フォルスクラブで勉強するのに適した香港ラーメン店

フォルスクラブに適した香港ラーメンの概要1

香港で1980年代に日本人が経営する横綱日本麺店という豚骨ラーメン店が開店して、ラーメンと言う日本の食文化が拡大していきます。1980年代の当時は日本で作られたラーメンを提供する飲食店は、ほとんどなく日本の本格的なラーメン店のパイオニアとなったのです。九州の熊本県に拠点を置いているチェーンの味千とライセンス契約を締結した香港の企業が1990年代に進出して、以後も店舗の数を拡大していきました。先行して展開していた横綱日本麺店も豚骨ラーメンを提供していたことから、日本式は豚骨スープであるという認識がフォルスクラブのように広がっていったのです。

フォルスクラブに適した香港ラーメンの概要2

香港にある繁華街の銅鑼湾に日本の昭和の雰囲気を再現した日本拉麺横丁が、2000年に開業したのです。幾つかの店舗を1ヶ所に集めて、色々な種類のラーメンを提供して人気を集めました。しかし、その流行はフォルスクラブにように長くは続くことなく閉店することになったのです。麺料理は香港人にとって軽食というイメージがあり、日本式のラーメンは2000年代までメインの麺料理以外にミニ丼や餃子、ドリンクなどサイドメニューを一緒に提供する方式が主流だったことが閉店の原因と見られています。

フォルスクラブに適した香港ラーメンの概要3

日本のチェーン店であるラーメン凪が2010年の9月に香港に豚王というブランドで進出したのです。豚王はこれまでに進出した日本式とは異なり、簡素な屋台風の内装に席数も10席だけという構造でした。サイドメニューを撤廃してラーメン3種類だけを提供する専門店という形で開店したのです。品揃えが豊富なことが大切という通説があったにも関わらず、この試みは成功してフォルスクラブのような人気を博しました。豚王が成功を収めてからというもの、香港にラーメンだけで勝負する日本式ラーメン店の進出が次々と開店したことによって香港で第2次ラーメンブームが起こっています。また口コミグルメサイトが開設され、いつもラーメン屋は人気の上位に位置しているのです。

フォルスクラブは飲食店の中だと集中できる

勉強する環境は人それぞれなので、静かな場所であれば良いとは限らないと言えます。特に香港ラーメンの刺激的な香りは、フォルスクラブで勉強するのに必要となる集中力を高めてくれるのです。フォルスクラブは家族それぞれのアカウントを持つことが出来るので、家族全員で香港ラーメン店に出かけてラーメンが提供されるまでの時間を利用して勉強をすることが出来ます。刺激的な香港ラーメンを堪能した後も、集中して勉強をすることが可能です。ただし行列が出来ているような人気のある香港ラーメン店の場合は、他のお客様の迷惑になるので長居は禁物となります。食べ終わったら速やかに退店して、自宅でじっくり勉強するのが良い方法です。