フォルスクラブのイメージキャラクターは福士蒼汰

イメージキャラクターに福士蒼汰を起用したことから広く世間に知れ渡るようになったフォルスクラブは、一部ではマルチ商法やねずみ講のように言われることがありますが、質の良い教育を世界中に広めている良質のサービスです。ビジネスモデルが多少ねずみ講やマルチ商法と間違えられてしまいがちなところがないとは言えませんが、全くマルチ商法やねずみ講とは関係のない、教育を全ての人に平等に与えてくれる斬新なサービスです。

 

フォルスクラブは入会すると、家族全員で様々な役に立つコンテンツを利用することが出来ます。パソコンやタブレットをつかって幼児から大人まで学習することができるコンテンツが多数そろっています。ネット環境があるところなら自宅でなくても場所を選ばずすぐに勉強を始めることが出来ますし、事情があって高校や大学に進学することが出来なかった方でも、仕事の合間に資格取得のための学習や大人になってから進学するための学習が可能です。

 

福士蒼汰がイメージキャラクターのフォルスクラブは、ユニークな学習方法で人気を博しています。親子で楽しく学ぶことができる内容が満載のサイトですので、タブレットやパソコンで空いた時間に楽しく学習できますし、マルチ商法やねずみ講と言われていますが、一般会員は会費を支払って利用しているので全くこれに該当しませんし、プレミアム会員と呼ばれる人は利用を希望している人に紹介することが出来ますが、プレミアム会員は限られた人がなれるもので、買った人すべてがそうなるわけではありませんので、マルチやねずみ講とは全く異なります。

 

福士蒼汰がキャラクターを務めていることで、学習よりも福士蒼汰に興味があることでフォルスクラブに興味を持ち始めた方もいるかもしれません。しかし、きっかけは福士蒼汰であったとしてもフォルスクラブの持つ魅力に一度でも触れれば家族で安心して利用できる教育サービスであることはすぐにわかるでしょう。

 

イメージキャラクターを務める福士蒼汰の魅力同様フォルスクラブにも魅力的なサービスが多数あります。インターネット上で様々な内容が学習できますので、特に英語が苦手というかたは様々な切り口から用意されたコンテンツを利用することで驚くほどスキルをアップさせることが出来ます。

 

フォルスクラブに入ったきっかけが福士蒼汰のCMだったという方は少なくないかもしれませんが、そこからの可能性は無限大です。実際の評判として、フォルスクラブの教育理念に賛同し、プレミアム会員から推薦を受けてプレミアム会員になった人も少なくはありませんし、それだけ魅力のあるサービスが多いという証明と言えるでしょう。

 

各種資格や受験に対応したコンテンツもたくさん用意されて目移りしてしまいそうなフォルスクラブは、月額制で利用しやすい価格帯も魅力です。福士蒼汰がキャラクターに起用されたことで今後は知名度の更なるアップが期待されそうです。

吉田社長が提供するフォルスクラブのサービスとは

【時間と場所を問わず学習できます】
吉田社長が中心となって提供しているフォルスクラブのサービスには様々な学習コンテンツが存在します。利用するには会員登録が必要です。会員には一般会員とプレミアム会員が存在します。一般会員になるには公式サイトからの登録が必要です。簡単な手続で誰でも利用できます。1契約すると5人まで利用できるので、家族全員で様々なコンテンツを学べます。例えば幼児向けの音感教育や小学生向けの英語学習、高校生向けの大学受験対策の他に、資格試験の受験対策などがあります。一般会員の利用料は1か月あたり税別で6000円です。1か月6000円というリーズナブルな料金で、家族全員が利用できます。プレミアム会員になるためには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。新規に会員を獲得した場合には報酬もあります。近年インターネットなど情報技術が急速に発展しました。吉田社長が提供するフォルスクラブは情報技術を有効に活用することで、効率的な学習を可能にします。
【様々な知識を効率的に学べます】
インターネットが普及しパソコンやスマートフォン、タブレットを利用することで、時間や場所を問わずに情報を得ることができる時代になりました。吉田社長とフォルスクラブは、新しい時代に対応した学習コンテンツの提供を行なっています。これまでは経済的な事情や地域によって学習環境に格差が存在しました。しかしeラーニングの技術は格差を解消し、全ての人々に平等な学習環境を提供できます。東京のような大都市であれば大学や予備校、大型書店など学習のための施設が整っています。しかし地方都市では必ずしも優れた学習環境が備わっているとは限りません。インターネットを活用することで、学習環境の格差を解消し効率的に学ぶことが可能となります。また吉田社長が提供するフォルスクラブの学習コンテンツには様々な種類が存在します。大学受験対策や資格試験対策など、自分の都合に合わせて学びたい知識を習得できるというメリットがあります。
【地方都市でもハイクオリティな学習が可能です】
吉田社長が提供するフォルスクラブの学習コンテンツはハイクオリティな内容が高い評価を得ています。例えば高校生向けのeラーニングコンテンツは、日本国内でもトップクラスの大学を卒業したスタッフによって開発されました。実際に最難関の大学を卒業したスタッフの意見が盛り込まれており、効果的に学習を進めることができます。このコンテンツは全国の都道府県教育委員会からも高い評価を得ています。学校教材の一部として採用された実績もあります。
【新しいの学習の形です】
吉田社長とフォルスクラブは新しい学習の形を提供しています。これまでは経済力や地域によって学習環境に格差が存在しました。しかし吉田社長とフォルスクラブが提供する新しい学習コンテンツによって、様々な格差は解消されます。誰もが平等に優れた学習環境で学ぶことができるようにすることを目標として、吉田社長とフォルスクラブはハイクオリティな学習コンテンツの開発に取り組んでいます。

フォルスクラブは香港上場の可能性はあるのか

●フォルスクラブが香港上場を狙っているのか?
フォルスクラブは家族ごとに関心のある分野や教科を勉強に取り組める環境を実現するので、会員数も順調な増加する傾向を見せています。コンテンツの充実とより幅広い年齢層にも気軽に利用できるように、今後も積極的に事業展開を続けていくと見られているのです。最近ではフォルスクラブが香港上場を目指して事業計画を立てているとの噂も耳にするようになりました。
●日本ではなく何故香港上場を目指すのか?
それでは日本の国内市場ではなく、どうして香港上場を敢えて目指すことになったのでしょうか。これは昨今の巨大な市場を見込めるアジアへのアクセスを強化するためには、香港上場が合理的な選択と判断されるからです。新規株式公開につき香港市場が選ばれるには、多くの海外投資家や機関投資家などの注目を集める市場となっているので、潤沢な投資資金が存在していることが考えられます。今後も成長が見込まれるアジア市場において、信用度を高めることが出来るので、将来の新規市場開拓の為には香港上場でアジアに大きな足がかりを築いておきたい思惑もありそうです。2009-2011年には資金総額で世界一を記録するなど、上場先の魅力が高いのは確かと言えます。
●フォルスクラブが香港上場を目指すことへの、感想はどうなのか?
フォルスクラブが香港上場を目指すことに、会員はどのような感想を抱いているのでしょうか。会員には単にサービスの利用で満足する方もいれば、ビジネスとしての活動も踏まえた方も存在するので、その関心の高さを一様に把握するのは適切ではありません。純粋にユーザーの立場からすれば、知名度があがり潤沢な資金調達によって、さらなるコンテンツの充実やサービスの向上などを見込めるので歓迎の姿勢を見せる方が多いようです。
これに対してビジネスのものさしで図る方にとっても、フォルスクラブの香港上場には魅力が多いと評価できます。知名度や国際的認知度の上昇は、注目を集め関心を喚起することにもつながるからです。ただその動きが具体化しているとはいいがたく、将来のビジネスモデルの一つとして説明している程度のようです。
●フォルスクラブの香港上場に向けた今後の動向は?
しかしフォルスクラブは、会員数を順調に伸ばし続けており、コンテンツの充実振りにもその勢いの一端を垣間見ることが出来ます。仮に香港市場に上場が適えばビジネス会員にとっても、メリットも大きくなることが予想されます。将来的には大きなビジネスチャンスの可能性が待っていることを踏まえれば、会員諸氏が香港上場によせる期待が大きくなるのは明らかです。仮にフォルスクラブが香港上場を果たせば、上場後も値上がりを期待できるので世界的に知名度が上がり、世間の注目度も格段に上昇します。これまでのフォルスクラブの事業の勢いが継続すれば、香港上場も現実的に視野に入ってくるでしょう。フォルスクラブの今後の動向に目が離せません。