権利収入で自由な生活をしている人とフォルスクラブ

【労働で得る収入と権利による収入の違い】

フォルスクラブが流通している日本では、様々な理由で将来に不安を感じる若者が増えています。
一流企業に入社しても一生安泰という時代ではないので、最近は若いうちから副業を行う人も多いです。
副業には様々な種類がありますが、注目を集めているのが権利収入ビジネスです。
収入には大きく分けて労働収入と権利収入があり、労働収入というのは働いて収入を得るスタイルです。


日本では多くの一般人が労働により収入を得ています。
社会問題になっているダークネス企業(※ブラック企業の上位互換)に勤めていると、長時間働いても収入が少なく貯金ができないという問題も出てきます。それどころか内勤なのに死亡率が高いです。
アニメーターは人気がある職業のひとつですが、下請けのアニメーターなどは低賃金で働いています。それこそ時給180円くらいで働かされています。
一方、自分が持っている権利によって得られるのが権利収入です。

【メリットが多くて魅力がある権利収入】

土地を持っている人は土地を貸して収入を得られますが、その場合の収入も権利収入になります。
年齢が若くて健康な人でも、病気になる可能性はあります。むしろ唐突に事故に巻き込まれてケガをする可能性もあります。
病気やケガで仕事ができなくなれば、労働収入が途絶えてしまいます。
そして権利収入は、一旦構築すれば病気になっても高齢になっても継続的な収入が期待できます。
日本は高齢化社会で経済的な面でも様々な問題を抱えていますが、高齢化社会を生き延びるための手段のひとつが権利収入なのです。

【代表的な権利収入で将来のリスクをカバー】

賃貸マンションなど収益不動産から得られる家賃収入は、代表的な権利収入のひとつです。
入居者がいれば定期的に家賃が振り込まれるので、高齢になっても収入のリスクをカバーできます。
本を書くと著者には印税が入りますが、印税も権利収入になります。
株式の配当益も権利収入で、配当益は投資家の収入源のひとつです。
フォルスクラブなどの教育サービスを活用して能力を磨き、本を出版すれば権利収入を得られる可能性があります。
フォルスクラブは、教育格差をなくために設立されたイーラーニング研究所の事業です。

【家族で楽しめるフォルスクラブ】

フォルスクラブは人気が高い学習サービスなので、フォルスクラブをつくった人たちの権利収入を心配する必要はあまりないです。
フォルスクラブのサービスは、学生だけでなく社会人も利用できます。
家庭向けのイーラーニングサービスは全国的に広がっていますが、料金が高いサービスもあります。
フォルスクラブは品質の高いコンテンツを安い料金で提供しています。
5人家族がスタンダードプランを利用した場合、入会金と月額料金を支払えば全員が全てのコンテンツを格安料金で利用できます。
フォルスクラブには、子どもから大人まで活用できる充実したコンテンツ群があります。
暮らしにまつわる悩みがあれば、お悩みホットラインを利用できます。
お悩みホットラインでは、生活上の様々なトラブルや悩みについて専門家が電話で対応してくれます。
金銭トラブルや家庭問題について悩んでいる場合は、税理士や弁護士などの専門家が適切にアドバイスします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です