フォルスクラブの合法なマルチ商法とは

合法なマルチ商法
マルチ商法とねずみ講はどちらもネットワークビジネスの手法とされますが、大きな違いがあります。まずネットワークビジネスの中でも、マルチ商法は合法です。そして商品の販売が行われています。一方ねずみ講は違法で、商品の販売が行われていません。ビジネスとしての実態があり、生産性のある活動が行われているのがマルチ商法です。一方ねずみ講は新たに会員を勧誘し、入会金などを集めることを目的とします。最終的に利益を得ることができるのは一部の人たちに限られ、その他の人たちは損をすることになるため違法とされています。マルチ商法はねずみ講と異なり、魅力的な商品を販売するための方法です。

 

マルチ商法は効率的な販売方法の1つ
新規に会員を勧誘して、販売網を広げることがマルチ商法の目的とされます。一部の人たちが会員からの入会金などを分配することだけを目的とするねずみ講とは大きく異なります。マルチ方法も他の人を勧誘した場合にバックマージンが支払われますが、基本的に販売網の拡大が目的です。バックマージンを得ることよりも魅力的な商品を効率的に販売することを目的するため、ビジネスとして確かな実態があります。フォルスクラブでは公式サイトを通してコンテンツの販売を行なうだけでなく、より効率的にサービスの利用者を増やすために訪問販売によりプレミアム会員の勧誘を行なっています。

 

フォルスクラブの魅力とは
インターネットなどの情報技術を有効活用すると、学習環境の地域間格差を解消できます。フォルスクラブは様々な分野に関する学習コンテンツを開発し販売しています。公式サイトから登録すれば一般会員となってコンテンツを利用できます。さらにフォルスクラブにはプレミアム会員が存在します。プレミアム会員になるためには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。新規にプレミアム会員を勧誘するビジネスモデルにはマルチ商法としての側面がありますが、事業活動は合法的に行われており何の問題もありません。マルチ商法は魅力的な商品の販売網を効率的に拡大できるビジネスモデルです。フォルスクラブのビジネスモデルには、情報技術を有効活用し学習環境の地域間格差を解消することで社会に貢献しているという魅力があります。

 

フォルスクラブとマルチ商法の関係について
フォルスクラブはプレミアム会員の勧誘方法としてマルチ商法の手法を取り入れていますが、完全に合法で安全なものです。ねずみ講とは異なりビジネスの実態が存在し、社会に貢献しています。フォルスクラブがプレミアム会員を勧誘する方法がねずみ講と勘違いされることがありますが、大きな間違いです。マルチ商法は合法的なネットワークビジネスで、ビジネスの実態があります。ねずみ講は一種の虚業で実態がなく、社会に大きな被害を与えるため違法とされています。しかしマルチ商法は合法で、上手に経営を行えば社会に大きな利益をもたらします。フォルスクラブも情報技術を活用することで、社会に利益をもたらす企業です。

 

フォルスクラブは良いMLMなのです

フォルスクラブの評判をネットで調べてみるとMLMだからダメだという指摘が数多くあります。私自身はフォルスクラブがMLMであることを否定しようとは思いません。自分なりの考えをまとめて書いてみたいと思います。

【紹介によってフォルスクラブは広まります】
良いものを広めることによって紹介者に収入が入るのは当然のことです。
例えば、本屋さんは良い本を紹介して、販売して、利益を得ています。
その他の小売店も、基本的には同じような仕組みで儲けています。
フォルスクラブでも、良いものだから広める点では同じです。
また、フォルスクラブを紹介した人が利益を得ることも当然でしょう。

【MLMの抱えている問題とは?】
では、どうしてMLMは社会的に批判の的になっているのでしょうか。
それは、紹介した人が儲けることに重点を置きすぎているからです。
紹介したから利益を得ることは当然ですが、それが全てでは変ですよね。
あくまで商品の良さを理解した人たちによって広まるべきです。
利益を得ることを目的に会員集めをすることにMLMが批判される理由があります。
もちろん、儲けたい気持ちは分かりますが、仕組みがマズいんです。

【フォルスクラブの仕組みは大丈夫?】
フォルスクラブもMLMだというなら、同じような問題が起こりそうですよね。
商品が良いからといって、仕組みが悪ければ売れるものも売れません。
せっかく商品は良いのにと残念に思う人が増えるだけです。
でも安心してください。
フォルスクラブにはMLMのデメリットを防ぐ仕組みがあります。
それは、プレミアム会員というシステムです。
フォルスクラブでは一般的なMLMと同じく紹介によって利益を得る仕組みがあります。
プレミアム会員には紹介で稼ぐ権利(売る権利)が与えられています。
ですから、フォルスクラブを広めることで儲けることができるのです。
だからこそ、MLMじゃないかと批判されるわけですが。
では、こうした不安に対する答えを書きましょう。

【フォルスクラブは良いMLMなのです】
さきほど書いた通り、フォルスクラブのプレミアム会員には売る権利があります。
売ることによって報酬が得られます。
紹介することで報酬が得られます。
しかし、これはプレミアム会員のみの特典なのです。
プレミアム会員から申し込んだ人には、商品は届きますが、売る権利は与えられません。
そう、フォルスクラブの売る権利は、誰しもが得られる権利ではないのです。
これによってMLMが持っている欠点を補うことに成功しました。
紹介して稼ぐことを目的とした人が次々と増えていくことはありません。
フォルスクラブは、過去のMLMの失敗から学び、システムが構築されています。
紹介することで報酬を得るのはプレミアム会員のみ。
この安心感こそが、フォルスクラブを良いMLMにしている理由です。

 

以上、MLMだから怖いというような批判に対して、どのようにして良いMLMとなっているのかを簡単に解説してみました。みなさんの参考になれば嬉しいです。

フォルスクラブはネズミ講なのかを検証する

フォルスクラブについてネズミ講ではないかとの指摘がネット上には数多く見られます。
個人的にはフォルスクラブはネズミ講ではないと思うのですが、批判する意見について耳を塞ぐことは、自分自身の成長を妨げる行為だと考えていますので、改めてしっかりと調べてみました。

【ネズミ講とはどのような仕組みなのか?】
一時期、日本国内でもネズミ講が大ブームになった時期があります。
ネズミが子供を増やすように一気に会員が増えていくので、ネズミ講と呼ばれます。
親が紹介した人たちが子供となってピラミッドを形成していきます。
1人から2人、3人、4人、5人と、次々と増えていくのです。
紹介すればするほど大きな利益がえられますから、会員は一生懸命に紹介します。
しかし、ネズミ講には大きな欠点があります。
あまりにも一気に会員が増えてしまうために、紹介できる人が少なくなることです。
早い段階で始めた人たちには大きな利益がありますが、遅れてきた人は損するばかりです。
紹介することで利益が得られると薦められるものの、紹介する相手がいなくなります。
こうして一定の規模まで膨れ上がったネズミ講のピラミッドは崩壊するのです。
フォルスクラブも、やはりネズミ講なのでしょうか?

【ネズミ講には扱う商材がない?】
世の中には様々な形態がありますので、あくまで一般論ですが、ネズミ講には商材がありません。
ただお金のやりとりだけで会員になり、紹介によって利益が生まれるのです。
この点では、どうやらフォルスクラブはネズミ講に当てはまらないようです。
しかし、ネズミ講が社会的問題になってからは、商材のある仕組みも増えてきました。
このため、商材があるからといって安心することは出来ません。
あくまで商材の有無をチェックすることは必要最低レベルの警戒なのです。
なにも売るモノがないのに会員になるって、やはり怖いことですから。

【ではフォルスクラブはネズミ講なのか】
結論から言いますと、フォルスクラブはネズミ講ではありません。
商材があることは既に説明済みですが、それだけを根拠にしているわけでもないです。
フォルスクラブでは、紹介によって利益を上げられる仕組みがあります。
良い商品ですから紹介がしやすく、紹介者には紹介料が支払われます。
しかし、紹介によって利益を上げることができるのは、プレミアム会員のみです。
プレミアム会員にはフォルスクラブを売る権利が与えられます。
ですから、フォルスクラブを売って利益を上げることができます。
ただし、プレミアム会員からフォルスクラブを買った人には売る権利はありません。
この結果として、ネズミ講のようなピラミッドは形成されません。
プレミアム会員は紹介して利益を上げられますが、そこでストップです。
会員が会員を生んで、会員数によって組織が肥大化することはありません。
過去には、子供となる会員数を増やす仕組みで利益を上げる組織があったのは事実です。
しかし、現代においてはもう、そんなにうまくは機能しないようです。

 

以上、フォルスクラブに関する噂を検証してみました。

追記:批判する意見にもしっかりと耳を傾けましょう。