フォルスクラブが上場する可能性とそれによってもたらされる影響

【上場は勢いとノリだけでクリアできることもある】
フォルスクラブが上場する可能性は何%くらいでしょうか。
そもそも何をもって100%とするかも謎です。
例えばチャンスの回数。
上場の申請は果たして年間で何回まで許されるのでしょうか?
センター試験みたいに年一回しかチャンスがないのか、
それとも在宅受験のように
毎日受けられるのか気になりませんか。
また日本全国には数万を超える企業があります。
そのうち上場しているのはほんの一握り。
上場できる確率は0.01%以下かもしれませんが、
物事はそんな単純ではありません。
上場の条件がもしも宝くじのような運任せでしたら
そういった確率論で計算することが可能ですが、
上場の審査は非常に公正なものとなります。
例えるなら選挙のようなもの。
選挙で当選するには何かしらの要素が必要であり、
無名の新人が運だけで当選出来る世界ではないのです。
もしかしたら勢いとノリだけで当選することが可能ですが、
実は上場の審査も勢いとノリだけでクリアできることもあります。
公正な様でいて、判断を下すのは人であり、
その審査員に「上場しても良いよ」と思わせることが出来れば、
フォルスクラブは上場することが出来るのです。

 

 

【確率はかなり低い】
しかしフォルスクラブが上場できる確率はかなり低いでしょう。
適当に数値を言いますが、多分5%もありません。
5%なので20回挑戦すれば当選できそうなものですが、
IPO株購入の応募みたいに
そんな気軽に上場申請することは出来ないのです。
書類を準備するのも大変だし、何より申請費が高いです。
どこの企業もお金をドブに捨てることはしません。
勢いとノリだけでクリアできることもありますが、
出来ないことの方が多いのです。
せめて勝率が50%を超えない限り、挑まない方が良いでしょう。
もちろん、そうした勝率は目で分かるものではないので、
いつだって土壇場の勝負になると言えます。

 

 

【契約者数が1000万世帯を超えれば上場は容易】
フォルスクラブが上場する確率を
可能な限り100%にする方法はあります。
ただしその方法はかなり荒唐無稽です。
日本の国債を全て完済する難易度に近いかもしれません。
極端な話、上場の条件は
「恒久的に成長し続けられる」になります。
しかし未来のことは誰にも分かりません。
恒久的に成長し続けられる何かがあると審査員に思わせればOKですが、
そういったことは簡単に思いつきません。
結果自体は思いつきますが、その方法が思いつかないのです。
本当に極論ですが、
フォルスクラブの会員数を毎年200%ずつ増加させることが出来れば、
フォルスクラブは上場できるでしょう。
フォルスクラブの契約者数が1000万世帯を超えれば、
文句なしに上場できます。
しかしそれはかなりの至難。
いくらフォルスクラブが優秀でも、
1000万世帯まで契約数を伸ばすのは難しいです。
誰の目にも明らかな実績を作るのは一筋縄ではいかないのです。

 

 

【フォルスクラブは学力格差を無くす】
もしもフォルスクラブが上場した場合の世界に
与える影響を考えてみましょう。
フォルスクラブが上場したら、
世界から貧困と争いが無くなるでしょうか。
流石にそれは難しいでしょう。
一企業の上場ごときで世界から
貧困と争いを無くすのは至難です。
地球温暖化も石油枯渇問題も原子力問題も
民族問題も解決できないでしょう。
フォルスクラブが出来るのはせいぜい、
世界から学力格差を無くすことくらいです。
別に上場とは関係ありませんが、
フォルスクラブは昔から
教育格差を無くす活動をしています。
具体的には児童養護施設に無料でフォルスクラブを配っています。
サンタクロースみたいな感じです。
上場すればそうした慈善事業の幅を
もっと広げることが出来るかもしれません。
フォルスクラブが上場すれば、
貧困層の大学進学率はかなり上がるかもしれませんよ。

 

 

【上場してお金を集めてビッグなことをする】
企業が上場を目指す理由は、一言でいえば資金集めです。
銀行から借りられるお金には限りがあり、
行える事業にも制限があります。
もしも上場してたくさんのお金を集めることが出来れば、
フォルスクラブはもっと大きなことを出来るようになります。
それこそグローバル展開も夢ではありません。
香港に支社を作ることも可能でしょう。
また、上場はステータスです。
優秀な新卒就活生も集まりやすくなります。
取引先企業も上場を基準にすることもありますよ。
簿記1級みたいな資格のように、
上場というのはそれだけ企業にとって箔が付くのです。

2chに記載されているフォルスクラブの口コミ・評判と実際の相違

【はじめに】
2chに書かれている口コミ・評判と実際の相違を検証するのは難しいです。
なぜなら、2chに書かれている内容の9割が個人の所感だからです。
簡単に言えば「面白い」や「面白くない」といったものになります。
そしてそれが真実かどうかを判断するのは基本的に不可能です。
個人の感想であり、万人に対する心理ではないのです。
たとえ「全米が泣いた」と2chで書かれていても、
それを見たアナタだけは泣かないかもしれませんよ。
相違が検証できるのは、機能とか内容だけと言えそうです。

 

【フォルスクラブはボリュームがある】
2chで割と多く見つかるフォルスクラブの口コミに
「量が多い」「ボリュームがある」といったものがあります。
フォルスクラブは複数のコンテンツが
搭載されている通信教材ですが、
恐らくこれはひとつの
コンテンツだけを言っていると思われます。
フォルスクラブの高校生向けeラーニングは
基本5教科すべてが揃っており、
毎日コツコツやる前提でカリキュラムが組まれています。
1日5~10分くらいだとしても、5教科で25~50分となります。
それを毎日欠かさずするのは意外と大変です。
部活で疲れた日には直ぐにベッドで熟睡したいと誰もが思うでしょう。
そして2chの口コミを見てみると、何度も復習していることが何人も見つかります。
50分を2セットやったら100分です。
隙間時間を効率良く使わないと、
フォルスクラブを使い切るのは難しいかもしれませんね。
とりあえず「フォルスクラブはボリュームがある」は真実と言えそうです。

 

【フォルスクラブはマルチではない】
フォルスクラブはマルチなのかといった口コミが2chでありました。
マルチ商法やねずみ講、無限連鎖講のことですが、
フォルスクラブがそういったものと思っている方は意外といるみたいです。
結論を先に言いますが、フォルスクラブはマルチではありません。
普通にネットから申し込みをして、普通に銀行振り込みで支払います。
フォルスクラブを販売するお仕事など一切しません。
「フォルスクラブはマルチ」というのは虚実と言えるでしょう。

 

【電子書籍は忘れられる?】
昔の2chの口コミもいくつか見つかります。
それこそフォルスクラブの初期(2002年くらい)の
口コミもあります。
最早初期過ぎて、
今のフォルスクラブとは全く異なると言えます。
その2chの口コミによると
「電子書籍なので、いずれ忘れられてしまうかも」
と書かれていました。
21世紀初頭は電子書籍の概念自体流行っておらず、
消えて行くブームのように扱われていたかもしれません。
しかし電子書籍はご存知のように
今の主流に食い込むほどまで使われるようになりました。
まだ紙媒体が主流ですが、学校の授業にタブレットを
導入しているところは年を追うごとに増加していますよ。
エヴァンゲリオンの世界のように、
パソコンが机と一体化しているのが普通になるかもしれませんよ。
「電子書籍は消えて行く」という2chの口コミ(予言)は外れたということになります。

 

【フォルスクラブは情報が少ない?】
判断が難しい2chの口コミは意外と多いです。
フォルスクラブは14年の歴史があるため、
年度によってはあまり勉強に向かない時もありました。
初期のフォルスクラブは非オンラインであり、
また教材も小・中学生向けeラーニングだけでした。
「フォルスクラブは情報が少ない」という2chの口コミは、
この時期を差すのでしたら真実でしょう。
しかし2017年現在のフォルスクラブは多様です。
幼児向け、イグモン、恋の英会話、ライフサポートなど
コンテンツが充実しすぎてどれをやればいいか迷っていますほど。
少なくとも今のフォルスクラブを見て「情報が少ない」と思う人は居ないでしょう。
2chの口コミを書きこんだ時期によっては、真にも嘘にもなってしまうのです。

 

【なにごとも鮮度が大事】
2chに書かれていることの9割は個人の感想です。
そういったものの真贋を見極めるのは
基本的に不可能になります。
しかし残りの1割に書かれている機能の部分は
真実かどうかを判断出来ます。
とりあえず、その2chの書き込みの日付が新しければ、
真実と思って良いでしょう。
こういった教材は日々バージョンアップしていきますので、
去年書き込まれた内容が
全く参考にならないことは非常に多いですよ。
下手したら3ヶ月前で「古い」と言われることも。
2chで情報収集する場合は、
常に最新の掲示板から情報を仕入れるようにしましょう。
でもあんまり新しすぎるとネタバレになることも。
覗く掲示板の種類には気を付けましょう。

ネット上にあるフォルスクラブの口コミにはどういうものがあるか

【はじめに】
公式サイトにはフォルスクラブの口コミがいくつか投稿されています。
イグモン、手話講座、大学入試対策講座などなど、
様々なフォルスクラブの体験談および感想が記載されています。
中には「プレイヤー:子供  口コミを書いた人:親」というのもあります。
小中学生は口コミの閲覧すらしませんので、
こういった形式は珍しくないかもしれませんね。

 

【手話講座】
個別に見てみましょう。
まずはフォルスクラブの手話講座。
書きこんだのはフォルスクラブを
している親本人ですが、
その手話をはじめた契機は子供になります。
子供が学校で手話を習っていて、
それに影響を受けてフォルスクラブを始めたと
その口コミにて書かれていました。
初心者でも分かりやすく、
ゆっくり丁寧に動画で学べるとのこと。
フォルスクラブの特徴が
しっかりと記載されていますので、
これは良い口コミと言えます。
口コミの中には語彙力が消失したものが多々あり、
「尊い・・・」だけで終わるものも珍しくありません。
しかしそれだけでは読み手には決して伝わりません。
左右反転モードがあり、字幕のオンオフ機能があるなど、
フォルスクラブの手話講座がどういったものか書いてあると、
読む方も内容を理解しやすいと言えます。
口コミの中には説明口調のものがありますが、
そうした口コミの方が読みやすいこともあるのです。
「すごーい、たのしー」だけで相手を沼に引きずり込むのは難しいでしょう。

 

【相続診断資格】
口コミに限らず、優秀な文章というのは
起承転結(転は無い場合もある)にて書かれています。
「はじめた動機」「どうしたか」
「それで何を得たか」といったことが
論理的に書かれている文章は非常に読みやすいです。
そのフォルスクラブの口コミでは
しっかりと相続診断士の資格を
勉強する動機が書かれています。
将来に不安を覚えてフォルスクラブで備える方は
決して少なくないでしょう。
また、スマホで場所を問わずに勉強できるといったポイントも書かれています。
家族が将来抱えそうだった問題点を見つけることが出来たとも記載されていました。
こういったことは他人事ではありませんので、
このフォルスクラブの口コミを読んで相続診断士の資格の
勉強を始める方は意外と多いかもしれませんね。

 

【大学入試対策講座】
そのフォルスクラブの口コミによると、
2年前から子供にフォルスクラブをやらせていたことが分かります。
このフォルスクラブの口コミが何年前のものか不明ですが、
フォルスクラブの大学入試対策講座は2008年からあります。
10年以上の蓄積があり、
そのコンテンツのノウハウはかなり充実していると言えるでしょう。
大学受験と聞くと高3から始める方は多いかもしれませんが、
この口コミのように高1から備えることは珍しくありません。
むしろ受験対策と思わない方が良いかもしれませんね。
学校の授業と大学の試験は決して別々ではなく、
学校の授業の延長線上に大学の試験が存在していることが多いです。
地理や生物といった科目はちょっと特殊ですが、
フォルスクラブで学んだ国語・数学・英語の知識は
どこの大学の入試でも確実に使えるでしょう。
フォルスクラブの大学入試対策講座と併せて
高校生向けeラーニングで毎日コツコツ勉強すれば、
隙も無くなるということです。
早慶マーチ国立だって目指せますよ。

 

【ライフサポート】
勉強だけがフォルスクラブの特徴ではありません。
主婦で最も身近に感じるのは
ライフサポートかもしれませんよ。
このコンテンツは勉強のためではなく、
生活全般を助けるものになります。
ブレーカーが落ちた、窓ガラスが割れてしまった、
水が出ない、ガス漏れなどなど。
そういった日常的に使っている何かが壊れた時に
フォルスクラブに助けてもらうことが出来るのです。
このフォルスクラブの口コミのように
冷蔵庫と固定電話のところに
電話帳の番号を控えておくのがベストだと思いますよ。

 

【総括】
口コミは色々なことが分かります。
中には「楽しかった」「勉強になった」といった
個人の感想だけしか書かれていない口コミもあります。
しかし探せば、実際に体験した方にしか
分からないことが書かれていることもあります。
公式サイトの商品説明と同時に、
こうした口コミで情報収集をすれば
その商品がどういったものか何となく分かるというものです。
皆さんも是非、フォルスクラブの口コミをチェックしてみてください。
公式サイト以外から情報収集するのもアリですよ。
個人のブログもいくつか見つかります。
昔のフォルスクラブはコインが貯まるの知っていましたか。

どういったフォルスクラブの評判があるか調べてみよう

【人が評判を調べる理由】
人間は他者によって存在を認められて、
初めて人間として扱われます。
それゆえ、自身の評判を気にする方は非常に多いと言えます。
もしも自身の評判を一切気にしていない方が居たとしたら、
それはサトリを開いているからかもしれません。
最澄や空海のように、新しい宗教を開けそうです。

商品に対する評判についても、人は知りたいものです。
自分が思っている意見と、他人が思っている意見を比べて、
本当に自分の意見は正しいのか確認したくなるのが人間です。
人間というのは、周りの環境に適応・適合することを求める生き物であり、
他人が感じている世界と一緒になりたい願望を隠し持っているのです。

段々話が小難しくなってきましたが、
要はネット上で他人が下した評価を調べることはとても有用と言えます。
自分の精神を安定させることに使えますし、
そのアイディアを自身の役に立たせることも可能です。
今日の夕飯を作るのにクックパッドを参考にしている主婦は
非常に多いでしょう。
映画を見る前に、
どこかの掲示板でその映画の評価・評判を確認する方も多そうです。
良い評判があれば、悪い評判も見つかるでしょう。
それをどのように扱うかは個人の自由であり、
その評判を鵜呑みにする方がいれば、
猜疑心を抱いて真実を確認しに行く方も居るでしょう。

 

 

【フォルスクラブとはなにか?】
勉強する手段はいくつかありますが、
その方法は大別することが可能です。
学校で勉強する、塾に通う、本を買うなどなど。
ネットで情報収集もまた勉強と言えます。
そしてフォルスクラブはネットを使った勉強法です。
今やフォルスクラブのようなeラーニングは、
塾に通う勉強スタイルに肉薄するほど、需要が高まっています。
それどころか、塾がeラーニングを導入している程です。
フォルスクラブはそうした塾とは違い、
場所を問わず勉強することが可能な通信教材です。
電波が通っている場所が条件ですが、
今の日本で電波がないところを探す方が難しいかもしれません。
富士山の山頂ですら、3キャリアのLTEエリア化は完了しています。
沖縄本島から400kmも離れた離島にも電波はあり、事実上、
日本のどこに居てもフォルスクラブで勉強することが出来そうです。

フォルスクラブの特徴はいくつかあります。
既にこのブログで散々言ってきたことですが、
フォルスクラブは多人数型のマルチ教材です。
基本的には1人用の勉強ツールですが、
家族みんなの年齢に合わせたコンテンツを用意しているのが、
フォルスクラブの売りになります。
おじいちゃん、おばあちゃんもフォルスクラブで勉強するのも良いでしょう。
英語はどの年齢になっても使いますし、
さらに相続診断士は人生で必ず使うと言っても過言ではないスキルです。
一家に一台はフォルスクラブがあると便利と言えます。
でも、一家に二台は要りませんね。
6人以上の大家族でしたら必要かもしれませんが、
通常はフォルスクラブが1つあれば十分となります。

 

 

【フォルスクラブの評判が気になる】
フォルスクラブの評判を気にしている方は多いでしょう。
入会金1万とんで800円、そして月額費が6,480円掛かります。
1週間体験プランもありませんので、
入会に慎重となるのは自然なことと言えます。
そこで評判を調べます。
フォルスクラブを体感した方々は、この通信教材をどのように扱い、
そしてどのような想いを抱いたかをネット上から調べることが出来ます。
「楽しく学べる」「生活の救世主です」といった評判が見つかると思いますよ。
もちろん、酷評しているものも同時に見つかるのが、ネット上の評判の世界です。

ただし猜疑心が強い方はあまりネットの評判を信じません。
そこで自分でその商品を確かめます。
回数は少ないですが、フォルスクラブは体験会というのを開いています。
デパートのテナントを1日借りて、
そこで市民の皆さんにフォルスクラブを体験してもらいました。
評判を自分で確認したい方は、こうした無料体験会には積極的に参加しましょう。
本社まで行けば、もしかしたら体験させてくれるかもしれませんね。
来客待機スペースとかで、
そういったものを体験できるコーナーを用意している企業は意外と多く、
もしかしたらフォルスクラブも置いてあるかもしれませんよ。

とは言っても、たった1日で分かることは少ないです。
特に勉強の効果は無きに等しいと言えます。
「フォルスクラブのおかげで大学に合格しました」
という効果を確認するには、
フォルスクラブを数ヶ月やり続ける必要があると言えます。
その評判を実感するには、
その評判を書いた人と同レベルの経験を積む必要があるのです。

 

 

【まとめ】
フォルスクラブについて何かを言っている口コミ、
評価、レビュー、評判は多いです。
ヤフー知恵袋でも何件か見つかります。
それだけ多くの方が、
フォルスクラブについて
関心を持っているということになります。
フォルスクラブが気になる方は、
ネット上から情報収集するのも良いですが、
実際に手で触れて確認してみましょう。
体験会に参加するのも良いですが、
誰か知人でフォルスクラブを手にした方を
探すのも良いでしょう。

一般的に言われているマルチ商法とフォルスクラブはどのように違うか

【マルチ商法は何故、法で管理されるようになったのか?】
一般的に言われているマルチ商法は犯罪として扱われています。
これは少し不思議なことかもしれません。
と言うのも、本来商売というものは、
誰かが規制・管理するものではないからです。

そもそもその商売が関わるのは「自分」と「相手」です。
これに第三者が関わるのは、ある意味、無駄と言えます。
余計なマージンが掛かってしまうため、
第三者が存在しない方が良い筈なのです。
しかし現実には第三者が関わります。
その理由は「自分が楽をしたいから」と言えなくもないです。

本来、商売というのは決闘のように入念な準備をして戦いに挑むものです。
自身を鍛えることはもちろん、相手の弱点の情報収集も欠かせません。
しかし現代人はそうした労力を支払うことを嫌います。
時にはお金を支払って、誰かに弱点を調べてもらったり、
代理人を立てて代わりに戦ってもらうでしょう。
それが「第三者」です。
決闘調停人とでも言うのでしょうか。
お金を支払って「平等」というのを手にしていると言えます。

そうした平等を維持するために、
商売を規制する概念が誕生しました。
そして、明らかに使用者が有利過ぎる商売方法を
規制する流れとなったのです。
それが連鎖販売取引を主体とするマルチ商法です。
しかし少し考えれば、このマルチ商法に引っかかることは防げます。
しかし今の日本人はその少し考えることも放棄し、
お金で解決しようとします。
日本人はとにかく楽をしたい民族なのです。

 

 

【フォルスクラブはどういった教材なのか?】
フォルスクラブはインターネットを使った通信教材になります。
パソコン、スマホ、タブレットなど、
私たちの生活圏内には様々なネットワーク機種がありますよね。
そういったものを使って勉強するのがフォルスクラブの特徴です。

こうした機種を使った勉強はeラーニングと呼ばれます。
eはエレクトロニックを意味し、
パソコンなどのデジタル製品を使った学習スタイルです。
なお、オンラインかどうかは関係ありません。
広義的には電子辞書を使った勉強もeラーニングと呼べるでしょう。
ただし、パソコン経由で印刷した論文をeラーニングと呼ぶかどうかは、
専門家でも意見が分かれるところです。

フォルスクラブは一般的に広まっているeラーニングとは
ちょっと異なる特徴を有しています。
それは複数のコンテンツを搭載させている点です。
大抵の教材は、利用者の学年に合わせた基本五教科だけでしょう。
フォルスクラブも高校生向けeラーニングとして
それくらい搭載させていますが、フォルスクラブは他にも、
幼児向け音感育脳システムや小学生英語アプリ、
恋の英会話など複数のコンテンツを用意しています。
様々な年代の方がフォルスクラブで勉強することが出来るのです。

さらに、フォルスクラブは同時ログインが可能です。
父親、母親、兄、妹、祖母など、
複数の方が同時にフォルスクラブにログインすることが出来ます。
それでいて発生する料金は一律です。
1家族で5アカウントまで支給され、
その5人がどのようにフォルスクラブを扱おうとも、
発生する費用は月額6480円で一律です。
複数のコンテンツを搭載し、家族みんなが出来るのが、
フォルスクラブの他にはない最たる特徴と言えます。

 

 

【フォルスクラブは一般的なマルチ商法とは関係がない】
そんなフォルスクラブですが、
一時期はマルチ商法として騒がれていました。
正確には悪質な販売方法をしていたと非難されていました。
まず最初に言っておきますが、
フォルスクラブはマルチ商法とは一切関係ありません。
正式な意味でのマルチ商法という意味では、
フォルスクラブはマルチ商法の一種ですが、
一般的な意味でのマルチ商法とは一切関係ないのです。
マルチ商法として騒がれるようになったのは、
その商売方法がマルチ商法と似ていたからです。
厳密にはマルチ商法ではなく、
ただの新聞の勧誘に近いものでしたが、
「友人から何かを売りつけられる」というあたりが
マルチ商法と一緒なため、多くの方が
この商売方法をマルチ商法と同じと勘違いしてしまったのです。

仮にフォルスクラブに落度があったとしたら、
販売員に研修をさせなかった点かもしれません。
しっかりと3ヶ月レベルの新人研修をさせれば、
こうはならなかったでしょう。
しかし、販売員はフォルスクラブの正社員ではなく、
ただ興味を持った一般人になります。
2万文字を超える景品表示法の全文を
丸暗記している一般人など居ないでしょう。
フランチャイズのように一般人を販売員にさせると、
悪質なマルチ商法のようなことをしてしまうリスクがあると言えます。

 

 

【おわりに】
商売はとても難しいです。
自分ひとりが独占的に儲けられる手段を考案しても、
第三者によって規制されてしまうことが多いのです。
日本は1947年まで、独占禁止法がありませんでした。
それまでは商人が自由に商売をすることが出来ました。
しかしそれでは損をする方が多くなり、
経済の発展を妨げる恐れがあったのです。
また、管理が絶対悪とも限りません。
特許という概念が成立したことにより、
発明者の権利が不当に害される機会は減ったと言われています。
この特許のシステムのおかげで、発明家たちの多くが、
意欲を失わずに済んでいるとも言えます。

マルチ商法は不幸な方を過度に増やす商売方法なので、
たとえお金を支払ってでもこの方式を管理・制限してもらうことは、
非常に重要と言えます。
本当は国民全員が賢くなれば管理は不要になるのですが、
皆さんそうした経済の勉強よりも
自分の趣味に費やすことに精を出していますので、
やはり管理者は必要と言えます。

一般的に言われているマルチ商品とフォルスクラブはどのように違うか

【マルチ商品とは】
一般的に言われているマルチ商品と、
正式な意味での
マルチ商品が存在します。
前者は顧客に対して
多大な迷惑を与えますが、
後者は普通の商売として
誰にも迷惑を掛けません。
このあたりの線引きが付いていない
一般人が非常に多く、
すべてのマルチ商品を悪と論ずる方が
ほとんどを占めているのです。

「マルチ商品は違法ではなく合法」と言っている方が居たとしたら、
それは正式な意味でのマルチ商品になります。
と言うより、私たちが目にする商品はほぼ全てマルチ商品です。
マルチ商品とは「販売の権利を他社に譲ったもの」となります。
具体的には、生産者である農家は野菜を売る権利をスーパーに委託しているのです。
スーパーやネット通販など、私たちが手に入る商品はみんなマルチ商品なのです。
逆にマルチ商品でないものは、無人野菜販売所くらいでしょう。
そして当たり前に存在するものに、私たち人間は特別な名前を付けません。
誰しも「今日はスーパーでマルチ商品を買ったの」なんて言わないでしょう。
それゆえ、本来の意味でのマルチ商品は完全に死語に近い存在となり、
人々から忘れられてしまったのです。

一般的に言われているマルチ商品はねずみ講に近いものとして使われています。
しかし、ねずみ講はマルチ商品とイコールで結ぶことが出来ません。
マルチ商法の一種にねずみ講が存在するだけなのです。
なぜ日本人が「マルチ商品=ねずみ講」と思うようになったかと言うと、
そのねずみ講を行った会社が、マルチ商法を行っているアメリカの会社から
アイディアを貰ったからになります。
誤解なきように言っておきますが、
そのアメリカの会社が販売していたマルチ商品は超合法で非常に優しい商売方法でした。

しかし、ねずみ講を行った会社はそのアイディアを極悪非道なものに改造し、
多くの被害者を生み出してしまったのです。
そしてアイディアの提供元(むしろ盗用に近い)である
アメリカの会社とシステムが似ていることから、
日本人は「マルチ商品=ねずみ講」と思い、
今でもその印象を持つ方が大多数を占めてしまうようになったのです。
本来存在していたマルチ商品という名前は死語として空席状態だったため、
新しい意味として違法のマルチ商品がその立ち位置をぶんどってしまったのです。
これが「一般的に言われているマルチ商品は違法」のメカニズムになります。

 

【フォルスクラブとは?】
フォルスクラブはeラーニングです。
学校の勉強や英語の勉強を
することが出来る通信教材になります。
フォルスクラブの特徴はいくつかありますが、
まずフォルスクラブは月額制のサービスになります。
携帯電話のように月額6,480円支払うことで、
フォルスクラブを好きなだけやることが出来ます。
ただし、入会金が10,800円
掛かる点にはご注意ください。
学校のような入学金があるため、気軽に中退するのは避けたいところです。
フォルスクラブには休学というシステムもありませんので、その点もご注意ください。
再入学の際に再び、入学金が掛かるかどうかは、フォルスクラブにと言わせてみてください。

 

【マルチ商品とフォルスクラブはどのように違うか】
一般的に言われているマルチ商品と
フォルスクラブはどのように違うのでしょうか?
実は、今のフォルスクラブは正式な意味での
マルチ商品ですらありません。
フォルスクラブを制作している会社から直接、
フォルスクラブを買うことが出来ます。
ただし、昔は卸売業者を挟むこともしていました。
昔のフォルスクラブは、
正式な意味でのマルチ商品としても扱われていたのです。
(もちろん昔も直接買う事は出来ました)

フォルスクラブは一般的に言われている
マルチ商品とは全然違います。
一般的に言われているマルチ商品はねずみ講であり、
無限に商人を増やすというものになります。
要は不幸の手紙です。
「これを受け取ったら5人の人に不幸の手紙を書かないといけない」というのが、
ねずみ講のシステムです。
しかし、人類の数には限りがあります。
まだ不幸の手紙を受け取っていない5人を探すのは、
後半になるにつれて難易度が跳ね上がります。
まさか、同じ人に何通も配る訳にはいきません。
少なくとも、フォルスクラブを2重契約した方は居ないでしょう。
フォルスクラブはひとつあれば十分です。

とりあえず、ねずみ講の特徴であり問題点は「商人を増やす」というものです。
二次下請、三次下請、四次下請、五次下請と無限に増やすことを目的にします。
しかしフォルスクラブは全く増やしません。
一次下請でストップします。
つまりフォルスクラブの販売方法は、死語ともなっている「普通の販売法」なのです。

 

【まとめ】
フォルスクラブは一般的に言われている
マルチ商品ではありません。
それにも関わらず、
フォルスクラブがかなり問題になっていますが、
これはマルチ商品と言うよりも、
別のところが問題になっているからと言えます。
それは押し売りです。
相手が買う気もないのに、
無理やり売りつける販売スタイルが
問題視されているのです。
特に脅迫めいた売りつけ方をしたら、炎上するのも納得と言えます。
素人を販売員にするということは、こういった問題が発生してしまうのです。
マルチ商品の先駆者であるアメリカの会社はそのあたりをちゃんとしたと思われますが、
フォルスクラブは販売の研修を怠ったと言えるかもしれませんね。
フランチャイズはなかなか難しい商売方法だと言えます。

フォルスクラブにTQE対策用アプリが出来たとしたら

翻訳の仕事をする場合、特別な資格は要りません。
英語の語彙力、和訳表現力などが必要ですが、
そうしたものの良し悪しを測る指標は少ないです。
普通自動車運転免許証のようなものがあれば良いのですが、
そうした公的に認められている資格は存在しません。
そんな中、TQEが注目を集めています。
翻訳家として働くために、
翻訳実務検定を受ける方が最近増えているそうです。

もしもフォルスクラブでTQEの勉強ができたらどうでしょうか?
フォルスクラブは英語の勉強に特化したコンテンツが揃って居ますので、
TQE対策の講座も作成できるかもしれません。
また、英語技能検定は数十種類ありますが、
TQEはフォルスクラブで勉強しやすい特徴があります。

 

まず、フォルスクラブの特徴ですが、
これはパソコンやスマホ、タブレットを使ったEラーニングになります。
教材をそれらのツールにインストールして、
それらの機械に向かってひとりで勉強します。
塾や学校と違って、
自分の好きな時に勉強できるのがフォルスクラブの利点です。
ただし、フォルスクラブでは英会話のトレーニングが出来ません。
そうした生きた英語を学ぶには、やはり人間の存在が必要不可欠になります。
英会話チャットや英会話喫茶などに通わないと、
英会話能力を鍛えるのは難しいと考えます。

ただし、TQEは英会話能力を測りません。
受験者が相対するのは英語の文章であり、
リーディング能力ライティング能力に優れていればいいのです。
また、TQEはパソコンから受験します。
インターネットさえあれば、どこでも受験出来ます。
実務検定とも言われていますので、
実際の仕事に近い状況でTQEは試験を行うのです。
翻訳家の仕事は紙が届くのではなく、
PDFファイルやワードなどで依頼が来ます。
印刷しても構いませんが、
入力作業は当然、パソコンに打ち込むことになります。
翻訳能力のほか、タイピング技能も必要となるでしょう。
なお、辞書の使用もOKです。
もちろん、ネットの翻訳ソフトを使用しても大丈夫ですが、
そうした翻訳ソフトはTQEに合格できるほど優秀ではありませんので、
ご注意ください。
プロならA4の要旨4枚を1時間で翻訳しきるみたいですよ。

そうしたことから、
パソコンを主体に勉強するフォルスクラブはTQEに有利なのです。
フォルスクラブで翻訳家クラスの
英語能力を身に付けるのは非常に大変ですが、
数年近く英語漬けの生活を送れば、
プロレベルの翻訳力を身に付けられるかもしれませんよ。
なお、英語力のほか、和訳時の表現力も必須なので、
日本語についても勉強することをお忘れずに。
そのあたりもフォルスクラブで勉強できたら嬉しいですよね。

フォルスクラブにTEP TEST対策用アプリが出来たとしたら

TEP TESTの正式名称は
「早稲田大学-ミシガン大学 テクニカルライティング英語検定試験」
と言います。
日本にはTOEFL、BULATS、IELTS、PTE、CASEC、TSST、GTEC、
TOBIS、CPT、BATIC、CBSなど実に数十もの英語技能検定がありますが、
TEP TESTの特徴は論文やE-mail などの通信文を英語で
正確に書ける能力を測る点にあると言えます。
名称に早稲田とミシガンがある通り、
大学論文を書くのに必要な英語力を見るテストと言えそうです。
契約書や提案書も英語で書けるようにならないと、
海外で働くのは夢のまた夢と言えそうです。

TEP TESTは1~4級の4ステップに分かれています。
フォルスクラブでTEP TESTの勉強をする場合、
まずは一番簡単な4級合格を目指したいです。
4級は実社会で使う英語の基礎能力を見ますので、
そこまで難しい英語力や実務遂行技術は不要と言えます。
ただし4級程度では実務レベルの英語文書を作成することが出来ませんので、
フォルスクラブで更なる勉学に励みたいところです。
1級レベルともなれば、外国人が作成した文章を添削することも出来るようになりますよ。
1級にもなれば、即戦力として活躍出来るでしょう。

TEP TESTの試験会場は4つあります。
東京会場は当然、早稲田大学です。
また、名古屋、大阪、北九州はそれぞれの東京外国語センターにて受験します。
なお、TEP TESTは級位によって受験場所が異なることはなく、
また2種類の級を同時に受験することが可能です。
さすがに3種類の同時受験は時間的に無理でしょう。
1級のみ面接試験もありますので、しっかりと準備をするようお願いします。
ちなみに1級と2級は辞書の持ち込みはOKで、電子辞書すらセーフです。
逆に言えば、そういったものに頼っても合格することが難しい試験なのです。

フォルスクラブでTEP TEST対策をするなら、
英語文章作成能力を重点的に鍛えることになるでしょう。
単語も覚える必要がありますが、
それは既に習得している前提でTEP TEST対策をしたいです。
なのでまずは、TOEICで700点以上の点数は取っておきたいところです。
フォルスクラブは色々と英語の勉強に有用なので、
しっかりとフォルスクラブで基礎英語力を身に付けましょう。

 

基礎的な英語力を身に付けるならば、既存のフォルスクラブで十分です。
しかしフォルスクラブでは高校生レベルの英語力しか身に付けられません。
大学レベルやビジネスレベルで活躍する英語力は、
フォルスクラブはまだ対応していないのです。
勉強の手段はひとつではありませんので、色々な教科書を使うようにしましょう。

フォルスクラブにCBS対策用アプリが出来たとしたら

国際秘書検定、いわゆるCBSという資格があります。
Certified Bilingual Secretaryの略称であり、
CBSはバイリンガルとして活躍できる秘書としての技能を証明するものになります。
このCBSをフォルスクラブで学べるようになるとしたら、どのような中身になるでしょうか?

 
普通の秘書もそれなりに難しい職業ですが、
その国際版はさらにレベルがアップしていると言えます。
ビジネス英語を話せるのはもちろん、電話や来客対応、スケジュール管理、
さらには慶弔に関することも全て対応できるようにならないといけません。
フォルスクラブでCBSを学ぶ場合は、そのあたりを中心になるでしょう。
中身的にはTOEICとそう変わらず、参考書や教科書、問題集、
単語帳の4セットがあれば、しっかりとフォルスクラブで
CBSの勉強をすることが出来そうです。

 
実際の資格試験でもそのあたりが出題されますが、国際秘書として働くならば、
各国の文化も当然のようにマスターしておいた方が良いかもしれません。
特に慶弔に関しては地域ごとに差があります。
香典に包むお金も、地域によってマチマチだと思います。
そのあたりの細かい文化事情もフォルスクラブで学べればいいのですが、
バリエーションが多彩過ぎて、フォルスクラブで学びきれないかもしれません。
その国の出張が決まってから、一夜漬けで調べた方が良いかもしれません。

 
CBSは秘書検定ビジネス英語の2つを合わせたようなものと言えそうです。
プライマリー試験はパート1とパート2に分かれており、
それぞれビジネス実務とビジネス英語を試験します。
瑕疵、去就、暫時くらいの漢字は読めないと合格出来ないでしょう。
ほとんど漢検のようなこともフォルスクラブで学ばないとダメかもしれませんね。
さらに、ファイナル試験ではオフィス業務、経営学、秘書実務、英語の面接と、
色々と厳しい試験を切り抜けないといけません。
プライマリー試験の合格率は50~70%くらいですが、
ファイナル試験は20~30%とかなり低いです。
秘書検定2級を持たないと合格できないと言われています。
当然、プライマリー試験とファイナル試験の
両方に合格しないとCBSの資格はゲットできませんよ。
なお、CBSで必要なのは秘書としての能力なので、
英語力はTOEIC500程度でも合格した方が居るようです。
フォルスクラブでCBSを学ぶなら、秘書としての技能が中心になるでしょう。

 
日本に居ながらにしても、英語を使う機会はかなり増えてきました。
会社によっては海外から電話を取ることは多く、
秘書も英語くらい喋られないと仕事にならないかもしれません。
フォルスクラブで是非とも、国際的に活躍できる秘書の勉強がしたいですね。

フォルスクラブにBATIC対策用アプリが出来たとしたら

会計学を、国際的なビジネスの共通言語である
英語で理解することの出来る人材は重宝されます。
そしてそれを測る検定として
「BATIC(国際会計検定)」というのが存在します。
ちょっと大雑把に説明しますが「英語の簿記」のような感じです。
あと「国際的な会計学の事情」についても、BATICにて問われます。

さて、フォルスクラブでBATICが学べるとしたら、
どのような内容になるのでしょうか?
単純に、簿記の問題をフォルスクラブが英語で出題するだけになるのかも・・・。
それもまた勉強になりますが、
英語のエキスパートでないとかなり難しいかもしれませんね。
恐らく、TOEICで950点以上取れないと、
「英語で書かれた参考書」は理解できないのでは?
フォルスクラブでTOEIC対策が可能ですが、
フォルスクラブで目指せるのは730点までで、それ以上を取るなら、
フォルスクラブ以外の教材が必要となります。
少なくとも、海外の大学の授業を英語で聴いて
理解できるだけの英語力が必要と考えます。

実際のところ、BATIC受験者の5割が、簿記2級保持者です。
海外で通用する会計学の知識を身に付ける前にまずは、
日本で通用する会計学の知識を身に付けるべきかもしれません。
フォルスクラブはまだ簿記を学べるアプリを実装していませんので、
まずはそちらから導入すべきかもしれませんね。
と言うより、BATICは英語力よりも簿記の能力の方が重要な可能性があります。
BATIC受験者のTOEICの点数で見ると、
470~729点が2割、730点以上が3割というデータがあります。
これならフォルスクラブでも十分可能ですね。
そもそもTOEIC自体を受けていない方も居そうです。
しかも英検3級(中3程度)で受験する方が1割も居ました。
BATICはあまり、高等レベルの英語が出題されないのかもしれませんね。

BATICは4段階に分かれています。
マスタークラスから、基本的な会計取引を英語で出来る程度まで分類されており、
帳簿を付ける程度でしたら、上から3番目で十分と言えます。
年度の会計報告をするなら、上から2番目のクラスを取得すべきと言えます。
そして、受験者の半分は上から3番目のクラスに留まります。
実務レベルの上から2番目は1割程度で、最上級のマスタークラスはたったの1%です。
英語が苦手でも、上から3番目までのクラスは取れるかもしれませんね。
BATICはやはり、英語力よりも、会計力が必要なのでしょう。
フォルスクラブで対策するなら英語よりも、そっちの分野を勉強したいところと言えます。