フォルスクラブの月会費で株を買うなら

【6480円で買える銘柄はあるか】

フォルスクラブの月会費は6480円ですが、1株あたりの株価がこれ以下の銘柄というのは無数にあります。
特に最近は投資がしやすいようにと、株価が上昇をすればあえて分割をして購入しやすい価格帯にする企業も増えてきただけに、株価だけ見れば6480円以上の銘柄のほうが少ないと言えるでしょう。
それを考えるとフォルスクラブの月会費というのは、まさに手頃な金額であり投資に回すのも良いですが、自分に投資をするためにフォルスクラブを利用するにもちょうどいい金額だと言えます。

【6480円で買うことはできない】

株価自体6480円以下のものは数多くありますが、実際に6480円で購入をすることができる銘柄は限られています。
なぜかというと、これはあくまでも1株の値段であり実際に購入をする場合には、ある程度まとまった数を買わなければいけないためです。
わかりやすく言うのであれば、箱売りしかしていないジュースのようなものであり一個あたりの価格は重要ではありますが、実際の価格に関してはもっと高くなってしまうことになります。
そして、株というのは大体100か1000単位で購入できるケースが多いため、6480円の銘柄だと最低でも65万円あるいは650万円ほどの資金が必要となってしまうのです。

【フォルスクラブの月会費程度で買える銘柄もある】

基本的には6480円で購入できる銘柄というのはそれほど多くないのですが、決して無いわけではありません。
1株単位から購入をすることができる銘柄もゼロではないので、そのようなものを選べば6480円以下のものであれば、なんでも購入をすることができます。
また、単純に株価が低くて購入をすることができる銘柄も無いわけではありません。
100株単位であっても、63円以下の銘柄であれば6480円あれば購入をすることができるので、このような銘柄であればフォルスクラブの月会費で購入をすることができるのです。
注意が必要なのは、これほどまでに安いというのはそれなりの理由があるわけで、誰も欲しがらないほど人気のない銘柄、すなわち倒産のリスクが高かったりすることがあるので気をつけましょう。

【独自のサービスで買えることも】

株は基本的に決まった単位でしか購入をすることができませんが、証券会社によってはより少ない枚数で購入できるサービスをしているところもあります。
そのような証券会社を利用すれば、通常であれば100株でしか変えないところを、1株から購入ができるので、フォルスクラブ月会費程度で購入できる銘柄は爆発的に増えることになります。
手数料が高くついてしまったり、優待などの権利が得られないケースもありますが、フォルスクラブを利用するぐらいの費用で投資ができるのは魅力だと言えるでしょう。
フォルスクラブで自分に投資をしながら、更にそれと同じぐらいの金額を株に投資をすることで明るい将来が見えてくるかも知れません。

フォルスクラブで勉強をすれば株にも強くなる

●投資は勉強すれば上手くいく
投資のことをギャンブルだと思っている日本人は少なくありませんが、それは明らかに間違いです。
ギャンブルなのは勉強をしないで理解をしないままに取引をするのが行けないのであって、勉強さえすれば投資で利益を出すことは不可能ではありません。
株や証券というものは、銘柄によってもリスクが異なってきますから、そのような仕組みをしっかりと理解する必要があります。
株や証券のことを勉強するにあたって大事なことは、基礎学力となりますから基礎学力を高めるのにフォルスクラブが役に立ってくれます。

 

 

●基礎をしっかりと学んでいくことが大事
株や証券はこれをすれば、必ず勝つことができるという方法はありません。
しかし、確率の高い方法や論理的な予想を立てることはできます。
必ずしも思い通りに相場は動かなくても、確率の高い取引を心がければ株や証券は勝ったり負けたりを繰り返し、利益を残すことができるのです。
そのための方法を学ぶために大事なことは、基礎的な学力を身につけることであり、フォルスクラブは基礎から応用まで学ぶことができる学習システムであるため、投資をするにも役立ってくれます。
相場の勉強は相場に向かい合わなければできないわけではなく、フォルスクラブのような通信教育を受け勉強していくことも可能なのです。

 

 

●株や証券を買う前に自分に投資をしてみる
フォルスクラブを利用して勉強をすることは、ある意味自分に投資をすることと同じだと言えます。
株や証券は購入後の値動きがはっきり見えますから、損益もわかりやすいものです。
その一方で自己投資は効果が目に見えにくいだけに、目先のお金を失ってしまうような気になりますが、学んだことというのは一生物であり、貴重な財産となります。
それだけにいきなり株や証券に手を出すよりも、フォルスクラブでしっかりと勉強をして自己投資をしたほうがトータルでは得をすることができるのです。
フォルスクラブで学んだことは日常生活でいくらでも有効活用できる機会があり、株や証券取引をする場合でも同様に、冷静で的確な判断のもとで取引ができるようになります。

 

 

●気軽に始めることができるのも大きい
フォルスクラブの魅力は、入会金と月額料金の僅かな費用だけですぐに始めることができる点にあります。
それ以上にお金がかかることもありませんし、相場の世界と違って目先の値動きに一喜一憂しなくて済みます。
最近は少額から投資をすることができる環境になりつつありますが、それでも一般の人からすれば決して少なくないお金を注ぎ込まなければならないだけに、投資をしている時には落ち着くことができないものです。
フォルスクラブであれば、月額6000円の料金で安心して利用をすることができ、その何倍もの見返りを得ることができますから試すだけの価値は十分にあります。
投資で成功をするためには準備が必要なので、まずはフォルスクラブで勉強をするところからはじめて見るのが良いでしょう。

フォルスクラブで株の勉強ができれば楽しい

フォルスクラブはまだ株の勉強をする事が出来るアプリケーションの開発は行われていませんが、将来的には株の勉強をする事が出来るアプリケーションの開発にも期待をすることが出来ます。
通信教育で勉強をすることが出来ます
フォルスクラブで株の勉強をする事を想定した場合は、既存のアプリケーションの様に通信教育で株を学ぶことが出来るようになる可能性が非常に高いです。通信教育で株の勉強をする場合には場所を気にすること無く、自分のペースで株の勉強をすることが出来ます。デバイスも今と同じ様にスマートフォンだけではなく、タブレットやパソコン等も使用することが出来る可能性が高いので安心です。

 
株の勉強をするのも工夫がされている可能性があります
フォルスクラブが現在配信しているアプリケーションのソフトはただ勉強をするだけの物ではなく、遊び心のある物が多く配信されています。株を学ぶことが出来る物が配信される場合にもこの遊び心については継承される可能性が高いので、フォルスクラブなら楽しみながら株を学べる可能性があるので安心です。株には様々な専門用語があったり、チャートを見たりと難しいことを覚えなければいけませんが、フォルスクラブなら覚えやすい内容で株を知ることが出来る可能性があります。

 
動画配信サービスを利用できる可能性があります
フォルスクラブでは子供用の勉強の為に動画配信サービスが行われており、とても人気です。この動画配信サービスも株で流用される可能性は高く、フォルスクラブが株の専門の講師を雇って動画配信サービスを行う可能性があります。
動画配信サービスで株を学べる様にするとアプリケーションの利用と合わせてフォルスクラブを利用したと考える方がますます多くなる事に期待を持つことが可能です。多くの利用者が増えるとフォルスクラブもそれだけ力を入れて動画配信サービスに取り組んでくれるので、フォルスクラブで学ぶことで投資に勝てるようになる可能性が出てきます。

 
専門のタブレットやスマートフォンの開発をする可能性も考えられます
フォルスクラブではフォルスクラブ専用のタブレットが現在販売されており、とても人気です。フォルスクラブを利用するために開発されたものになるので、大画面で見ることが出来ます。まだスマートフォンは販売されていませんが、フォルスクラブで株を学びたいと考えているユーザーは自宅で勉強をするのではなく、スマートフォンを利用して外で勉強をする社会人の方が多くなるため、フォルスクラブ専用のスマートフォンの開発にも期待を持つことが可能です。
キャリアが販売するものではないので、価格も安価な可能性が高く、新規入会者にはキャンペーンなどが適応される可能性も考えられます。そうなると興味をもつ方はますます増えることになり、楽しく勉強をすることが出来る会社として、今よりも更に知名度があがるので、マスメディアなどにも取り上げられる可能性が出てきます。

 

 

フォルスクラブの株主優待を考える

【はじめに】
フォルスクラブは非上場会社になりますので現在、
株主優待は発行していません。
ではもしもフォルスクラブが株主優待を出すとしたら、
それはどんなものになるでしょうか?

 

【フォルスクラブとはなにか?】
フォルスクラブは通信教育のサービス名です。
有料制のオンラインゲームのように、
毎月一定の額を支払ってプレイします。
ただしよくあるソーシャルゲームのように
途中で課金する要素は一切ありません。
別に強い武器や強いキャラは手に入りませんので、
月額料以外気にすることはありません。

フォルスクラブの中身は非常に充実しています。
幼児向け音感育脳システムや資格対策シリーズアプリ、
小学生向け英語アプリ、大学入試対策講座など
多種多様なコンテンツが用意されています。
1日中フォルスクラブをしていても飽きることはないでしょう。
それどころか毎日ログインしてプレイするものもあり、
フォルスクラブの勉強に追われる方も多いと思います。
コツコツ積み重ね式の勉強が多いので、
是非とも毎日フォルスクラブにログインして勉強しましょう。

 

【株主優待とはなにか?】
株主優待とは、その企業の株を一定枚数持つことで、
毎年定期的に副賞を貰えるシステムになります。
基本的にはその企業の自社製品や
その企業の割引券を配ることが多いですが時々、
他社が関わるものを配っている企業もあります。
どこでも使えるクオカードを配る企業も少なくありません。

株主優待を配る時期は企業によって異なります。
3月9月の2回のところがあれば、11月1回だけの企業もあります。
年4回なんて企業もあるとのこと。
時期は企業によって本当にバラバラなので、
いつ株主優待を配るか調べてからその企業の株を買うようにしましょう。
タイミングを間違えると初めての株主優待を貰えるまでに
1年間待たされることもあります。

所有する株の枚数によって
プレゼントのグレードがアップすることが多いです。
100~200枚だとクオカード2000円分で、
201枚から8000円にアップする株主優待があります。
鉄道系の株主優待も株をたくさん所持することで、
たくさんの鉄道利用券を貰えるみたいですよ。
ただし201枚持とうと、
20000枚持とうとも貰える株主優待が同じ場合も多いです。
賢くやりくりするなら、ギリギリを見極めて保有しましょう。
株の売買はタイミングがズレるので儲けるのが難しいですが、
株券は必ず決まった枚数分買えますよ。

 

【フォルスクラブの株主優待を考える】
ではフォルスクラブは
どんな株主優待を発行するでしょうか。
普通に考えるならばフォルスクラブに関する
商品をプレゼントしますが、
フォルスクラブが関わる商品は非常に少ないです。

①フォルスクラブそのもの
②フォルスクラブタブレット

の2つしかありません。
フォルスクラブは月額6480円ですが、
株主優待としてこの利用料金を割り引くのも手かもしれませんね。
もしくはフォルスクラブタブレットをドドーンとプレゼントするのはいかがでしょうか。
タブレットは1個5万円相当なので、かなり大量の株券が必須ですが、
こういった株主優待もありと言えるかもしれません。

フォルスクラブの事業と全く関係ない株主優待も考えてみましょう。
他の企業がやっているようにクオカードを配るのも選択肢のひとつ。
しかしそれでは面白みに欠けてしまうのも事実。
もっとフォルスクラブだから出来る何かがあると面白いのではないでしょうか。
例えばフォルスクラブはLEARNING EYESにて
英語のホームドラマを流していますが、
大株主はこれに出演する権利を得るのは如何でしょうか。
クラウドファンディングあたりでは
こういったサービスをしているところがあると思います。
大株主は会社の経営に関わることが出来る人物になりますので、
製品の中身に口出すことが可能。
小学生向け英語アプリに、大株主の要望を付け足すことも可能かもしれません。
ただしフォルスクラブはあくまで勉強が目的になりますので、
その勉強を邪魔するようなアップデートは出来ません。
株主を登場させるにしても、かなりの端役なのは確実。
それこそ通行人Cくらいの役割だと思います。

 

【おわりに】
今の世の中、色々な株主優待があります。
中には上場はしていても株主優待を出していない企業もあります。
このあたりは企業の自由でしょう。
株主優待を出さずともしっかりと株を
買ってもらえる自信があると言えるのだと思います。
でもフォルスクラブの株を多くの方にたくさん買ってもらうなら、
株主優待はやはり必須と言えるでしょう。