フォルスクラブの特徴とねずみ講と言われる理由

「フォルスクラブとは」

フォルスクラブはパソコンやスマホなどインターネットを使って24時間365日、いつでもどこでも学べる通信教育の教材を提供する会社です。経済格差や地域格差から生まれる教育格差をなくし、すべての子どもたちが平等に学ぶことができることを目指して作られました。また幼児から大人まで活用できる教材が揃っていて、家族のうちの一人が入会をすると家族みんなで学ぶことができるという特徴もあります。

 
「フォルスクラブで提供する教材について」

フォルスクラブの教材には幼児向けの音感育脳システム、小学生のための英語アプリ、高校生向けのeラーニング、大学入試講座、手話講座、資格対策シリーズアプリ、男性向け・女性向けの恋の英会話など子どもから大人まで楽しく学べる教材が揃っています。幼児向け音感育能システムというのは音楽とゲーム。劇作などが一体となり、子どもたちの五感を刺激することで想像力や記憶力を豊かにし、学習への意欲を高めます。小学生向けの英語アプリではRPGゲームを進めていきながら英単語がマスタできるというものです。主人公のキャラクターを動かしながらモンスターと英単語対決をし、正解すればモンスターにダメージを与えて倒すというもので、モンスターを集めたりクリアを目指すなど、楽しみながら英単語が学べます。これらのように楽しく学べる教材を提供しているのです。

 
「フォルスクラブに入会方法や料金について」

入会申し込みはフォルスクラブのホームページから行うことができます。住所や氏名、メールアドレスなどを入力し、クレジットカードか口座振替か、入会金と月会費の支払い方法を選択します。登録が完了するとメールか郵送でIDが送られてきて、初回認証とパスワードを登録後利用することができます。入会金は税抜きで1万円、月会費は6000円です。月会費は登録月は無料で翌月分からの支払いとなります。一人が登録すると家族5人まで利用が可能で、5人までならどのコンテンツを利用しても、コンテンツごとの料金を支払う必要はなく月会費のみで利用できるという特徴があります。

 
「フォルスクラブはねずみ講か」

このようなシステムでフォルスクラブは運営され、入会者数を増やしていっているのですが、よくフォルスクラブはねずみ講だといわれることがあります。ねずみ講とは入会者が増えるごとに直接営業や勧誘にかかわっていない上層部にもお金が入るという仕組みになり、下部にどんどん会員を増やしていくのですが、儲かるのは上層部だけというデメリットを持つ構造になっているものです。フォルスクラブはそのようなシステムではなく、ねずみ講のように会員になると勧誘をしなければいけないこともありません。またねずみ講なら教材一つにしても高い費用を課して徴収をするものですが、1万円の入会金と6000円の月会費のみで家族5人が利用できるという低価格で上質のサービスを提供しているフォルスクラブがねずみ講からは遠い存在といえるのです。それでもねずみ講と言われたのは一般の人を販売員にし、会員を増やすと出来高制のように給与が支払われていた過去があり、それをマルチ商法と見なされていたからということが言えます。しかもマルチ商法といっても合法なので法律に違反するわけでもなくねずみ講というものでもありませんでした。それは過去のことであり、現在はそのような商法は行っていません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です