ネズミ講の特徴を知って違いをフォルスクラブから学ぼう

・実は両者は似て非なる物

フォルスクラブに関して調べてみると、ネズミ講と言う言葉等が一緒に出てくる事が珍しくありません。

勿論フォルスクラブの件に関してはうわさに過ぎないのですが、そもそも、ネズミとかマルチとか詐欺とか、その違いが良く分からないと言う物も多数存在しています。

では、フォルスクラブに関しても噂となっていますが、実際に両者の違いはどういった物なのでしょうか。

どちらもそのシステムやイメージから似た様な商法、若しくは同じものととらえられてしまう事も少なくありませんが、実は両者は決して同じものと言うわけではありません。

・ネズミ講は法律で禁止されている

日本には数多くの法律が有りますが、実はネズミ講自体は無限連鎖防止法で禁止されています。

例えば、儲かるビジネスがあると言ってあらたな委員を募り、その人から会員費を請求する仕組みの事ですが、新たな人が入って来なくなってしまうとそのシステム自体が破たんしてしまいます。

人間の数は限られており、決して無限ではありません。

だからいつまでもどんどん会員を増やしていく事が出来る訳ではないので、どんなに魅力的に見えたとしても、ネズミ講の場合は後から入った会員の人は会員費を回収できないと言う事になってしまうのです。

・ネズミ講と連鎖販売取引は違う

再販売や委託販売のあっせんをすると言う事から、連鎖販売取引自体はネズミ講と同じように思われてしまう事も少なくありませんが、実は決して同じものではありません。

だから、法律でも禁止されているわけではないし、そもそも会員費も払わなくて良いと言う事も少なくありません。

あくまでも商品を売買する事で利益を得る事を目的としているからです。

つまり商品を売る事が出来る限り、実はこのシステム自体が破たんしてしまう事も無いので、合法と言う扱いになっています。

ただしよくネット上で見かける「転売」はNGです。

厳密には転売は法律違反ではありませんが、希少商品の市場価格を大幅に狂わしてしまうため、転売をするのも利用(購入)するのもあまり好ましくありません。

・会員が増えて行く点では似ているけれど、全く違う

両者は会員がどんどん増えて行くと言うことから似た物と考えられてしまいがちですが、実は決して同じものと言う訳ではありません。

そのため、法律での扱いも全く違っているのです。

とはいえ、同じ様な物として扱われてしまう事も少なくない為、結果的にどちらも同じものとしての認識が広まってしまっていると言っても良いでしょう。

しかし両者は決して同じものと言う訳ではなく、あくまでも似て非なる物です。

フォルスクラブもインターネット上に書かれている口コミ等を見たイメージから、ネズミ講なのではないかと言う評判がたてられてしまっている状態です。

そこで実際にフォルスクラブの中を見てみると、決してフォルスクラブはネズミ講でないと言うことが理解していただけるのではないでしょうか。

なぜなら、その会員はネズミ算式に増えて行く物ではないからです。

だから、フォルスクラブに対して興味がある場合は、ネズミ講でないかと心配してしまって最初から拒絶してしまうのではなく、まずはそのシステムを見てみると言うのも必要な事だと言えます。

結構自分の中のイメージでフォルスクラブに関して誤解してしまっていると言う可能性も無いわけではないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です