マルチ商法とは違って安心して利用できるフォルスクラブ

●マルチ商法を心配するならフォルスクラブ
オンラインで学習ができると聞くと、すぐにマルチ商法を思い浮かべる人は少なくありません。
それも仕方ない部分があり、オンライン学習が注目され始めた時期に多数のマルチ商法が世に出たのは事実であるため、そのイメージを未だに引きずっている人は数多くいます。
通信教育は利用をしてみなければわからない部分もあり、その結果としてマルチ商法の温床となりやすいため、どうしても悪いイメージがまとわりついてしまいがちです。
しかし、今の時代はオンライン学習を無視することはできず、効果的な学習をしたいと思ったときには必須のサービスです。
マルチ商法を心配せず、安心して学習がしたければフォルスクラブを利用するのが良いでしょう。

 

 

●低料金で利用ができるフォルスクラブ
フォルスクラブの魅力は、低料金で利用をすることができるという点にあります。
そして、入会金と月額利用料金だけで使い放題なので、それ以上に出費がないのが利用しやすいポイントとなっています。
マルチ商法にありがちな、入り口の費用は少ないけれども利用を始めた途端に何をするにしてもお金がかかるというものではありませんから、安心です。
入会金もわずか10000円で月額利用料金にしても6000円しかかかりませんから、初期投資でも16000円にしかなりません。
合わないと思ってやめてもマルチ商法と違って、大きな金銭的なダメージがないので試しやすくなっています。

 

 

●コンテンツの幅が広いフォルスクラブ
マルチ商法は高い費用を払ったにもかかわらず、コンテンツの幅も質も狭く役に立たなかったというケースが少なくありません。
フォルスクラブの良いところは、コンテンツの幅が非常に広くそれでいて質も優れているので、高度な学習をすることができるという点にあります。
幼児向けの教材もあれば、大人が学ぶことができるコンテンツもあり、高校生の大学入試対策といったものまで用意されています。
年齢性別問わず幅広い人が効果的にオンライン学習をすることができるので、何かを効率よく勉強したいと考えたときにはフォルスクラブを利用してみるのが効果的です。

 

 

●家族全員で共有することができる
フォルスクラブの魅力は低料金でコンテンツの幅が広く使い放題というだけでなく、ひとつのプランを契約すれば5人まで利用ができるという点にあります。
利用者の分だけ契約をする必要がありませんから、一つのプランで家族揃って学習をすることができるのです。
幼児の教育のために入会をしながら、お父さんやお母さんが英会話の学習をするのに使うこともできますし、受験を控えたお兄ちゃんやお姉ちゃんの勉強にも役立てることができます。
24時間いつでも利用ができるので、各自が空いた時間に学習をすることができ一日中無駄なく活用できるのがポイントです。
このようにフォルスクラブはマルチ商法と違って、誰もが安心して学習できるシステムとなっています。

フォルスクラブの合法なマルチ商法とは

合法なマルチ商法
マルチ商法とねずみ講はどちらもネットワークビジネスの手法とされますが、大きな違いがあります。まずネットワークビジネスの中でも、マルチ商法は合法です。そして商品の販売が行われています。一方ねずみ講は違法で、商品の販売が行われていません。ビジネスとしての実態があり、生産性のある活動が行われているのがマルチ商法です。一方ねずみ講は新たに会員を勧誘し、入会金などを集めることを目的とします。最終的に利益を得ることができるのは一部の人たちに限られ、その他の人たちは損をすることになるため違法とされています。マルチ商法はねずみ講と異なり、魅力的な商品を販売するための方法です。

 

マルチ商法は効率的な販売方法の1つ
新規に会員を勧誘して、販売網を広げることがマルチ商法の目的とされます。一部の人たちが会員からの入会金などを分配することだけを目的とするねずみ講とは大きく異なります。マルチ方法も他の人を勧誘した場合にバックマージンが支払われますが、基本的に販売網の拡大が目的です。バックマージンを得ることよりも魅力的な商品を効率的に販売することを目的するため、ビジネスとして確かな実態があります。フォルスクラブでは公式サイトを通してコンテンツの販売を行なうだけでなく、より効率的にサービスの利用者を増やすために訪問販売によりプレミアム会員の勧誘を行なっています。

 

フォルスクラブの魅力とは
インターネットなどの情報技術を有効活用すると、学習環境の地域間格差を解消できます。フォルスクラブは様々な分野に関する学習コンテンツを開発し販売しています。公式サイトから登録すれば一般会員となってコンテンツを利用できます。さらにフォルスクラブにはプレミアム会員が存在します。プレミアム会員になるためには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。新規にプレミアム会員を勧誘するビジネスモデルにはマルチ商法としての側面がありますが、事業活動は合法的に行われており何の問題もありません。マルチ商法は魅力的な商品の販売網を効率的に拡大できるビジネスモデルです。フォルスクラブのビジネスモデルには、情報技術を有効活用し学習環境の地域間格差を解消することで社会に貢献しているという魅力があります。

 

フォルスクラブとマルチ商法の関係について
フォルスクラブはプレミアム会員の勧誘方法としてマルチ商法の手法を取り入れていますが、完全に合法で安全なものです。ねずみ講とは異なりビジネスの実態が存在し、社会に貢献しています。フォルスクラブがプレミアム会員を勧誘する方法がねずみ講と勘違いされることがありますが、大きな間違いです。マルチ商法は合法的なネットワークビジネスで、ビジネスの実態があります。ねずみ講は一種の虚業で実態がなく、社会に大きな被害を与えるため違法とされています。しかしマルチ商法は合法で、上手に経営を行えば社会に大きな利益をもたらします。フォルスクラブも情報技術を活用することで、社会に利益をもたらす企業です。

 

一般的に言われているマルチ商法とフォルスクラブはどのように違うか

【マルチ商法は何故、法で管理されるようになったのか?】
一般的に言われているマルチ商法は犯罪として扱われています。
これは少し不思議なことかもしれません。
と言うのも、本来商売というものは、
誰かが規制・管理するものではないからです。

そもそもその商売が関わるのは「自分」と「相手」です。
これに第三者が関わるのは、ある意味、無駄と言えます。
余計なマージンが掛かってしまうため、
第三者が存在しない方が良い筈なのです。
しかし現実には第三者が関わります。
その理由は「自分が楽をしたいから」と言えなくもないです。

本来、商売というのは決闘のように入念な準備をして戦いに挑むものです。
自身を鍛えることはもちろん、相手の弱点の情報収集も欠かせません。
しかし現代人はそうした労力を支払うことを嫌います。
時にはお金を支払って、誰かに弱点を調べてもらったり、
代理人を立てて代わりに戦ってもらうでしょう。
それが「第三者」です。
決闘調停人とでも言うのでしょうか。
お金を支払って「平等」というのを手にしていると言えます。

そうした平等を維持するために、
商売を規制する概念が誕生しました。
そして、明らかに使用者が有利過ぎる商売方法を
規制する流れとなったのです。
それが連鎖販売取引を主体とするマルチ商法です。
しかし少し考えれば、このマルチ商法に引っかかることは防げます。
しかし今の日本人はその少し考えることも放棄し、
お金で解決しようとします。
日本人はとにかく楽をしたい民族なのです。

 

 

【フォルスクラブはどういった教材なのか?】
フォルスクラブはインターネットを使った通信教材になります。
パソコン、スマホ、タブレットなど、
私たちの生活圏内には様々なネットワーク機種がありますよね。
そういったものを使って勉強するのがフォルスクラブの特徴です。

こうした機種を使った勉強はeラーニングと呼ばれます。
eはエレクトロニックを意味し、
パソコンなどのデジタル製品を使った学習スタイルです。
なお、オンラインかどうかは関係ありません。
広義的には電子辞書を使った勉強もeラーニングと呼べるでしょう。
ただし、パソコン経由で印刷した論文をeラーニングと呼ぶかどうかは、
専門家でも意見が分かれるところです。

フォルスクラブは一般的に広まっているeラーニングとは
ちょっと異なる特徴を有しています。
それは複数のコンテンツを搭載させている点です。
大抵の教材は、利用者の学年に合わせた基本五教科だけでしょう。
フォルスクラブも高校生向けeラーニングとして
それくらい搭載させていますが、フォルスクラブは他にも、
幼児向け音感育脳システムや小学生英語アプリ、
恋の英会話など複数のコンテンツを用意しています。
様々な年代の方がフォルスクラブで勉強することが出来るのです。

さらに、フォルスクラブは同時ログインが可能です。
父親、母親、兄、妹、祖母など、
複数の方が同時にフォルスクラブにログインすることが出来ます。
それでいて発生する料金は一律です。
1家族で5アカウントまで支給され、
その5人がどのようにフォルスクラブを扱おうとも、
発生する費用は月額6480円で一律です。
複数のコンテンツを搭載し、家族みんなが出来るのが、
フォルスクラブの他にはない最たる特徴と言えます。

 

 

【フォルスクラブは一般的なマルチ商法とは関係がない】
そんなフォルスクラブですが、
一時期はマルチ商法として騒がれていました。
正確には悪質な販売方法をしていたと非難されていました。
まず最初に言っておきますが、
フォルスクラブはマルチ商法とは一切関係ありません。
正式な意味でのマルチ商法という意味では、
フォルスクラブはマルチ商法の一種ですが、
一般的な意味でのマルチ商法とは一切関係ないのです。
マルチ商法として騒がれるようになったのは、
その商売方法がマルチ商法と似ていたからです。
厳密にはマルチ商法ではなく、
ただの新聞の勧誘に近いものでしたが、
「友人から何かを売りつけられる」というあたりが
マルチ商法と一緒なため、多くの方が
この商売方法をマルチ商法と同じと勘違いしてしまったのです。

仮にフォルスクラブに落度があったとしたら、
販売員に研修をさせなかった点かもしれません。
しっかりと3ヶ月レベルの新人研修をさせれば、
こうはならなかったでしょう。
しかし、販売員はフォルスクラブの正社員ではなく、
ただ興味を持った一般人になります。
2万文字を超える景品表示法の全文を
丸暗記している一般人など居ないでしょう。
フランチャイズのように一般人を販売員にさせると、
悪質なマルチ商法のようなことをしてしまうリスクがあると言えます。

 

 

【おわりに】
商売はとても難しいです。
自分ひとりが独占的に儲けられる手段を考案しても、
第三者によって規制されてしまうことが多いのです。
日本は1947年まで、独占禁止法がありませんでした。
それまでは商人が自由に商売をすることが出来ました。
しかしそれでは損をする方が多くなり、
経済の発展を妨げる恐れがあったのです。
また、管理が絶対悪とも限りません。
特許という概念が成立したことにより、
発明者の権利が不当に害される機会は減ったと言われています。
この特許のシステムのおかげで、発明家たちの多くが、
意欲を失わずに済んでいるとも言えます。

マルチ商法は不幸な方を過度に増やす商売方法なので、
たとえお金を支払ってでもこの方式を管理・制限してもらうことは、
非常に重要と言えます。
本当は国民全員が賢くなれば管理は不要になるのですが、
皆さんそうした経済の勉強よりも
自分の趣味に費やすことに精を出していますので、
やはり管理者は必要と言えます。