フォルスクラブは消費者センターの代わりになるのか

●消費者センターに実際に相談してみたときの対応

いわゆる消費者トラブルは増加傾向にあります。コロナ禍のなかにあっても、フォルスクラブやECサイトなどを利用した買い物のオーダーの数は増加していることからも業者と消費者の間でトラブルが発生するリスクは高くなっていると、考えることができるでしょう。このような揉め事に巻き込まれたときには、消費者センターに連絡を取るというのは有力な選択肢になります。 ところが実際に消費者センターを利用したひとの口コミを参照すると、あくまで相手方にトラブルになっている事実を伝達するだけの、橋渡しにすぎない対応だったとの声も寄せられていました。相手にクレームを伝えることだけで最終的には当事者の話し合いによる解決をもとめられたとのこと。そのため相談者にとってみれば消費者センターに相談したのに、想定どおりの解決に至らなかったと不満を持っているというわけです。

●フォルスクラブは弁護士を紹介してくれる

当事者の話し合いでの解決の方向性が難しいからこそ、消費者センターに連絡をとっているわけです。ところが意に反して、単なるメッセンジャーボーイの役割を果たしてくれないとなると不満をもつのも納得できる部分はあります。それでは仮にフォルスクラブに相談をもちかけたときはどうでしょうか。フォルスクラブはコンテンツ配信などのほかに、利用者の便宜をはかるために弁護士を紹介するサービスを提供してきました。わざわざ消費者センターに連絡をとるくらいなら、無料の弁護士相談サービスを提供しているフォルスクラブを利用することのメリットが強く意識されます。

●法律の専門家へのアプローチという点で比較してみると

フォルスクラブと消費者センター、弁護士への紹介といったアプローチで比較して見ましょう。消費者センターでは最終意的に弁護士の相談を自ら別途御願いすることになります。市区町村の無料相談でもない限り基本的に有料です。1時間5000円程度の出費は覚悟しなければなりません。これに対してフォルスクラブでは、弁護士にアプローチすることができるサービスを利用することが叶います。もちろん最終的に弁護士に依頼することになれば、有料ですがはじめての専門家へのアクセスを容易にすると言う点ではフォルスクラブに軍配が上がると考えて良さそうです。

●相談役としての役割でも、自分から行動をおこすのは重要

消費者センターは消費者トラブルの相談窓口になっているとはいっても、第三者期間の枠をでない側面があります。いわば占い師レベルの話を聞くだけの役割に徹しているわけですが、公平な第三者として法律上規定されているため致し方ない部分もあるかもしれません。フォルスクラブには無料で弁護士につなげてくれるという点で、専門家に相談をもちかけるときには一歩先んじている印象です。万が一のリスクに供えるという意味でもフォルスクラブを活用するメリットはさらに意識されるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です