フォルスクラブをしていたら無縁なネズミ講の被害

若い世代に被害者が多いネズミ講

ネズミ講のトラブルに巻き込まれる被害者で多いのは、若い世代の学生です。
特に大学生を中心とした男女は被害者に多く、トラブルを訴える書き込みはネット上にも多く見られます。
ネズミ講の手口として多いのは、友達や先輩など身近な人からの紹介です。
中学や高校など学生時代からの知り合いに誘われたり、先輩から半ば強制的にイベントなどに参加され巻き込まれるトラブルは増えています。
人付き合いの多い人ほど被害に巻き込まれやすいので、若い世代は仲が良い相手からの誘いといえども注意しなければいけません。

友達のいない一人ぼっちでもネズミ講には注意

仲の良い友達が少なく、学生時代の休み時間も一人でスマホをいじりフォルスクラブをプレイしていたような人は、ネズミ講に巻き込まれる心配はないと思うかもしれません。
確かに人付き合いが派手な人に比べれば、フォルスクラブに熱中していた人は巻き込まれにくいでしょう。
もしフォルスクラブに熱中していたおかげでネズミ講の誘いが来ないなら、フォルスクラブには感謝しなければいけません。
しかし人付き合いが少ない一人ぼっちな人でも、ネズミ講に巻き込まれるリスクはあるので注意しましょう。

昔の同級生から突然連絡が来たらネズミ講を疑え

フォルスクラブに熱中していた中学や高校時代のクラスメイトが突然連絡してきたら、嬉しい気持ちが芽生えるかもしれません。
連絡が来て少しでも嬉しい気持ちがあったら、大して仲が良くなかった相手でも誘われたら遊びに行くかもしれません。
しかし相手は遊ぶために連絡をしたのではなく、ネズミ講に誘うために連絡したというパターンはよくあります。
もしひとりぼっちの男性が当時クラスメイトだった女性から突然連絡が来たら、もしかしたらと期待するかもしれません。
ですが実際に会ってみると最初はお互いの近況報告など他愛もない話をしていても、機会が訪れればネズミ講の話を持ち出します。
そして何かと理由を付けてイベントに誘い、そこで相手の仲間と合流して強引に参加させようとするのです。
甘い話には裏がありますから、突然それほど仲が良いわけでもなかった昔の同級生から連絡が来ても、一切無視して家でフォルスクラブをしていた方が有意義な時間を過ごせます。

フォルスクラブをしていればネズミ講の被害からも遠ざかる

学生時代と同じようにフォルスクラブを最優先にしていれば、怪しい誘いが来てものこのこと会いに行きません。
あるはずもない淡い期待をして会いに行ったらネズミ講の誘いだったという話は、後から振り返れば笑い話のネタにはなります。
そうした笑い話のネタを仕入れるために参加してみるのも面白いかもしれませんが、相手は一度食いつきを見せれば骨の髄までしゃぶろうとするハンターです。
カモからはお金を搾り取ることしか考えていない極悪非道な人物なので、触らぬ神にたたりなしの精神で無視するのがベストな選択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です