吉田智雄氏がフォルスクラブを創設していなかったら

・フォルスクラブを創業した吉田智雄氏の経歴について
フォルスクラブは吉田智雄氏が代表を務めており、インターネットをプラットフォームにしてeラーニング学習を中高生はもちろん社会人にお提供しています。吉田智雄氏は1963年に大阪府南部の堺市に生まれ、1986年に大阪商業大学を卒業し、自動車販売などを経て通信機器の販売代理店など経て2002年にフォルスクラブを創立し現在に至っています。創業の2002年以来、短時間の間にインターネットを中心に情報革新技術の進展や核心は目覚ましいものがありもはや日常生活を送る上で、情報端末は必要不可欠なインフラのひとつになっています。フォルスクラブは時代の申し子ともいうべき歴史を歩んできましたが、その道のりは平たんなものではありませんでいた。フォルスクラブが現代のオンライン対応の完成を見たのは2007年のことです。今でこそPCやフューチャーフォン・スマートフォンやタブレットなどに対応していますが、それも吉田智雄氏とスタッフのひたむきな努力があってのことです。もちろん順調に進展せず別の経路をたどっていたのかもしれません。

 
・フォルスクラブは新たな学習の形を実現した、吉田智雄氏は教師を目指していたのかも
吉田智雄氏は「教育格差は経済格差の影響を受ける」という信念があります。その思いがどの地域に住んでいても同じ教育レベルでの内容の教育を受けることが適う「教育機会の均衡」という理念にもつながっています。その理念を直接に実現するには教育現場で教鞭をとる方法も想定されるところです。こう考えると吉田智雄氏はあるいは教諭の道を選択していたのかもしれません。

 
・フォルスクラブは人のつながりを通してメンバーを増やす、吉田智雄氏はNPO法人でも設立していたかも
フォルスクラブには単にコンテンツやサービスを利用するだけでなく、新たなメンバーを紹介あっせんする「プレミアムメンバー」という制度を採用しています。人のつながりを通して、会員の拡大と相互の福利をはかっているのはある意味非営利事業にも通じるものがあります。教育とは年齢の如何をとわず将来の選択の幅を広げることを可能にする点で、公益的側面を有しています。こう考えると吉田智雄氏はフォルスクラブを創業していなければ、NPO法人でも設立していたのかもしれません。

 
・フォルスクラブにはライフサポート窓口もある、吉田智雄氏は介護事業会社の代表になっていたのかも
フォルスクラブに入会すると生活上の様々な困りごとについて相談に応じてくれる「ホットラインサービス」が用意されています。日常生活のトラブルからパソコンや健康や介護の相談に至るまで幅広い分野の悩み事に対応しています。事態の状況によっては弁護士や税理士の紹介なども行っていることからも窺えるように、吉田智雄氏の事業の根底には他人のトラブルを無視できない姿勢を見て取ることができます。そこでフォルスクラブを創建していなければ、吉田智雄氏は介護事業などを手掛けていたかもしれません。