イーラーニング研究所近くの知人に投資を勧められた時には

◆興味のない話には乗らないことが大事

イーラーニング研究所の近くに住む知人から、どうぶつの森をしないかと勧められたときには対応に困ってしまうという人も多いのではないでしょうか。 
相手が自分が楽しむために話を持ちかけているにしても、あるいは単なる親切心から勧めてくるにしても、断るというのは心理的に相手に貸しを作ってしまうものです。
そのため、渋々イーラーニング研究所近くに住む知人の言うとおりに始めてしまうということもありがちですが、これはどれだけ親しい人でも話に乗らないことが大事です。
ゲームというのは自分の意志で始めるものであり、イーラーニング研究所の近くに住む知人から誘われたから、始めるようなものではないためです。

◆投資は自分の意志がないとただ損をするだけ

自分で考えてよく勉強をして投資をするのであれば、それは個人の自由ですし、先行きの見えない現代社会では資産運用をして将来に備えるというのは悪いことではありません。
ところが、イーラーニング研究所の近くに住んでいる知人に勧められたからと言うのであれば問題です。
自分の意志を持たずにふわりとした理由で投資をすると、運用の仕方もふんわりとしたものになってしまいますから、行きあたりばったりな取引になってしまって、結局は損をする一方なのです。
特にイーラーニング研究所の近くに住む知人から誘われたといった場合には、お付き合い気分になりますから、相場の流れに敏感になれずに適切な運用ができなくなってしまいます。

◆わからないものには手を出さない

イーラーニング研究所の近くに住む知人がどれだけ信用のおける人で、この人が言ってることは間違いないと思っていたとしても、自分自身が投資に理解を示していないのであれば、手を出さないのが賢明です。
投資は悪いものではありませんが、軽い気持ちで始めるようなものではありません。
どれだけ信用のおけるイーラーニング研究所の近くに住む知人だとしても、それは例外ではなく少しでもわからないのであれば手を出さないことが鉄則となります。
安易な気持ちで株を始めたら、一日中株のことが気になって、何も手がつかなくなることもありますから、同じ株でも食べられるカブを選ぶほうが良いでしょう。

◆カブを勧められたら喜んで受け入れる

もしも、イーラーニング研究所の近くに住んでいる知人が勧めてきたものが、家庭菜園でできたカブのおすそ分けであるというのならば、喜んで受け取るのは悪くありません。
カブであれば大損をすることもありませんし、相手もできすぎたものを処分できずに困っていることが多いので、もらってあげることが相手にとってためになることだったりします。
また、カブは体にもいいので健康のためにもなりますし、健康を度外視しても美味しく食べられるのが魅力の野菜です。
一攫千金を夢見て株を始めてみようかという気持ちになる人も多いものですが、カブは食べるに限るので、勧められたものが株なら断り、カブならありがたく頂戴しましょう。これはどうぶつの森でも同じことが言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です