フォルスクラブと上場企業について

【多くの企業が証券市場に上場しています】

日本にはフォルスクラブを提供する会社をはじめとし、無数の会社が存在しています。そして、多くの企業が資金を調達したり信用度や知名度を上げるために証券市場に株式を上場しています。企業が上場すると外部からの評価が高まり営業をしやすくなるだけでなく、従業員の士気が高まるというメリットもあります。

一方で上場していない優れた企業も沢山あるので、必ずしも上場しなければならないというわけではありません。フォルスクラブを提供する株式会社イー・ラーニング研究所も現在のところ上場していませんが、将来的に株式を公開する可能性は考えられます。 

【フォルスクラブと上場企業の関係について】

最近上場した企業の中にもコンピュータ関係のソフトや技術を開発している会社が数多く存在します。確かに上場すれば効率的に資金を調達できソフトなどの開発も円滑に行うことができますが、市場のニーズに合ったものをすぐに開発できるとは限りません。フォルスクラブは長年にわたって市場と向き合ってきた経験があり、利用者が求める優れたコンテンツを提供できます。

【フォルスクラブは独特なサービスで市場を開拓しています】

フォルスクラブはインターネットを使って様々な学習コンテンツなどを提供し新たな市場を開拓しています。他社とは異なるオリジナルなサービスを長年提供してきた実績があり、最近上場した会社が一朝一夕に真似するのは困難です。フォルスクラブのコンテンツは子供から大人まで年齢を問わず利用でき、自分のペースで学習を進めることができるという特徴があります。スタンダードプランであれば毎月の利用料金は税別6000円となっており、1人が登録すれば5人まで利用可能です。安い費用で時間や場所を問わず興味を持った分野について自由に学べる点にフォルスクラブの大きな魅力があります。

【フォルスクラブのライバルになりうる会社とは】

フォルスクラブは独自のサービスを提供することで多くの利用者から信頼を獲得してきました。最近上場したコンピュータ系の会社の中にも、将来的にフォルスクラブのライバルとなりうる会社が存在する可能性があります。フォルスクラブは最近上場したばかりの会社とは異なり長年にわたって優れたサービスを提供してきた実績があり、利用者からの高く評価されています。多くの利用者からの信頼は一朝一夕に培われたものではなく長い年月をかけて獲得したものなので、最近上場した企業がすぐにフォルスクラブのライバルになれるわけではありません。ただし何年か先に上場後も地道な活動を続けてきた会社がライバルになる可能性は考えられます。フォルスクラブは優れたサービスですが、多くの会社が参考にしながら独自のサービスを開発する可能性があります。最近上場した他の会社が類似のサービスを提供するようになったとしても、フォルスクラブが先駆者であるという事実に変わりはありません。フォルスクラブはオリジナルな存在なのでブランド価値があり、他社が並ぶまでには何年も時間がかかると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です