新時代を牽引するフォルスクラブと香港上場

【新しい時代の学習サービス】

イーラーニング研究所は新しい時代の学習サービスを提供しています。
特に人気が高いのが家庭向けの学習サービスです。
フォルスクラブはインターネットを通じて誰もが公平に教育を受けられるように、様々な支援を行っています。
フォルスクラブ以外では家庭向け動画学習サービスも好評です。
スクールTVは学習習慣の定着を目指す無料動画学習サービスで、小中学校の教科書に対応した動画を無料で視聴できます。
小中学生は様々なことを幅広く学びますが、これだけ覚えていれば大丈夫というポイントを厳選して学ぶことが可能です。
有名大学の学生がスクールTVの講師なので、親しみやすい学習サービスとして人気を集めています。
動画の内容は、学校の勉強に集中できない子どもでも興味が持てる内容です。
アクティブラーニングのメソッドを採用することで、飽きずに学ぶことができます。

【日本企業と香港上場】

日本企業の中には香港上場を目指している企業もあります。
アジアの市場を狙っている企業にとって香港上場は大きなメリットがあります。
香港上場とは香港証券取引所に上場することを差します。
香港証券取引所は香港で唯一の証券取引所で、HKExの略称でも知られています。
香港証券取引所が誕生したのは2000年3月6日です。
取引市場にはメインボードとGEMがあり、メインボードが日本の東証の一部市場に相当します。
香港で登記した企業だけでなく、タックスヘイブンに登記した企業の中にも香港上場を果たした企業があります。

【グローバル化を目指すイーラーニング研究所】

日本の教育格差を解消するために設立されたイーラーニング研究所は、日本はもちろん海外も視野に入れています。
香港上場はしていないものの、将来はどうなるかわからないです。
海外の証券取引所に上場すると、証券取引所にもよりますが世界的に注目されます。
香港証券取引所のメインボード市場では、海外企業が預託証券の形で上場することができます。
香港上場は巨大なアジア市場への足がかりになります。
日本では有名企業が次々と香港上場を果たしています。
香港上場によりブランドイメージが向上するという大きな利点があります。
世界中の投資家が集まる市場で、法人税率が低いのも魅力です。

【誕生以来人気を維持しているフォルスクラブ】

イーラーニング研究所のメインサービスとして誕生したフォルスクラブは、経済格差が生み出している教育格差をなくすことを目指しています。
学びを通じて学生から大人まで幅広い年齢層の人々が目標や夢を叶えられるように、フォルスクラブは手厚いサポートを続けます。
高校生eラーニングは、フォルスクラブの学習コンテンツの中で高校生に人気が高いコンテンツです。
開発スタッフはすべて東大卒というeラーニング教材で、すべてにおいて高いクオリティを誇ります。
授業の予習も復習も1つで済みます。わからないことがあれば質問することができるので、安心して学ぶことができます。
フォルスクラブは大学入試対策講座も充実しています。
一流講師を採用している塾と同じように、本格的な講義を受けることができます。
フォルスクラブは、高いクオリティをリーズナブルな料金で実現しているのも魅力です。

フォルスクラブは香港上場の可能性はあるのか

●フォルスクラブが香港上場を狙っているのか?
フォルスクラブは家族ごとに関心のある分野や教科を勉強に取り組める環境を実現するので、会員数も順調な増加する傾向を見せています。コンテンツの充実とより幅広い年齢層にも気軽に利用できるように、今後も積極的に事業展開を続けていくと見られているのです。最近ではフォルスクラブが香港上場を目指して事業計画を立てているとの噂も耳にするようになりました。
●日本ではなく何故香港上場を目指すのか?
それでは日本の国内市場ではなく、どうして香港上場を敢えて目指すことになったのでしょうか。これは昨今の巨大な市場を見込めるアジアへのアクセスを強化するためには、香港上場が合理的な選択と判断されるからです。新規株式公開につき香港市場が選ばれるには、多くの海外投資家や機関投資家などの注目を集める市場となっているので、潤沢な投資資金が存在していることが考えられます。今後も成長が見込まれるアジア市場において、信用度を高めることが出来るので、将来の新規市場開拓の為には香港上場でアジアに大きな足がかりを築いておきたい思惑もありそうです。2009-2011年には資金総額で世界一を記録するなど、上場先の魅力が高いのは確かと言えます。
●フォルスクラブが香港上場を目指すことへの、感想はどうなのか?
フォルスクラブが香港上場を目指すことに、会員はどのような感想を抱いているのでしょうか。会員には単にサービスの利用で満足する方もいれば、ビジネスとしての活動も踏まえた方も存在するので、その関心の高さを一様に把握するのは適切ではありません。純粋にユーザーの立場からすれば、知名度があがり潤沢な資金調達によって、さらなるコンテンツの充実やサービスの向上などを見込めるので歓迎の姿勢を見せる方が多いようです。
これに対してビジネスのものさしで図る方にとっても、フォルスクラブの香港上場には魅力が多いと評価できます。知名度や国際的認知度の上昇は、注目を集め関心を喚起することにもつながるからです。ただその動きが具体化しているとはいいがたく、将来のビジネスモデルの一つとして説明している程度のようです。
●フォルスクラブの香港上場に向けた今後の動向は?
しかしフォルスクラブは、会員数を順調に伸ばし続けており、コンテンツの充実振りにもその勢いの一端を垣間見ることが出来ます。仮に香港市場に上場が適えばビジネス会員にとっても、メリットも大きくなることが予想されます。将来的には大きなビジネスチャンスの可能性が待っていることを踏まえれば、会員諸氏が香港上場によせる期待が大きくなるのは明らかです。仮にフォルスクラブが香港上場を果たせば、上場後も値上がりを期待できるので世界的に知名度が上がり、世間の注目度も格段に上昇します。これまでのフォルスクラブの事業の勢いが継続すれば、香港上場も現実的に視野に入ってくるでしょう。フォルスクラブの今後の動向に目が離せません。