フォルスクラブで正しいMLMをする方法

【フォルスクラブはMLMではない】
フォルスクラブはMLMで売っていません。
今も昔もフォルスクラブはMLMをやっていません。

さて、MLMはあまり耳にしない言葉でしょう。
ですが、ねずみ講やマルチ、連鎖取引と言い換えれば
多くの方が理解してくれると思います。
MLMの正式名称はマルチ・レベル・マーケティングと言い、
海外では当たり前の商売方法として高い人気を誇ります。
もちろん海外のMLMは違法ではありません。
MLMが違法だと感じるのは、日本の商売方法にあったと言えます。

 

【バイナリーシステムと友情】
日本でMLMがダメだった理由は大きく分けて2つあります。
ひとつはバイナリーシステムを採用してしまったこと。
もうひとつは商売方法を間違えてしまったことです。
バイナリーシステムを簡単に言えば、
ピラミッドの上の層だけが設けられるシステムになります。
ねずみ講のように下の方から
利益を吸い上げるイメージで問題ありません。
上の層は裕福になり、下の層は貧乏になる。
中世ヨーロッパの貴族社会のような感じですね。
なお、フォルスクラブはバイナリーシステムを採用していなかったからこそ、
フォルスクラブはMLMではないのです。

そもそもバイナリーシステムだけでしたらここまでMLMは問題視されませんでした。
理由は簡単で、そのピラミッドに入らなければいいだけです。
儲からないのが最初から分かりきっていますので、誰もMLMをしないのです。
しかし日本のMLMが最も怖いところは、そのピラミッドに入るのが強制なところ。
言い換えるならば、人質を取られているのです。
「お前が入会しないと、こいつがどうなってもいいのか」
といったことが横行していたのです。
実際には人間の人質はおらず、代わりに友情が天秤に掛けられました。
日本人は非常に義理堅く、和を尊ぶ民族になりますので、
損することが分かっても手を差し伸べてしまいがちになるのです。
MLMが社会問題にまで発展したのは、
そうした日本特有の弱みに付け込んだからだと言えます。
余談ですが、MLM本場のアメリカはストレートに見捨てます。
友情を人質に取ったら、普通に友情を見捨てるだけです。

 

【研修すればフォルスクラブは売れる】
バイナリーシステムをやめて、
友情を人質に取らなければ
MLMは非常に優しい商売方法です。
その方法でしたらフォルスクラブもMLMすることが出来ます。
具体的には販売員に
しっかりと販売の研修をさせるべきでしょう。
3ヶ月くらいみっちり研修のイロハを叩きこめば、
プロの営業マンとして活躍すること間違いなし。
あとは市場調査をして、
フォルスクラブを欲しがる方に適切に売り込むだけです。
と言っても、研修はそんな簡単ではありませんし、
市場調査もかなりのコストが掛かります。
実際にこの方法でフォルスクラブの営業をしたら確実に大赤字でしょう。
むしろやるだけ損をすると思った方が良いです。
それゆえフォルスクラブはMLMで売りませせん。
公式サイトにフォルスクラブの商品を紹介するだけで、
特にこれといった宣伝を打ち出していません。
あとは自然な口コミでフォルスクラブが広がるのを
座して待っている状態となります。

 

【海外はしっかりと教育させています】
海外のMLMが成功している理由は、
バイナリーシステムを採用しつつ、
ピラミッドの下の層もしっかりと教育しているからです。
日本だと上の者は下を一切顧みないですが、
海外だと自分の下のものをしっかりと一人前の営業マンへと
育てる必要があるのです。
きっと育てて初めて収入があるのでしょう。
責任を持つかどうかが、日本と海外の違いだと言えます。
それなら日本でフォルスクラブを売る場合もそうすべきと言えますが、
上記で言ったようにコストがとんでもないことになります。
100万円掛けて一流の営業マンを育てても、
20万円しか利益を上げることが出来なかったら大赤字です。
どうやって海外で成功させているのか不思議ですね。

 

【フォルスクラブを効率良く売る方法】
どんな商品にも適切な売り方、適切な広告方法があります。
ネットを全く見ない層にネットで宣伝しても全く意味がないでしょう。
また相手が嫌がる営業方法をしても売り上げには結び付きません。
今の世の中は売ったもん勝ちではなく、クーリングオフ制度が存在し、
返品することが可能です。
フォルスクラブを売る場合は、正しく売らないと売上には直結しないでしょう。
どんな商品でも、日本でMLMはもう流行らないと言えそうです。
代わりに今台頭してきているのが、
メルマガ登録によるダイレクトメールやWEB広告。
購入の意思がある方を的確に見分けて、
ダイレクトに広告するスタイルが流行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です