フォルスクラブにTSST対策用アプリが出来たとしたら

TSSTを一言で紹介するなら「電話を使ったスピーキング試験」です。
大抵の英語技能試験は、試験会場に行ってペーパーテストや面接をする、
もしくはパソコンを使ったオンライン受験ですが、
TSSTは自宅に居ながら電話で受験することができる試験になります。
携帯電話からでも公衆電話からでもTSSTは受験可能ですが、
IP電話は上手く認証できない可能性があり、PHSとスカイプは対象外です。
ただしフリーダイアルではありませんので、
なるべく安く済む、固定電話をご利用ください。

では、フォルスクラブでTSST対策用アプリが出来たとしたら、
どういったものになるでしょうか?
少なくともTSST対策アプリは、
従来のフォルスクラブのコンテンツとは一線を画するものとなるのは間違いありません。
フォルスクラブの小学生英語アプリ、恋の英会話、
高校生向けeラーニングはリーディングを学ぶのに有用で、
フォルスクラブのLEARNING EYESはヒアリングを学ぶのに適しています。
しかしどのフォルスクラブのコンテンツも、スピーキングを鍛える機能が付いていません。
TSST対策で必要なスピーキングを鍛えるには、
その発声した英語スキルが正しいかどうかを判別する必要があり、
Siriを超える非常に高度な人工知能が必須と言えます。
もしくは英会話チャットのように
直接人間とコミュニケーションを取るといった手段がありますが、
そうしたものを用意するのは、流石のフォルスクラブにも難しいでしょう。

となると、フォルスクラブでTSST対策をするならどういったものにすべきでしょうか?
通信教育で「英語の受け答え」を学ぶには、どういったことをすればいいのでしょうか?
しかしいま日本にある英会話の通信教育はどれも人を介したもので、
フォルスクラブのようにすべてコンピューターだけで対応できるシステムを、
英会話の練習にも求めるのはやはり難しいのかもしれません。
こうなったら、録音機能を使って、
自分で発声した英語を自分で聞き直すといったことをすべきかもしれませんね。
そういえば、音声入力機能は普通にありますので、
それを使えば、自分が正しく英語を発声しているかも分かりそうです。
TSSTは、文法や語彙だけでなく、発音や流暢さも審査しますので、
コンピューターの音声入力機能相手に、発声練習をするのも良いかもしれませんよ。
カラオケの点数評価みたいに、フォルスクラブにもそうした機能が追加されたら、
面白そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です