには、フォルスクラブの退会のように一つではなく解約という方法があります。
ぷららの解約とは、簡単に説明すると契約の休止です。
手続きをすると有料プランから無料プランに移行し、料金は発生しないものの無料プランで提供されるサービスは利用できます。
基本的に今後は料金が発生しないので経済的な負担がないの点は問題ありませんが、それでも契約がそのまま残るのには気持ち悪さを感じる人もいるでしょう。

ぷららの解約を使うべきタイミング

もしぷららの解約を使いたいと考えるなら、おすすめのタイミングは自宅の建て替えなどで一時的に契約を休止したいときです。
一旦フォルスクラブの退会のように完全にやめると、再開したいときにまた複雑な手続きを経なければいけません。
しかし解約をして無料プランに移行すれば、契約を一時的に停止するだけなので再開が容易です。
そのため自宅の建て替えなど一時的に使わないときには、優れた手続きの方法とされています。
万が一再びぷららを使う可能性があるなら、退会ではなく解約の手続きをすると良いでしょう。

解約の手続きがないフォルスクラブ

たとえ一時的に契約を停止したいときも、フォルスクラブは退会しか手段がありません。
これはこれで不便だと思うかもしれませんが、その理由は無料プランの有無にあります。
ぷららのように一時的に無料プランに移行できるなら解約の手続きも用意できますが、有料プランしか提供されていないため、フォルスクラブには退会しか選択肢がありません。
しかしフォルスクラブは退会しても、再開はぷららほど難しくはありません。
以前と同じようにネットで申し込みをすれば簡単に再開できるので、またやりたいと思ったらすぐに始められるでしょう。注意点としては再び入会金が発生することくらいです。フォルスクラブの休止期間が2か月程度でしたら、退会せず、そのまま会員のままでいた方がいいかもしれません。
無料プランの有無だけではなく、申し込み手続きの簡単さもフォルスクラブには解約がない理由と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です