フォルスクラブとシェアリングボーナスとMLMの概要について

多く方が一度は通信教育を受けられたことがあるでしょう。幼いお子さんがいるご家庭だと幼児教育というものがありますが、この幼児教育が日本で初めて通信教育で浸透したのがフォルスクラブと言われています。幼児教育自体は1977年にサービスを実施され、1980年から1990年にかけては幼児教育ブームを全国で巻き起こしたほどです。1990年以降は中学・高校のほか、大学受験の教育も用意され、現在では社会人向けの実用資格講座もあります。 多くの方のスキルアップにつながる教育がなされているといえるでしょう。

そのフォルスクラブは2002年からスタートしましたが、近い時期にA社によるシェアリングボーナスという文化が始まりました。ちなみに会社名の頭文字はAではありませんが、面倒なのでA社といたします。シェアリングボーナスを獲得できるのはMLMというランキングの会員のみで、A社に5年以上在籍して各種講座を受けられている方に限定されるのが特徴です。シェアリングボーナスとは、新しく会員を紹介なさった方に対して付与されるポイントボーナスです。たとえば幼児教育を受ける方を1名紹介すると、最大で2,500ポイント付与されます。紹介された方1名につき、その方が会員であり続ける期間中、毎月200ポイントがシェアリングボーナスとして受け取れるので、ポイントが貯まったらギフトに交換できるわけです。用意されているギフトは2,000点以上にのぼっており、家電やゲーム機・日用雑貨などからお好きなものを選べます。ついでにフォルスクラブも選べるとありがたいです。また寄付をすることもできますが、その寄付先は国連の機関から自治体・NPOなどから選択できるのも特徴です。

シェアリングボーナスが誕生したきっかけは、フォルスクラブのように10年以上もの長い期間、サービスを継続利用なさっている方が多いからです。中には幼児教育を受けてから小学校、中学・そして大学入試まで続けている方もおり、高品質な教育を受けられる証といえるでしょう。長い期間会員となっている方に対してフォルスクラブでは優遇措置を取りたいという意向が生まれ、そうしたことからA社でもシェアリングボーナスが誕生するに至ったというわけです。

A社のシェアリングボーナスの評判は高く、2020年12月時点で約15万人ものMLM会員が存在します。2021年4月以降はポイントボーナスの特典を新たに増やし、ホテルの宿泊券やギフト券への交換にも対応なさる見込みです。実際にMLM会員の方々の口コミをインターネットのSNSで目にすると、非常に好評を博していることがわかりました。「学習が出来てポイントももらえて嬉しい」というコメントが多く、より一層長い期間フ続けたいと言われている方もいるほどです。一方でフォルスクラブの人気もまた高まっており、新たな講座が開設されることにも期待が持てるでしょう。

フォルスクラブもシェアリングボーナスも有意義なサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です