どういったフォルスクラブの評判があるか調べてみよう

【人が評判を調べる理由】
人間は他者によって存在を認められて、
初めて人間として扱われます。
それゆえ、自身の評判を気にする方は非常に多いと言えます。
もしも自身の評判を一切気にしていない方が居たとしたら、
それはサトリを開いているからかもしれません。
最澄や空海のように、新しい宗教を開けそうです。

商品に対する評判についても、人は知りたいものです。
自分が思っている意見と、他人が思っている意見を比べて、
本当に自分の意見は正しいのか確認したくなるのが人間です。
人間というのは、周りの環境に適応・適合することを求める生き物であり、
他人が感じている世界と一緒になりたい願望を隠し持っているのです。

段々話が小難しくなってきましたが、
要はネット上で他人が下した評価を調べることはとても有用と言えます。
自分の精神を安定させることに使えますし、
そのアイディアを自身の役に立たせることも可能です。
今日の夕飯を作るのにクックパッドを参考にしている主婦は
非常に多いでしょう。
映画を見る前に、
どこかの掲示板でその映画の評価・評判を確認する方も多そうです。
良い評判があれば、悪い評判も見つかるでしょう。
それをどのように扱うかは個人の自由であり、
その評判を鵜呑みにする方がいれば、
猜疑心を抱いて真実を確認しに行く方も居るでしょう。

 

 

【フォルスクラブとはなにか?】
勉強する手段はいくつかありますが、
その方法は大別することが可能です。
学校で勉強する、塾に通う、本を買うなどなど。
ネットで情報収集もまた勉強と言えます。
そしてフォルスクラブはネットを使った勉強法です。
今やフォルスクラブのようなeラーニングは、
塾に通う勉強スタイルに肉薄するほど、需要が高まっています。
それどころか、塾がeラーニングを導入している程です。
フォルスクラブはそうした塾とは違い、
場所を問わず勉強することが可能な通信教材です。
電波が通っている場所が条件ですが、
今の日本で電波がないところを探す方が難しいかもしれません。
富士山の山頂ですら、3キャリアのLTEエリア化は完了しています。
沖縄本島から400kmも離れた離島にも電波はあり、事実上、
日本のどこに居てもフォルスクラブで勉強することが出来そうです。

フォルスクラブの特徴はいくつかあります。
既にこのブログで散々言ってきたことですが、
フォルスクラブは多人数型のマルチ教材です。
基本的には1人用の勉強ツールですが、
家族みんなの年齢に合わせたコンテンツを用意しているのが、
フォルスクラブの売りになります。
おじいちゃん、おばあちゃんもフォルスクラブで勉強するのも良いでしょう。
英語はどの年齢になっても使いますし、
さらに相続診断士は人生で必ず使うと言っても過言ではないスキルです。
一家に一台はフォルスクラブがあると便利と言えます。
でも、一家に二台は要りませんね。
6人以上の大家族でしたら必要かもしれませんが、
通常はフォルスクラブが1つあれば十分となります。

 

 

【フォルスクラブの評判が気になる】
フォルスクラブの評判を気にしている方は多いでしょう。
入会金1万とんで800円、そして月額費が6,480円掛かります。
1週間体験プランもありませんので、
入会に慎重となるのは自然なことと言えます。
そこで評判を調べます。
フォルスクラブを体感した方々は、この通信教材をどのように扱い、
そしてどのような想いを抱いたかをネット上から調べることが出来ます。
「楽しく学べる」「生活の救世主です」といった評判が見つかると思いますよ。
もちろん、酷評しているものも同時に見つかるのが、ネット上の評判の世界です。

ただし猜疑心が強い方はあまりネットの評判を信じません。
そこで自分でその商品を確かめます。
回数は少ないですが、フォルスクラブは体験会というのを開いています。
デパートのテナントを1日借りて、
そこで市民の皆さんにフォルスクラブを体験してもらいました。
評判を自分で確認したい方は、こうした無料体験会には積極的に参加しましょう。
本社まで行けば、もしかしたら体験させてくれるかもしれませんね。
来客待機スペースとかで、
そういったものを体験できるコーナーを用意している企業は意外と多く、
もしかしたらフォルスクラブも置いてあるかもしれませんよ。

とは言っても、たった1日で分かることは少ないです。
特に勉強の効果は無きに等しいと言えます。
「フォルスクラブのおかげで大学に合格しました」
という効果を確認するには、
フォルスクラブを数ヶ月やり続ける必要があると言えます。
その評判を実感するには、
その評判を書いた人と同レベルの経験を積む必要があるのです。

 

 

【まとめ】
フォルスクラブについて何かを言っている口コミ、
評価、レビュー、評判は多いです。
ヤフー知恵袋でも何件か見つかります。
それだけ多くの方が、
フォルスクラブについて
関心を持っているということになります。
フォルスクラブが気になる方は、
ネット上から情報収集するのも良いですが、
実際に手で触れて確認してみましょう。
体験会に参加するのも良いですが、
誰か知人でフォルスクラブを手にした方を
探すのも良いでしょう。

一般的に言われているマルチ商法とフォルスクラブはどのように違うか

【マルチ商法は何故、法で管理されるようになったのか?】
一般的に言われているマルチ商法は犯罪として扱われています。
これは少し不思議なことかもしれません。
と言うのも、本来商売というものは、
誰かが規制・管理するものではないからです。

そもそもその商売が関わるのは「自分」と「相手」です。
これに第三者が関わるのは、ある意味、無駄と言えます。
余計なマージンが掛かってしまうため、
第三者が存在しない方が良い筈なのです。
しかし現実には第三者が関わります。
その理由は「自分が楽をしたいから」と言えなくもないです。

本来、商売というのは決闘のように入念な準備をして戦いに挑むものです。
自身を鍛えることはもちろん、相手の弱点の情報収集も欠かせません。
しかし現代人はそうした労力を支払うことを嫌います。
時にはお金を支払って、誰かに弱点を調べてもらったり、
代理人を立てて代わりに戦ってもらうでしょう。
それが「第三者」です。
決闘調停人とでも言うのでしょうか。
お金を支払って「平等」というのを手にしていると言えます。

そうした平等を維持するために、
商売を規制する概念が誕生しました。
そして、明らかに使用者が有利過ぎる商売方法を
規制する流れとなったのです。
それが連鎖販売取引を主体とするマルチ商法です。
しかし少し考えれば、このマルチ商法に引っかかることは防げます。
しかし今の日本人はその少し考えることも放棄し、
お金で解決しようとします。
日本人はとにかく楽をしたい民族なのです。

 

 

【フォルスクラブはどういった教材なのか?】
フォルスクラブはインターネットを使った通信教材になります。
パソコン、スマホ、タブレットなど、
私たちの生活圏内には様々なネットワーク機種がありますよね。
そういったものを使って勉強するのがフォルスクラブの特徴です。

こうした機種を使った勉強はeラーニングと呼ばれます。
eはエレクトロニックを意味し、
パソコンなどのデジタル製品を使った学習スタイルです。
なお、オンラインかどうかは関係ありません。
広義的には電子辞書を使った勉強もeラーニングと呼べるでしょう。
ただし、パソコン経由で印刷した論文をeラーニングと呼ぶかどうかは、
専門家でも意見が分かれるところです。

フォルスクラブは一般的に広まっているeラーニングとは
ちょっと異なる特徴を有しています。
それは複数のコンテンツを搭載させている点です。
大抵の教材は、利用者の学年に合わせた基本五教科だけでしょう。
フォルスクラブも高校生向けeラーニングとして
それくらい搭載させていますが、フォルスクラブは他にも、
幼児向け音感育脳システムや小学生英語アプリ、
恋の英会話など複数のコンテンツを用意しています。
様々な年代の方がフォルスクラブで勉強することが出来るのです。

さらに、フォルスクラブは同時ログインが可能です。
父親、母親、兄、妹、祖母など、
複数の方が同時にフォルスクラブにログインすることが出来ます。
それでいて発生する料金は一律です。
1家族で5アカウントまで支給され、
その5人がどのようにフォルスクラブを扱おうとも、
発生する費用は月額6480円で一律です。
複数のコンテンツを搭載し、家族みんなが出来るのが、
フォルスクラブの他にはない最たる特徴と言えます。

 

 

【フォルスクラブは一般的なマルチ商法とは関係がない】
そんなフォルスクラブですが、
一時期はマルチ商法として騒がれていました。
正確には悪質な販売方法をしていたと非難されていました。
まず最初に言っておきますが、
フォルスクラブはマルチ商法とは一切関係ありません。
正式な意味でのマルチ商法という意味では、
フォルスクラブはマルチ商法の一種ですが、
一般的な意味でのマルチ商法とは一切関係ないのです。
マルチ商法として騒がれるようになったのは、
その商売方法がマルチ商法と似ていたからです。
厳密にはマルチ商法ではなく、
ただの新聞の勧誘に近いものでしたが、
「友人から何かを売りつけられる」というあたりが
マルチ商法と一緒なため、多くの方が
この商売方法をマルチ商法と同じと勘違いしてしまったのです。

仮にフォルスクラブに落度があったとしたら、
販売員に研修をさせなかった点かもしれません。
しっかりと3ヶ月レベルの新人研修をさせれば、
こうはならなかったでしょう。
しかし、販売員はフォルスクラブの正社員ではなく、
ただ興味を持った一般人になります。
2万文字を超える景品表示法の全文を
丸暗記している一般人など居ないでしょう。
フランチャイズのように一般人を販売員にさせると、
悪質なマルチ商法のようなことをしてしまうリスクがあると言えます。

 

 

【おわりに】
商売はとても難しいです。
自分ひとりが独占的に儲けられる手段を考案しても、
第三者によって規制されてしまうことが多いのです。
日本は1947年まで、独占禁止法がありませんでした。
それまでは商人が自由に商売をすることが出来ました。
しかしそれでは損をする方が多くなり、
経済の発展を妨げる恐れがあったのです。
また、管理が絶対悪とも限りません。
特許という概念が成立したことにより、
発明者の権利が不当に害される機会は減ったと言われています。
この特許のシステムのおかげで、発明家たちの多くが、
意欲を失わずに済んでいるとも言えます。

マルチ商法は不幸な方を過度に増やす商売方法なので、
たとえお金を支払ってでもこの方式を管理・制限してもらうことは、
非常に重要と言えます。
本当は国民全員が賢くなれば管理は不要になるのですが、
皆さんそうした経済の勉強よりも
自分の趣味に費やすことに精を出していますので、
やはり管理者は必要と言えます。

一般的に言われているマルチ商品とフォルスクラブはどのように違うか

【マルチ商品とは】
一般的に言われているマルチ商品と、
正式な意味での
マルチ商品が存在します。
前者は顧客に対して
多大な迷惑を与えますが、
後者は普通の商売として
誰にも迷惑を掛けません。
このあたりの線引きが付いていない
一般人が非常に多く、
すべてのマルチ商品を悪と論ずる方が
ほとんどを占めているのです。

「マルチ商品は違法ではなく合法」と言っている方が居たとしたら、
それは正式な意味でのマルチ商品になります。
と言うより、私たちが目にする商品はほぼ全てマルチ商品です。
マルチ商品とは「販売の権利を他社に譲ったもの」となります。
具体的には、生産者である農家は野菜を売る権利をスーパーに委託しているのです。
スーパーやネット通販など、私たちが手に入る商品はみんなマルチ商品なのです。
逆にマルチ商品でないものは、無人野菜販売所くらいでしょう。
そして当たり前に存在するものに、私たち人間は特別な名前を付けません。
誰しも「今日はスーパーでマルチ商品を買ったの」なんて言わないでしょう。
それゆえ、本来の意味でのマルチ商品は完全に死語に近い存在となり、
人々から忘れられてしまったのです。

一般的に言われているマルチ商品はねずみ講に近いものとして使われています。
しかし、ねずみ講はマルチ商品とイコールで結ぶことが出来ません。
マルチ商法の一種にねずみ講が存在するだけなのです。
なぜ日本人が「マルチ商品=ねずみ講」と思うようになったかと言うと、
そのねずみ講を行った会社が、マルチ商法を行っているアメリカの会社から
アイディアを貰ったからになります。
誤解なきように言っておきますが、
そのアメリカの会社が販売していたマルチ商品は超合法で非常に優しい商売方法でした。

しかし、ねずみ講を行った会社はそのアイディアを極悪非道なものに改造し、
多くの被害者を生み出してしまったのです。
そしてアイディアの提供元(むしろ盗用に近い)である
アメリカの会社とシステムが似ていることから、
日本人は「マルチ商品=ねずみ講」と思い、
今でもその印象を持つ方が大多数を占めてしまうようになったのです。
本来存在していたマルチ商品という名前は死語として空席状態だったため、
新しい意味として違法のマルチ商品がその立ち位置をぶんどってしまったのです。
これが「一般的に言われているマルチ商品は違法」のメカニズムになります。

 

【フォルスクラブとは?】
フォルスクラブはeラーニングです。
学校の勉強や英語の勉強を
することが出来る通信教材になります。
フォルスクラブの特徴はいくつかありますが、
まずフォルスクラブは月額制のサービスになります。
携帯電話のように月額6,480円支払うことで、
フォルスクラブを好きなだけやることが出来ます。
ただし、入会金が10,800円
掛かる点にはご注意ください。
学校のような入学金があるため、気軽に中退するのは避けたいところです。
フォルスクラブには休学というシステムもありませんので、その点もご注意ください。
再入学の際に再び、入学金が掛かるかどうかは、フォルスクラブにと言わせてみてください。

 

【マルチ商品とフォルスクラブはどのように違うか】
一般的に言われているマルチ商品と
フォルスクラブはどのように違うのでしょうか?
実は、今のフォルスクラブは正式な意味での
マルチ商品ですらありません。
フォルスクラブを制作している会社から直接、
フォルスクラブを買うことが出来ます。
ただし、昔は卸売業者を挟むこともしていました。
昔のフォルスクラブは、
正式な意味でのマルチ商品としても扱われていたのです。
(もちろん昔も直接買う事は出来ました)

フォルスクラブは一般的に言われている
マルチ商品とは全然違います。
一般的に言われているマルチ商品はねずみ講であり、
無限に商人を増やすというものになります。
要は不幸の手紙です。
「これを受け取ったら5人の人に不幸の手紙を書かないといけない」というのが、
ねずみ講のシステムです。
しかし、人類の数には限りがあります。
まだ不幸の手紙を受け取っていない5人を探すのは、
後半になるにつれて難易度が跳ね上がります。
まさか、同じ人に何通も配る訳にはいきません。
少なくとも、フォルスクラブを2重契約した方は居ないでしょう。
フォルスクラブはひとつあれば十分です。

とりあえず、ねずみ講の特徴であり問題点は「商人を増やす」というものです。
二次下請、三次下請、四次下請、五次下請と無限に増やすことを目的にします。
しかしフォルスクラブは全く増やしません。
一次下請でストップします。
つまりフォルスクラブの販売方法は、死語ともなっている「普通の販売法」なのです。

 

【まとめ】
フォルスクラブは一般的に言われている
マルチ商品ではありません。
それにも関わらず、
フォルスクラブがかなり問題になっていますが、
これはマルチ商品と言うよりも、
別のところが問題になっているからと言えます。
それは押し売りです。
相手が買う気もないのに、
無理やり売りつける販売スタイルが
問題視されているのです。
特に脅迫めいた売りつけ方をしたら、炎上するのも納得と言えます。
素人を販売員にするということは、こういった問題が発生してしまうのです。
マルチ商品の先駆者であるアメリカの会社はそのあたりをちゃんとしたと思われますが、
フォルスクラブは販売の研修を怠ったと言えるかもしれませんね。
フランチャイズはなかなか難しい商売方法だと言えます。