ネズミ講の特徴を知って違いをフォルスクラブから学ぼう

・実は両者は似て非なる物
フォルスクラブに関して調べてみると、ネズミ講と言う言葉等が一緒に出てくる事が珍しくありません。勿論フォルスクラブの件に関してはうわさに過ぎないのですが、そもそも、ネズミとかマルチとか詐欺とか、その違いが良く分からないと言う物も多数存在しています。では、フォルスクラブに関しても噂となっていますが、実際に両者の違いはどういった物なのでしょうか。どちらもそのシステムやイメージから似た様な商法、若しくは同じものととらえられてしまう事も少なくありませんが、実は両者は決して同じものと言うわけではありません。

 

 

・ネズミ講は法律で禁止されている
日本には数多くの法律が有りますが、実はネズミ講自体は無限連鎖防止法で禁止されています。例えば、儲かるビジネスがあると言ってあらたな委員を募り、その人から会員費を請求する仕組みの事ですが、新たな人が入って来なくなってしまうとそのシステム自体が破たんしてしまいます。人間の数は限られており、決して無限ではありません。だからいつまでもどんどん会員を増やしていく事が出来る訳ではないので、どんなに魅力的に見えたとしても、ネズミ講の場合は後から入った会員の人は会員費を回収できないと言う事になってしまうのです。

 

 

・ネズミ講と連鎖販売取引は違う
再販売や委託販売のあっせんをすると言う事から、連鎖販売取引自体はネズミ講と同じように思われてしまう事も少なくありませんが、実は決して同じものではありません。だから、法律でも禁止されているわけではないし、そもそも会員費も払わなくて良いと言う事も少なくありません。あくまでも商品を売買する事で利益を得る事を目的としているからです。つまり商品を売る事が出来る限り、実はこのシステム自体が破たんしてしまう事も無いので、合法と言う扱いになっています。ただしよくネット上で見かける「転売」はNGです。厳密には転売は法律違反ではありませんが、希少商品の市場価格を大幅に狂わしてしまうため、転売をするのも利用(購入)するのもあまり好ましくありません。

 

 

・会員が増えて行く点では似ているけれど、全く違う
両者は会員がどんどん増えて行くと言うことから似た物と考えられてしまいがちですが、実は決して同じものと言う訳ではありません。そのため、法律での扱いも全く違っているのです。とはいえ、同じ様な物として扱われてしまう事も少なくない為、結果的にどちらも同じものとしての認識が広まってしまっていると言っても良いでしょう。しかし両者は決して同じものと言う訳ではなく、あくまでも似て非なる物です。

 

 

フォルスクラブもインターネット上に書かれている口コミ等を見たイメージから、ネズミ講なのではないかと言う評判がたてられてしまっている状態です。そこで実際にフォルスクラブの中を見てみると、決してフォルスクラブはネズミ講でないと言うことが理解していただけるのではないでしょうか。なぜなら、その会員はネズミ算式に増えて行く物ではないからです。だから、フォルスクラブに対して興味がある場合は、ネズミ講でないかと心配してしまって最初から拒絶してしまうのではなく、まずはそのシステムを見てみると言うのも必要な事だと言えます。結構自分の中のイメージでフォルスクラブに関して誤解してしまっていると言う可能性も無いわけではないからです。

 

フォルスクラブと香港市場の関係について

【フォルスクラブと香港市場について】
フォルスクラブは特に香港市場と関わりがあるわけではありません。ただ香港市場で株式を公開するのではないかと噂になったことはあります。また過去にフォルスクラブは会員向けの香港ツアーを企画したことがありましたが、現在では行われていません。過去のツアーでは観光旅行というよりも香港市場で売買されている株式の購入が主な目的であったともされています。香港では株式を購入するのに銀行口座が必要ですが、口座を開設するには直接香港まで行く必要があります。インターネットによる申し込みだけで口座を開設することはできません。香港市場で株式を購入したいと考える会員向けにフォルスクラブは香港ツアーを企画したとされています。また香港市場における株式の売買だけでなく、フォルスクラブの学習コンテンツ用の撮影も兼ねていたという意見も見られます。フォルスクラブは様々な学習コンテツの提供を行っており、一般会員になれば誰でも気軽に利用することができます。

 
【フォルスクラブが提供するサービスとは】
フォルスクラブはインターネットなどの情報技術を活用して様々な学習コンテンツを提供しています。英語学習用の教材も提供されており、コンテンツに利用する映像を撮影を兼ねて過去に香港ツアーが企画されたという説もあります。フォルスクラブは過去に香港ツアーを企画したことがありますが、実際に株式を香港市場で公開しているわけではありません。主なビジネスモデルは会員に対する学習コンテンツの提供です。フォルスクラブは様々な優れた学習コンテンツを提供しています。例えば小学生向けの英語アプリや社会人向けの英会話アプリなどがあります。さらに高校生向けの大学受験対策や社会人向けの資格対策シリーズなどが存在します。幼児向けの音感教育アプリなども評判です。優れた学習コンテンツがインターネットを通して提供されるので、利用者は時間や場所を問わずに学習を進めることができます。インターネットは世界中で利用されているので、事業が拡大すれば香港市場でも株式が公開される可能性があります。情報技術の活用による学習コンテツの提供は、教育の分野に革命をもたらす新しいビジネスモデルです。

 
【フォルスクラブの発展性について】
フォルスクラブは情報技術を活用して優れた学習コンテンツを提供する企業です、現在も多くの利用者を抱えており、今後も登録者数は増加するものと考えられています。日本だけでなく世界中には地域間における学習環境の格差が存在します。フォルスクラブのサービスはインターネットを活用するので、世界中の学習環境に革命をもたらす可能性があります。非常に発展性のあるビジネスモデルです。

 
【世界で必要とされるビジネスモデル】
日本国内では東京や大阪など人口の多い大都市周辺だと優れた学習環境がありますが、それ以外の地方都市では満足できる環境がないケースが見られます。また世界規模で考えた場合にも地域によって学習環境に大きな格差が存在します。インターネットを通して優れた学習コンテンツを提供するフォルスクラブのビジネスモデルは世界中で必要とされています。

 

フォルスクラブはMLMでもMLAでもない新サービス

フォルスクラブはMLMでもMLAでもない新サービスです
最近はMLMでもMLAなどが注目されることがありますが、フォルスクラブのサービスはこれらとも異なる新しいサービスです。インターネットを活用して、教材を提供したり、インターネットテレビなどで学習資料を提供するという事をしていますから、これらとも違う業態でサービスを展開していると考えて良いでしょう。既にMLMやMLAのようなものとは違ったものとなっていると考えられます。ですから、これから大きく成長する可能性を秘めているとも言えるでしょうし、リスクもそれなりにあるという事も言えるわけで、当然これからが勝負となる事は言うまでもありません。

 

 

MLMは違法なビジネスではありません
MLMという言葉を聞くと違法な事をしているかのように考える人もいるかもしれませんが、これは合法なビジネスで、違法のように感じるのは、先入観がそのようにさせているからだという事が言えるのかもしれません。フォルスクラブはこのMLMでもないのですが、時々フォルスクラブをこれと勘違いするという人もいないではありません。新しいこれまでに見たことが無いビジネスモデルがやってくると、まずはこうした疑いがかけられるので、フォルスクラブもそのような疑いがかかる事もあるというだけの事です。理解すると分かりますが、MLMのビジネスモデルはそれなりにしっかりとしたもので、これまでの日本企業のビジネスモデルよりも優れているところも多いと考えて良いでしょう。ですから当然これは合法になるわけです。

 

 

MLAはこれからのビジネスモデルの一つともなりえる
MLAはMLMにアフィリエイトをくっつけたようなもので、これからのビジネスモデルとして個人も考えて良いシステムであります。これからは個人が様々な仕事をしていく事が考えられますから、このようなビジネスモデルで仕事をするという人は当然増えていくと考えられます。フォルスクラブとはまた違ってモノではありますが、インターネットも活用して仕事をして報酬を獲得していく事が出来るという点では、個人が注目すべきところが数多くあるという事が言えるでしょう。アフィリエイトは個人がする仕事としては低コストで出来るという魅力がありますから、敷居が低いという事も魅力となっています。

 

 

フォルスクラブの事業の将来性について
フォルスクラブの将来性は極めて明るいという事が言えるはずです。特にインターネットという最先端武器を使いこなしているという事は大きな意味を持っていて、これから更に多くのシェアを獲得していく事になる事になるでしょう。特に教育という、必ず人が必要とする分野に目をつけているという事は大きな意味があって、この分野でネットの中でシェアを獲得しておけば、今後に紙媒体の事業者が紙媒体から撤退してネットに参入してくるときに、大きな参入障壁として、これらを防ぐという事が出来る魅力は大きなものがあります。