フォルスクラブにBATIC対策用アプリが出来たとしたら

会計学を、国際的なビジネスの共通言語である
英語で理解することの出来る人材は重宝されます。
そしてそれを測る検定として
「BATIC(国際会計検定)」というのが存在します。
ちょっと大雑把に説明しますが「英語の簿記」のような感じです。
あと「国際的な会計学の事情」についても、BATICにて問われます。

さて、フォルスクラブでBATICが学べるとしたら、
どのような内容になるのでしょうか?
単純に、簿記の問題をフォルスクラブが英語で出題するだけになるのかも・・・。
それもまた勉強になりますが、
英語のエキスパートでないとかなり難しいかもしれませんね。
恐らく、TOEICで950点以上取れないと、
「英語で書かれた参考書」は理解できないのでは?
フォルスクラブでTOEIC対策が可能ですが、
フォルスクラブで目指せるのは730点までで、それ以上を取るなら、
フォルスクラブ以外の教材が必要となります。
少なくとも、海外の大学の授業を英語で聴いて
理解できるだけの英語力が必要と考えます。

実際のところ、BATIC受験者の5割が、簿記2級保持者です。
海外で通用する会計学の知識を身に付ける前にまずは、
日本で通用する会計学の知識を身に付けるべきかもしれません。
フォルスクラブはまだ簿記を学べるアプリを実装していませんので、
まずはそちらから導入すべきかもしれませんね。
と言うより、BATICは英語力よりも簿記の能力の方が重要な可能性があります。
BATIC受験者のTOEICの点数で見ると、
470~729点が2割、730点以上が3割というデータがあります。
これならフォルスクラブでも十分可能ですね。
そもそもTOEIC自体を受けていない方も居そうです。
しかも英検3級(中3程度)で受験する方が1割も居ました。
BATICはあまり、高等レベルの英語が出題されないのかもしれませんね。

BATICは4段階に分かれています。
マスタークラスから、基本的な会計取引を英語で出来る程度まで分類されており、
帳簿を付ける程度でしたら、上から3番目で十分と言えます。
年度の会計報告をするなら、上から2番目のクラスを取得すべきと言えます。
そして、受験者の半分は上から3番目のクラスに留まります。
実務レベルの上から2番目は1割程度で、最上級のマスタークラスはたったの1%です。
英語が苦手でも、上から3番目までのクラスは取れるかもしれませんね。
BATICはやはり、英語力よりも、会計力が必要なのでしょう。
フォルスクラブで対策するなら英語よりも、そっちの分野を勉強したいところと言えます。

フォルスクラブにCPT対策用アプリが出来たとしたら

Certified Professional Translator Test 、
通称CPT試験は自宅で受けられる英語翻訳技能試験です。
日本語だと「JTA公認翻訳専門職資格試験」とも言います。
このCPT試験をフォルスクラブで勉強する場合、
どのような内容になるでしょうか?
なお、中国語部門のCPTもありますが、今回は説明を割愛します。

CPT試験では5つの技能を測ります。
すなわち、言語変換能力、専門実務翻訳能力、
異文化理解能力、IT運用能力、マネジメント能力。
大抵の英語技能試験は言語変換能力と専門実務翻訳能力だけを求めますが、
CPTはそれだけでなく、
英語圏の文化事情の精通やビジネス関連のスキルも求められるのです。
それゆえ、フォルスクラブでCPT対策をするなら、
そうした英語圏の文化についても学ぶ必要があると言えます。

では具体的にどのようなことをフォルスクラブで学ぶことになるのでしょうか?
フォルスクラブのLEARNING EYESは英語のホームドラマですが、
それだけでは不足なのでしょうか?
恐らく、フォルスクラブのLEARNING EYESだけでは、
英語圏の文化はほんの一つまみしか学べないでしょう。
日本で例えますが、「乾杯の際は、
身分が下のものが相手が持つグラスの下の方でチンする」という
暗黙の了解レベルの社会常識が存在します。
誰がそんな常識を考えたのか分かりませんが、
酒の席ではそうした暗黙の了解が存在しているのです。
そしてそれは、新人研修では教えてくれません。
暗黙の了解は「教えてくれない」からこそ、暗黙なのです。

おそらく、英語圏のビジネスの現場ではそれに似たような暗黙の了解があり、
身を持って経験しないと分からないことが多々あるのでしょう。
フォルスクラブで英語圏の文化を学ぶ場合、
そんな感じの秘中の秘を習得することになると思いますよ。
参考までに、アメリカでは「他人のグラスに酒を注ぐ」のはマナー違反です。
「お酌」したら相手は不機嫌になりますよ。
誰だって「みんなで食べる唐揚げに勝手にレモンをかけた」は、嫌ですよね?

また、ビジネス英語も重要です。
フォルスクラブでCPT対策をするなら、
ビジネス英語はマスターしないといけません。
そしてこのビジネス英語というのは、
日本語でいう「~謹んで承ります」といった敬語表現のことではありません。
アメリカのビジネスの現場では
「如何に早く正確な情報を分かりやすく相手に伝えるか」が最重要視されており、
そもそも敬語を使うことすらありません。
CPTテストでもきっとそうしたことを問われる問題が出題されますので、
フォルスクラブはしっかりと、
それに対応できるようにコンテンツの内容を構築するべきと言えます。

フォルスクラブにビジネス英語翻訳士対策用アプリが出来たとしたら

英語系の資格って何種類あるのでしょうか?
某ブログによると67種類もあるそうです。
多いですね。
ところで、ビジネス英語翻訳士という資格がありますが、
これは国家資格の通訳案内士と何が違うのでしょうか?
名前からして、ビジネスに関するエキスパートを証明する資格だと思われます。
ちなみに、ワンランク下にビジネス英語準翻訳士が、
ワンランク上にビジネス英語翻訳主任者という資格もあるみたいです。

さて、英語技能を測る試験は67種類もありますが、
ビジネス英語翻訳士の資格試験はかなり特徴的です。
それは、リーディング・ライティングオンリーという点です。
読み書きだけで、リスニングとスピーキングを測らない
珍しい英語技能検定になります。
TOEICですらリスニングがあるのに、
ビジネス英語翻訳士の資格試験はそれがないのです。

と言う事は、通信教育のフォルスクラブでも十分、
ビジネス英語翻訳士の資格試験対策が出来るのではないでしょうか?
その代わり、フォルスクラブに収録した際の内容は、超ハイレベルになる筈です。
ビジネス英語翻訳士になるには、
一級のビジネスの現場で活躍できる英語力および“表現力”を求められます。
ただ英語を話せるだけでは、
決してビジネス英語翻訳士に合格することが出来ないのです。
その辺り、どうフォルスクラブが対応するのか、見ものと言えるでしょう。

むしろフォルスクラブはビジネス日本語の講座を作るべきと言えます。
ビジネス英語翻訳士になる前にまず、
ビジネス言語を巧みに使いこなせるようにならないと、
上司にメールも出来ません。
むしろフォルスクラブやどこかの企業は
「ビジネス言語の自動翻訳ツール」を作ってくれないのでしょうか?
有料ツールでもかなり売れると思いますよ。

ビジネス英語翻訳士の話に戻しますが、
こうした資格試験は67種類もあるため、
間違えて受験してしまうケースもありそうです。
ビジネス通訳検定(TOBIS)と普通に間違えてしまいそうです。
ちなみにそっちはスピーキングオンリーなので、
フォルスクラブでリーディングとライティングしか学ばなかったら、
合格するのはまず無理でしょう。
というか、難易度もめっちゃ高いです。

フォルスクラブは英語の勉強に最適なツールですが、
TOEICレベルだと730点(大学卒業レベル)程度です。
ビジネスの現場で活躍するには、TOEICで満点を取っても、
技能の証明にならないと言われています。
だからこそ、超ハイレベルなビジネス英語技能を身に付けたことを証明した、
ビジネス英語翻訳士の資格が有用なのです。
今はまだ実装していませんが、
近い内にフォルスクラブはビジネス英語翻訳士対策用アプリを作るのでは?

フォルスクラブにTOBIS対策用アプリが出来たとしたら

TOBIS(トービス)を一言で説明するなら、ビジネス通訳検定です。
ビジネス英語がどれだけ上手かを測るテストになります。
TOBIS 2~4級はテープを聞く翻訳で、TOBIS 1級は同時通訳になります。
ちなみに「日⇒英」と「英⇒日」の両方をしますよ。

さて、フォルスクラブでTOBIS対策をする場合、ひとつ問題があります。
むしろ、GTECやBULATS、PTEにも言えることですが、
現状のフォルスクラブの機能では
スピーキング技術を学ぶのが難しいと言えます。
フォルスクラブは自習型の教材になりますので、
対人コミュニケーション能力を学ぶのが苦手なのです。
フォルスクラブの幼児向け音感育脳システムだって、
親子一緒にプレイすることでコミュニケーション能力を鍛えますよね。
正直なところ、フォルスクラブを2人プレイ用に改造しないと、
TOBIS対策は出来ないかもしれません。

逆に言えば、2人用にすれば、
フォルスクラブでTOBIS対策が出来ることを意味します。
では、どうしたら2人用に出来るのでしょうか?
システム的なことはそう難しくありませんが、問題は教材の中身と言えます。
自習型が問題なので、これを討論型にするのはいかがでしょうか?
チャット機能っぽいのがフォルスクラブにあると便利ですよね。

実はTOBIS は英語が出来るだけでは1級を取れません。
と言うのも、TOBIS 1級は同時通訳が求められるからです。
「聞く」「覚える」「考える」「話す」の4工程をリアルタイムでする必要があり、
瞬間的な理解力が必要なのです。
そもそも、「日常言語(日本語)⇒ビジネス言語(日本語)」への
翻訳をリアルタイムで出来る方は、今の日本に何人いるのでしょうか?
そして1級を目指すなら、
フォルスクラブで「瞬間理解力」と「ビジネス表現力」も必要でしょう。
【ビジネス日本語講座】というのをフォルスクラブに導入すべきかもしれませんね。
むしろ、英語よりこっちの方が重要かも?

TOBIS 1級の合格率は2%で、通訳案内士になるより難しいと言われています。
TOBIS 2級でも30%前後なので、まずは2級を取れるように頑張りましょう。

フォルスクラブにGTEC対策用アプリが出来たとしたら

フォルスクラブでGTEC対策が出来るようになったら、
どれくらい便利でしょうか?

まず、GTECの説明からしますが、
一言でいえばベネッセが行っている英語検定です。
正式名称は「global test of English communication」と言い、
ofを除き、それぞれの頭文字を取ってGTECと言います。
また、年齢別(難易度別)に分かれているのが特徴で、
小学生・中学生を対象にした「GTEC Junior」、
中学生・高校生を対象にした「GTEC for STUDENTS」、
高校生を対象にした「GTEC CBT」、
社会人・一般の方を対象にした「GTEC」があります。

この4つからさらに受験者に合わせた難易度を選択可能。
BULATSやIELTSといった英語技能テストがありますが、
そちらは全学年一まとめなので、
英検のように難易度別に用意してくれるのはありがたいですよね。
そして、GTECのテスト内容ですが、リーディング、ライティング、
リスニング、スピーキングの4技能を図ります。
TOEICと違って、スピーキング技術も測ってくれるのは嬉しいです。

さて、フォルスクラブでGTEC対策をするとしたら、
一体どのような内容になるのでしょうか?
リーディングとリスニングに関してはTOEICと同じ方法で良いかもしれませんが、
ライティングはちょっと難しく、スピーキングに至っては、
フォルスクラブでどうやって勉強すれば良いか想像すら出来ません。
スピーキング能力を鍛えるには実践的な英会話をする必要があり、
そうした生きた英語を学ぶには、やはり現実の人間を使うしかないかもしれません。

フォルスクラブは一括ダウンロードタイプの普通の通信講座なので、
英会話チャットのような機能をフォルスクラブに実装させないと、
英会話を学ぶのは難しいでしょう。
Siriの人工知能がもっと高度になれば、機械と会話することも可能ですが、
Siriはまだそこまで臨機応変に対応できません。
むしろパーフェクトに対応が出来るのなら、
それはもう完全に「翻訳機」として成立しています。
むしろ、翻訳コンニャクレベルの翻訳機がフォルスクラブに実装されたら、
人類はもう英語教育をしなくても良いのでは?

フォルスクラブにGTEC対策用アプリを搭載させる場合、
やはりスピーキングが最大のネックでしょう。
ライティングを学ぶ手段はいくらでもありますが、
会話力を通信教育で身に付けるのは、かなり難しいです。
GTECの対策をするなら、革命的な新しい機能をフォルスクラブに
搭載させる必要がありそうですね。

フォルスクラブにTSST対策用アプリが出来たとしたら

TSSTを一言で紹介するなら「電話を使ったスピーキング試験」です。
大抵の英語技能試験は、試験会場に行ってペーパーテストや面接をする、
もしくはパソコンを使ったオンライン受験ですが、
TSSTは自宅に居ながら電話で受験することができる試験になります。
携帯電話からでも公衆電話からでもTSSTは受験可能ですが、
IP電話は上手く認証できない可能性があり、PHSとスカイプは対象外です。
ただしフリーダイアルではありませんので、
なるべく安く済む、固定電話をご利用ください。

では、フォルスクラブでTSST対策用アプリが出来たとしたら、
どういったものになるでしょうか?
少なくともTSST対策アプリは、
従来のフォルスクラブのコンテンツとは一線を画するものとなるのは間違いありません。
フォルスクラブの小学生英語アプリ、恋の英会話、
高校生向けeラーニングはリーディングを学ぶのに有用で、
フォルスクラブのLEARNING EYESはヒアリングを学ぶのに適しています。
しかしどのフォルスクラブのコンテンツも、スピーキングを鍛える機能が付いていません。
TSST対策で必要なスピーキングを鍛えるには、
その発声した英語スキルが正しいかどうかを判別する必要があり、
Siriを超える非常に高度な人工知能が必須と言えます。
もしくは英会話チャットのように
直接人間とコミュニケーションを取るといった手段がありますが、
そうしたものを用意するのは、流石のフォルスクラブにも難しいでしょう。

となると、フォルスクラブでTSST対策をするならどういったものにすべきでしょうか?
通信教育で「英語の受け答え」を学ぶには、どういったことをすればいいのでしょうか?
しかしいま日本にある英会話の通信教育はどれも人を介したもので、
フォルスクラブのようにすべてコンピューターだけで対応できるシステムを、
英会話の練習にも求めるのはやはり難しいのかもしれません。
こうなったら、録音機能を使って、
自分で発声した英語を自分で聞き直すといったことをすべきかもしれませんね。
そういえば、音声入力機能は普通にありますので、
それを使えば、自分が正しく英語を発声しているかも分かりそうです。
TSSTは、文法や語彙だけでなく、発音や流暢さも審査しますので、
コンピューターの音声入力機能相手に、発声練習をするのも良いかもしれませんよ。
カラオケの点数評価みたいに、フォルスクラブにもそうした機能が追加されたら、
面白そうですね。

フォルスクラブにCASEC対策用アプリが出来たとしたら

英語技能を測るためのテストはいくつかありますが、
即効性においてはCASEC(キャセック)が最優かもしれません。
「24時間いつでもオンライン受験可」「結果が即分かる」というもので、
受験料もたった3,600円(税込)になります。
その代わりCASECは、TOEFL iBTやIELTS、PTEと違って
VISA申請のテストスコアとして使えませんので、ご注意ください。
CASECはあくまで、自分の英語力が直ぐに分かるためのテストになります。

では、フォルスクラブにCASEC対策用アプリが出来たとしたら、
どういったものになるでしょうか?
まず、CASECのテスト出題形式ですが、4択穴埋め問題、4択リスニング、
ディクテーション(※流れた英語を一語一句書き取るだけの単純作業)の3種類です。
ディクテーションですが、まずはノートに書きこんでも大丈夫だと思いますが、
出来ればパソコンにそのまま入力したいところですね。
フォルスクラブでブラインドタッチの練習が出来るとありがたいのですが、
そうした機能は追加されないのでしょうか?
また、CASECはIELTSやPTEと違ってスピーキング技術は求められません。
それゆえ、フォルスクラブにCASEC対策用アプリを搭載させる場合も、
既存のシステムだけで何とかなりそうです。
IELTSやPTEでしたらマイク機能やチャット機能が欲しいところですが、
フォルスクラブでCASEC対策をする場合は、
リーディングとリスニングだけ学べば大丈夫そうです。

となると、フォルスクラブのCASEC対策用アプリは
【資格対策シリーズアプリ】のTOEIC対策とほとんど同じ感じになるかもしれません。
出題する英単語や英文法をCASEC版に変更するだけで、
学習方法としては一緒になるかもしれませんよ。

あと、eラーニングに慣れておくという意味でもフォルスクラブは有用です。
CASECはパソコンで受験するため、パソコン操作に慣れていないと、
制限時間をオーバーしてしまいます。
またフォルスクラブをプレイする時もそうですが、
通信回線とパソコンのスペックもそこそこ良いものを用意して受験したいところです。
ページをめくるたびに、ロードに3秒も掛かるようでは、
試験中イラついてしまうかもしれません。
CASECの利点は即効性であり、普通に受験すれば40~50分ほどで終わります。

システム的には難しくないので、
そのうちフォルスクラブにCASEC対策用アプリが搭載されるかもしれませんよ。

フォルスクラブにPTE対策用アプリが出来たとしたら

移民するには、その国の言語を喋られるようにならないといけません。
フォルスクラブで読み書きが出来るようになっても、
英会話が出来ないと入国することが出来ないのです。
そしてその審査は入国時に審査官相手に口頭でするのではなく、
専用の資格試験で一定の点数を獲得している必要があるのです。
そしてそのひとつがPTEアカデミック。
オーストラリアに移住するにはこのPTEアカデミックやTOEFL iBT、
IELTSなどのテストスコアが必須で、
フォルスクラブで学べるTOEICや英検でどんなに良い点を取ろうとも、
評価の対象外になります。

では、フォルスクラブにPTE対策用アプリが出来たとしたら、
どういった内容になるでしょうか?
内容としてはIELTSとほぼ同じかもしれませんが、IELTSとの違いは実施団体です。
日本で受けるIELTSは日本英語検定協会が実施し
(大本は、ケンブリッジ大学英語検定機構と
ブリティッシュ・カウンシルとIDP Educationが共同で運営)、
日本で受けるPTEはピアソン・ジャパンが実施しています
(大本は、ロンドンに本部を置くピアソンPLC)。

また、受験料が異なり、IELTSは日本円で25,380円支払うのに対し、
PTEはアメリカドルで220$(+税)です。
日本円では登録出来ませんので、ご注意ください。
クレジットカードもしくはデビットカードが使えます。
フォルスクラブが6480円なので、結構高いですね。
その代わり、PTEは試験結果が2~5日程度で分かり、
7日以内に政府にテストスコアを申請することが出来ます。
急いでいる方には特に良いでしょう。
ちなみにフォルスクラブも1週間くらいで登録が出来ます。

もう少しPTEについて見てみますが、これはスピーキング、リスニング、
リーディング、ライティングの4項目のほか、文法や語彙力、
発声の流暢さなども測定することが可能です。
フォルスクラブにPTE対策を搭載させるなら、この部分も鍛えたいところと言えます。
なお、測定はしますが、テストスコアにアクセントなどが反映されることはありません。
イントネーションの違いは方言みたいなもので、
学術英語においてはそこまで重要視していません。

それゆえ、測定はされますが、それでVISA申請を落とされることはないのです。
でも、訛りはちょっと恥ずかしいので、
そうしたことは出来たらフォルスクラブで矯正したいですね。
フォルスクラブに、音声入力によるアクセントチェック機能があると嬉しいのですが、
追加できないでしょうか?

フォルスクラブにIELTS対策用アプリが出来たとしたら

IELTS(アイエルツ)も英検やBULATSと同じ機関が実施しています。
そして、IELTSは学術英語・・・つまりは留学(海外研修)するのに必要な
英語能力を見るための検定になります。
余談ですが、TOEICはビジネス英語、TOEFLが学術英語と言われていますので、
BULATSやIELTSも、そうしたものと言えそうです。

では、フォルスクラブでIELTS対策用のアプリが登場したら、
どういったものになるでしょうか?
こちらもBULATSと同じ内容で良いかもしれません。
フォルスクラブのコンテンツで登場させる英単語と英文法を、
アカデミック仕様にして、スピーキング技術も学べる内容にすることで、
IELTS対策は十分取れることでしょう。
もしかしたら、IELTS対策用のアプリを搭載させるなら、
フォルスクラブのTOEIC対策のようなコンテンツではなく、
フォルスクラブの大学入試対策講座のようなものが良いかもしれませんね。
フォルスクラブの大学入試対策講座は一流の講師が“日本語”で授業を行いますが、
これを“アカデミックな英語”にして講義を行えば、
実際に自分は留学してどの程度の英語が分かるのかが把握出来るというものです。
実際、留学を心掛けている方の中には、
YouTubeとかで海外の大学の講義を探していると思います。
あと、アカデミック英語専門の辞書がフォルスクラブにあると便利ではないでしょうか。
もしくはフォルスクラブのふぉるスターに、アカデミック英語版を搭載させてくれると嬉しいです。

ひとつ注意点として、IELTSはパスポートがないと受験することが出来ません。
興味本位ではなく、本当に留学のために行う英語検定になりますので、
留学を考えている方はしっかりと事前にパスポートを取得しておきましょう。
一般的な英語能力を知りたいのなら、英検で十分ですし、
IELTSは留学直前の最終チェックで利用するのが良いかもしれませんね。

もうひとつ注意事項として、フォルスクラブは日本国内だけの通信教育です。
一人暮らしでフォルスクラブをする方は居ないと思いますが、
留学後はログインできないかもしれませんので、ご注意ください。

フォルスクラブにBULATS対策用アプリが出来たとしたら

フォルスクラブにBULATS対策用アプリが出来たとしたら、
どういう勉強が可能になるでしょうか?
その前にまず、BULATS(ブラッツ)について紹介しないといけませんね。
BULATSは筆者もつい最近になって知った、英語技能を測るための検定です。

BULATSを手掛けているのは、英検を実施しているのと同じ機関です。
そして英検との違いですが、BULATSはビジネスシーンに特化しているものになります。
英検と同様に、リスニング、スピーキング、リーディング、
ライティングの各能力を問いますが、
BULATSはビジネスに特化した内容となっているのです。
それゆえ、社会人にとっては非常に有用でしょう。
フォルスクラブは子供だけでなく、社会人にも人気の通信教材なので、
フォルスクラブ会員の方でBULATSを受験したいと思っている方は
かなり多いかもしれませんね。

内容だけでなく、制度的なものもBULATSは優秀です。
なんとBULATSは試験日を自由に選ぶことが出来るのです。
会社が決めた日・決めた場所に自由に受験させることが可能となります。
試験結果も迅速に分かるようになっており、コンピューターテストは試験直後に、
ペーパーテストは10日以内に結果をお知らせしてくれます。

注意点として、原則BULATSは個人受験が出来ません。
法人(企業・学校)での申込みになりますので、ご注意ください。
(※代理店を利用すれば個人受験は可能ですが、日程は自由に選べません)
法人向けフォルスクラブを導入している企業にとっては、
フォルスクラブでBULATS対策をしたいと思っているかもしれませんね。

では、フォルスクラブにBULATS対策のコンテンツが導入されるとしたら、
一体どのような内容になるでしょうか?
【資格対策シリーズアプリ】のTOEIC対策みたいになるかもしれませんが、
BULATSはスピーキング技術も求められます。
受け答えの技術も学べる機能をフォルスクラブに搭載させる必要があるのです。
Siriのように、自動で受け答えをしてくれる機能が
フォルスクラブにあると便利だと思うのですが、いかがでしょうか?

ビジネス英語の実力を確認したい方は是非、BULATSを受験しましょう。